起業に失敗しても借金はゼロ|なぜならお金などかける必要はないから

2019年12月19日

起業に失敗しても借金はゼロ

 

業して失敗してしまったら、、残る人生は借金だらけ。

そんなイメージってありますよね?

でも安心してください。

 

あなたは、起業しても借金などしないし、してはいけないのです。

この記事では、起業は失敗しないように借金ゼロで始めるべきという内容で書いていきます。

 

将来、起業したい人のためのリスクゼロ起業のすすめ

起業するならこの人に学べ。加藤将太さんの経歴。
起業するには|2021年のリスク0起業の方法教えます

  あなたがこの記事を読んでいるということは、少なからず「起業」に興味を持っているんだと思います。 起業と言ってもいろんな形がありますし、あなたの夢もあるのかもしれません。 中には、最近の時 ...

続きを見る

 

今や起業しても失敗しない借金ゼロ時代

結論から言いますと、今の時代は起業しても失敗などないし、借金もする必要ありません。

 

なぜ起業すると失敗して借金まみれになってしまうというイメージがあるかと言うと、それは日本の教育もしくは親からあなたが植えつけられた価値観なのです。

 

今で言う60代以上の人達の時代は、起業するのにとてもお金がかかる時代でした。

 

私の父親は、飲食店をやってきたのですが、銀行から5000万(今の通貨価値)ほど融資を受けて出店し、返済が終わり次第、次の融資を受けて改装していくということを繰り返してきたのですが、飲食店の売上が下がってきてしまう状況になると、借金の返済が資金的に厳しくなる時期がきます。

 

そうすると、昔は利息分だけ支払い、元金を少し待ってもらうとかできた時代なので、それでしのいだり、または、まだ返済が終わっていないけど再度、新規に借り入れする(借り替)などをして資金繰りを調整したりしてきたと言います。

 

昭和の時代に商売やってきた人達は無借金の定義を「預金の額と借金の額が同等」の状態を無借金と定義づけている人が多いのですね。

これは、

 

  • ひとえに法律が今と違い、起業するのに今よりお金が必要であったこと。
  • 起業するジャンルの選択肢が今より少なかったこと
  • 世の中の常識が今と違った

 

このような時代背景からきています。

 

あなたの親世代は起業の失敗して多額の借金を抱えた例をたくさん知っている

そして、そのような時代背景から、多額の融資を受けて起業したものの、失敗してしまい借金まみれになった人達をたくさん見てきています。

ですので、子供のあなたに対して、

 

「お金貯めなさい」

「浪費やめなさい」

「起業なんて失敗するに決まってます」

「起業に安定なんてありません」

 

実は、案にこんなニュアンスの教育をしてしまっているのですね。

そして、もう一つの特徴は、「良い大学に入り」「良い起業に勤めること」などの昭和的な安定思考を今も持ち続けています。

 

もはや親世代の言っていることは幻想

しかし、今や良い企業に入ったところで人生は安定なんてのはありえなくなったわけですし、年功序列で所得が増えていく時代でもないわけです。

 

この昭和を生きた親世代の価値観を、あなたが持っていても苦しくなるばかりじゃないですかね。

そんな幻想は捨ててしまい、若い世代は、いますぐ何かで起業してみるべきだと思っています。

 

今の起業では失敗しないように借金はしない

さて、時代は令和に変わり、今や起業の選択肢はおびただしいほど多くなりました。

そして、起業するのに資本金なども必要なくなり、そして何よりネットの普及によりハードルも低くなりました。

 

あなたの起業に失敗は無い理由

これも結論から言いますと、あなたの起業は「あなたの知識」「あなたのスキル」をそのまま売れば良いので失敗などありません。

なぜなら売れなくてもマイナスになどならないから。

ただ売れなかったなで終わります。

 

失敗じゃありませんし、売れなかったなら他のもの考えていけばいいから、諦めなければいつか成功するしかないというね。

 

借金をしてまで起業しないこと

私が以前に整体院を出した時の出店費用としてかかった総額は65万円でした。

預金の中から払ったので借金はしていません。

 

家賃11万で敷金が1ヶ月分、礼金が1ヶ月分、施術ベッド代16000円や洗濯機8000円とかその他諸々、合わせて65万円(施工費込み)。

 

今は、ネット系のコンテンツビジネスやコンサルビジネスでやっていますので、これもまた借金をしていません。

 

というより、今の時代、借金などしてまで起業する理由がありませんよね。

失敗する人の大半は、「自分の夢のサロンにしたい」とか最初から大きなお金をかけようとしてしまう例だけですが、儲かってから改装すれば良いと思います。

 

借金ゼロで失敗しない起業とは

起業と言えば、「商品が無い」などと言って、いつまでも止まっている人がほとんどなのですが、そんなのいくらでもあります。

 

あなたが「人に教えられること」「人の悩みを解決できること」を商品にすれば良いのですからね。

 

私の知り合いで、旦那さんが浮気して離婚になった女性の人がいるのですが、これからどうやって生きていこうなどと相談を受けた時に、何ができるか?を聞いてみたら、趣味でやってきた「リーディング」ができると言ったんですね。

 

私のアドバイスは次のものでした。

 

自分の離婚までの経緯や感じたことなどをアメブロに毎日書いていく(物語のように)

そして、記事の最後にLINE@のリンクを貼っておいて「無料相談」を受け付けてはどうですか。

 

というものでした。

 

彼女は、やってみると言って、毎日アメブロを書き、それが楽しくなってくたようで、記事は溜まって言ったのですね。

しばらくするとLINE@のお友達登録が増えてきたと言うので、私は次のようにアドバイスしました。

 

LINE@で受けた相談の内容を見て、一番多かったものを解決できる商品は何かできないのか?

 

すると、彼女は、LINE@の登録してくれた人は全員が主婦。

 

旦那さんとの関係が悪かったり、中には私と同じように浮気されている人も多い、だからそれについてのリーディングで作ってみると言いました。

 

そこから何回かやり取りして、そのリーディングの商品名と内容が決まり、「3回の対面と3ヶ月の質問無制限コース 15000円」をバックエンドとしたのですね。

 

結果として、LINE@で徐々にそれを紹介していったところ、初めて告知1ヶ月目で6名が申し込みしてきていると言う状況です。

9万円ですね。

 

彼女は「自分のやれること」の中で「ニーズを調べて多かったもの」を「商品」にして、LINE@で紹介しただけ。

それで今のところ9万円で、これからも稼ぐでしょう。

 

アメブロは無料、LINE@も無料なので借金がもちろんゼロだし、広告費も家賃も原価もゼロです。

これが起業の一歩ですね。

失敗などありません。

 

起業に失敗しても借金はゼロのまとめ

この記事を読んだ、特に若い世代の人は、恐れず借金ゼロ起業をやってみてください。

別に働きながら副業で始めて、軌道に乗れば会社辞めればいいし、軌道に乗らなければ会社でそのまま働きながら次の商品を考えればいいですよね?

 

何も怖いことはありません。

起業に失敗しても借金はゼロの関連記事

個人サロンのビジネスマインドセット
ビジネスにおけるマインドとは|まず年収1000万を目指すために

  はじめに、 あなたは「ずっと楽な環境に身を置いていたい」と思うことはありますか?   自分の苦手なことや感情的に摩擦の生じることを一切やらずに できることなら 「ずっと楽な環境 ...

続きを見る

将来、起業したい人のためのリスクゼロ起業のすすめ

起業するならこの人に学べ。加藤将太さんの経歴。
起業するには|2021年のリスク0起業の方法教えます

  あなたがこの記事を読んでいるということは、少なからず「起業」に興味を持っているんだと思います。 起業と言ってもいろんな形がありますし、あなたの夢もあるのかもしれません。 中には、最近の時 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

稲川 勤

自身の整体院が月商250万をあげた集客、販促のノウハウを教える専門家。WEB集客・メルマガ販促などの知識を発信しています。

-ビジネスマインド

© 2021 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5