アメブロの書き方のコツ|WEBライティングとコピーライティングの違い

2020年1月14日

アメブロの書き方

 

メブロは無料ツールですので簡単に設定できて始めやすいのですが、書き方については皆さん悩まれていますね。

アメブロでは直接集客もしくは直接販売は低単価や無料のものでないと効かないので、ビジネスとしての導線がキチンと敷かれていて、その上で書き方を考えていく必要があります。

このあたりはサロンのアメブロ集客|サロン系のブログ集客から成約までの道すじを作るの記事を参考にしてください。

アメブロの記事の書き方の基本は【必見】アメブロの記事の書き方|集客に繋がる正しい記事の書き方とはの記事が参考になるかと思います。

さて、今回の記事では、アメブロの書き方でコピーライティングを学ぼうとする人が多いのでその間違いを書いていきます。

アメブロの書き方はブログですのでコピーライティングの書き方ではダメですよというお話です。

 

アメブロから収入を上げるためのステップメールの作り方

ステップメールの教科書

世の中には無料で出ているステップメールのテンプレートがたくさんありますが、それでうまくいくほど甘くないのが現実です。

なぜなら、この「お金のなる木」を無料で教える人などいないからです。

ステップメールを勉強したいと思った時、コンサルを受ければ30万、塾で習えば60万と高額なお金が出ていきますが、

もっと安く最新のステップメールを学べる教材があります。

しかも6ヶ月間の添削つき。

  • アメブロでどれだけ記事を書いても売れない。
  • メルマガでもまったく反応がとれない。

そんな方が勉強するのに、私が一番オススメしたいコスパの良い教材がこちらです。

↓↓

格安でステップメールを勉強する

 

では本題に入りましょう。

 

アメブロの書き方がコピーライティングではダメな理由

結論から言いますと、コピーライティングは優れたものですし、販売に関しては「人の感情」に訴えかけられるものなのですが、アメブロなどのブログでは通用しないということなのです。

なぜ通用しないかと言いますと、読者がスマホで見てるからです。

ことWEBのブログに関しては、読者はほとんど読んでくれません。

タイトルを見て興味があるかないかを瞬間的に判断していますし、タイトルに興味があってクリックしたとしても冒頭の部分で長そうだなと思えばすぐそのページを閉じてしまうのです。

コピーライティングは人の興味を湧かせて読ませるスキルなのですが、スマホ読者には読んでもらえないのは時間が無いからとも言えます。

ですので、コピーライティングを使って書いたものを読んでもらうには、それなりの「条件の揃った状態」を作り上げてからしか効果を発揮できないのですね。

例えば、メルマガの読者などはあなたの発信に興味があるでしょうから読んでもらえますからコピーライティングの威力が出せます。

しかし、アメブロのようなブログでは「あなたのことを知らない」のでコピーライティングでは読んでもらえないということです。

 

アメブロの書き方に「起承転結」や「パソナの法則」などは必要ない

アメブロはWEBブログですので、小説のような起承転結やコピーライティングの「パソナの法則」などは逆効果となりますので必要ありません。

スマホユーザーは時間がありませんので、タイトルと冒頭の部分だけで読むか読まないかを判断してしまいます。

長々と起承転結にしたり、「こんなお悩みありませんか?」などとコピーライティングの文章にしても読んでさえもらえないのです。

つまり、読者のスピード感を理解しなければいけないということですね。

 

アメブロの書き方のコツ

アメブロの書き方のコツ①タイトルで興味を引く

タイトルにキーワードを盛り込むべきです。

キーワードは事前にリサーチすることで検索されているボリュームの多いキーワードは「ニーズが多い」ということですので、興味を引くことができるからです。

タイトルに検索ボリュームの多いワードを2つ入れて読者の興味をまず引きましょう。

 

アメブロの書き方のコツ②冒頭の部分で結論を書く

スマホユーザーは時間がありませんので、タイトルで惹かれてクリックしたとしても、冒頭の部分で読むか読まないかを決めています。

ここでのポイントは、冒頭の部分で「この記事は何の記事か」の結論を書くことです。

起承転結はいりません。

だんだん結論がわかってくるような書き方では読んでもらえないのです。

先に結論を書く習慣をつけましょう。

 

アメブロの書き方のコツ③結論のすぐ後にメリットを書く

冒頭の部分で結論を書いたら、その食後に「この記事を最後まで読めば読者が何をえられるのか」を書きましょう。

それが知りたいことなら最後まで読んでもらえることになります。

 

タイトル→冒頭で結論→最後まで読んでえられるメリット

 

おおむねここまでで読まれるかどうかが決まるというわけです。

これが分かればアメブロの書き方が上手くなってきますよね。

この後から記事の概要を書けば良いのです。

 

アメブロの書き方のコツ④疑問に対しての答えだけを書く

アメブロの書き方で注意するべき点がもう1つありますが、よく見るアメブロの書き方で「自分の想い」とか「自分の歴史」を語る人がいます。

これ分けた方が良いと思います。

各アメブロの記事では、タイトルで示したキーワードに対しての「答え」だけを書くのです。

あなたのことを知らない人に対して、あなたのことを分かってもらおうとして書くのだと思うのですが、興味の無いことを書かれると読んでもらえなくなるのです。

しっかりと「疑問」に対しての「答え」だけ書くようにすると、あなたのことをだんだん信用してきますので、その後の記事なども読んでもらえるようになりますし、あなたに興味も持ってもらえるようになるので安心してください。

あなたは、読者から「専門家」としての見方をしてもらう必要があり、それは疑問に対しての答えが秀逸であればあるほど「専門家」として見えもらえるのです。

専門家として見てもらえれば、勝手に読者の方であなたのことを調べ始めますのでこちらからアピールする必要はありません。

そしてなによりも、「専門家」と認識されれば軽く思われることも無くなりますしね。

 

アメブロの書き方のコツのまとめ

アメブロの書き方のコツは、コピーライティングではなくこの記事に書いてある書き方をしてみてください。

あなたが理解しておいたほうがが良いことは「読者のスピード感」です。

こちらが思っているよりも読者は読んでくれていません。

そして、キーワードに対しての答えだけをひたすら書くことです。

この私のブログの記事も、答えだけを書いていますよね?

どこにも「私の想い」とか「私の歴史」などは書いていません。

アメブロの書き方コツを参考にしてください。

アメブロの集客についての全般は次の記事が参考になるかと思います。

アメブロ関連の記事

アメブロからワードプレスへ移行したいけど難しい!そのお悩み私が解決します。
アメブロからワードプレスを移行したい人への設定代行サービス

  アメブロをいつも書いているのに集客できない、商品が売れない、全く申し込みがない。 このようなお悩みを持つ方がアメブロユーザーにはとても多いですね。 ここには、アメブロでは集客しにくい問題 ...

続きを見る

アメブロ集客法|集客できない原因・記事の書き方・アクセスアップの方法
アメブロ集客法【2021年最新】集客からセールスまでのコツまとめ

  初めにお伝えするのですが、あなたがアメブロの記事をいくつ書いてもアクセスがほとんどなく嘆いているとしたら、それはもしかしたら、やり方を間違えているだけなのかもしれません。 この記事を最初 ...

続きを見る

アメブロのSEO対策|検索に弱いアメブロで戦える方法教えます
アメブロのSEO対策|知れば誰でも簡単にできる上位表示するやり方

  SEOにアメブロは弱いなんて、聞いたことありますよね? しかし、結論から言ってしまいますと、SEOに強いか弱いかはツールの問題ではありません。 ワードプレスがSEOに強いツールだから、そ ...

続きを見る

アメブロでアクセスアップさせる方法
アメブロのアクセスアップ法|アクセス数を増やす原則教えます

  アメブロでアクセスアップさせるための方法はいろいろあるんです。 毎日アメブロ書いていても、アクセス解析で見てみると、だいたいPV数5とかで落ち込みますよね。   頑張っていても ...

続きを見る

アメブロで優良なフォロワーを増やす簡単な方法
アメブロの読者の増やし方|優良な人だけ増やす2つの方法

  アメブロで一生懸命に記事を書いた。 だがしかし!!翌日見てみるとアクセスは2件だった… しかもその内1件は私だ。 という感じで嘆いている場合ではないですよね(^-^) この記事では、アメ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

稲川 勤

自身の整体院が月商250万をあげた集客、販促のノウハウを教える専門家。WEB集客・メルマガ販促などの知識を発信しています。

-アメブロで収入アップ

© 2021 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5