エステサロンの集客法|自宅サロンを8年間やってわかった段階別の集客

2019年12月4日

自宅サロンの集客方法|8年間のサロン経営でわかった"たった3つ"のこと

 

ステサロンをやっている人にとって集客は永遠の課題かもしれません。

多くの人が困っているこの集客ですが、実は多くのことをやるより「やることを絞る」ほうが効果的なのをご存知ですか?

 

この記事では、たった3つの導線を敷くだけでエステサロンの集客がうまくいく方法を紹介していきます。

この記事でわかること

エステサロンのOPENの頃の集客の方法

慣れてきた頃の集客方法

最終的に莫大な利益を確立できる集客方法

集客を売上に繋げるマーケティングの知識

エステサロンで収入を上げるマインド

 

エステサロンの集客を「初期」「中期」「最終形」と分けて段階ごとに何をやれば良いのかを解説していきます。

さらに、サロンで収入を上げるために必要なマーケティングの知識やマインドも解説していきます。

 

エステサロンの集客は、正しいやり方で利用すれば大きな売上を手にすることができます。

現に私は1人だけの整体院をやったいた頃、96000円のコースを23名に成約して220万の売上を上げたことがあります。

その頃の新規の集客数は月に40名ほどでした。

96,000円のコースを月に23人成約して220万をあげたエステ・整体の非常識な成功法則

 

月商50万以下の個人エステ・整体院の人が読むメルマガ

エステ・整体院の成功法則

登録後に届くプレゼント

9割のサロンが知らない
80万・100万と売上を安定させるために必要な考え方のまとめ資料

"一発逆転"を狙いたいエステ・整体院の方は下記のメルマガ登録フォームから申し込んでください。

もちろんメルマガの登録は無料ですし申し込み後、20秒以内に届きます。

※携帯のアドレスでは届きませんのでGmailを推奨。
※必要なくなれば配信停止からいつでも解除できます。

エステ・整体院の非常識な成功法則
無料メルマガ




      <クリックできる目次>

エステサロンの集客方法でよくある間違い

エステサロンというのは、あなたにとってやりたいことを仕事にする夢のような状況を手にしています。

しかし、ここに収入というものが併せて手に入れることができれば、もっと最高ですよね。

 

よくあるエステサロンの集客方法の間違いは次のものです。

 

広告費の高いものを選んでいる

手間のかからないものを選んでいる

 

集客については、世の中に大量の情報が溢れているため、何か良いのか見極められないことが現実です。

2019年にエステサロンの倒産件数が過去最高を記録して以降、毎年その数が増えている現実があります。(引用:東京商工リサーチ

 

この多くは「集客方法が間違っているから」だと言えるのです。

 

私は以前に8年間ほど整体院を1人だけでやっていたのですが、集客についてたくさんの方法を勉強して試してきました。

 

エステの新規を集客する方法

 

然ですが、あなたはこの上の写真を見てどのような施術をしていると思いますか?

きっと、「ヘッドスパ」「頭ツボ」「小顔矯正」「エステの最後お仕上げ」「フェイシャルの途中」「癒しマッサージ」など様々なことが思い浮かびますよね。

 

とてもイメージが良い写真ですので、ホームページなどで使用する人も多いかもしれません。

 

しかし、もしあなたがエステサロンを経営している個人サロンなのであるなら、上記のような「いろんな施術が思い浮かぶような写真」を使用しているなら集客に繋がらず苦戦することになります。

2019年にエステサロンの倒産件数が過去最高を記録して以降、毎年その数が増えている現実があります。(引用:東京商工リサーチ

 

そのエステサロン不振の要因として最も大きなものが「広告の出し方」にあります。

 

世の中の広告というのは、90%ほどの割合で集客できていません。

その原因となる最も大きなものが「イメージ広告」となります。

この記事では、イメージ広告の弊害と、エステサロンが新規を集客する方法として「言葉」の大切さを解説していきます。

 

エステの新規カウンセリングマニュアル|苦手なクロージング契約までの流れのコツを徹底解説
エステの新規カウンセリングマニュアル|クロージング契約のコツ

  エステシャンにとって、カウンセリングからコースを契約することの流れに苦手意識を持っている人は多いと思います。 特に、高額のコースなどを契約しなければいけないお店などでは、これがストレスで ...

続きを見る

 

1年以内に60%のエステサロンが廃業してしまう原因

自宅エステサロンを含めて、1年以内におよそ60%が廃業してしまうというデータが出ています。(引用:リジョブ

せっかく夢を持って出したエステサロンですが、現実は厳しく「夢で終わった」という結果がほとんどになってしまっているのです。

私が多くのエステサロン経営者の相談を受けてきて、この原因となるものには共通点があります。

そして、この共通点をあなたが考え方として変えられなければ90%の廃業者となってしまいますのでよく理解しておいてください。

 

エステサロンは新規の集客を増やせれば売上が上がると思っている

初歩的な考え方の間違いなのですが、多くの人は「新規さえ集客できれば」と思っていて、集客の方法だけを探しています。

しかし、新規の集客は「お金をかければできる」ことは当然です。

 

問題は、「広告費をかけても売上が上がらない」ことなのですが、この大事なポイントを改善しないでずっと集客方法をネットで眺めて探しているのです。

 

しかも「なるべく無料で」「できる限り安い宣伝方法」のようなものですね。

そうすると、ネット上に出てくるのは、

  • クーポンサイト
  • InstagramやFacebookなどのSNS集客
  • ホームページを作りましょう
  • チラシを配りましょう
  • 紹介が一番です

など、バカみたいな記事が検索の上位に出てきますので、これを鵜呑みにします。

 

一見すると無料で集客できるかのように思える集客方法が、実は膨大な時間と労力とお金がかかるなのだと理解できていません。

カス情報を信じてやり始めたものの、結果、集客に繋がらず他のものを探し始めるループを延々と繰り返してしまうことになるのです。

 

これらの情報の真実は次のものですのでよく覚えておいてください。

  • クーポンサイト→条件付きで速攻集客できます(お金がかかります)
  • InstagramやFacebookなどのSNS→労力と時間が無限にかかります
  • ホームページ→今のGoogleのルールでは上位に上げれません
  • チラシ→反応させられるチラシの勉強と毎日のポスティングで労力と時間が途方もないです
  • 紹介→そもそもの客数がないので紹介は増えません

 

特にホームページの業者は気をつけてください。

今やGoogleはズルをしてSEO対策しているサイトを全面的に排除してしまいました。

 

SEOをウリにしてきた業者はもう上位に上げれませんので、ホームページを依頼して作ったところで結果、アクセスが増えず、その時点であなたが質問すると「PPC広告をかけてみませんか?」と必ず言ってきます。

しかし、そもそもホームページはSEOで検索上位に上げることを目的としているのでPPC広告をかける前提ならもっと安いLP(ランディングページ)でよかったということになります。

ホームページとランディングページの違いも分からない集客初心者をカモにした業者、それがホームページ制作会社です。

 

エステサロン集客の基本、LTVを伸ばすやり方になっていない

あなたのエステサロンは、1人の新規を集客したら「いくらの売上」をいただけますか?

これこそが最重要なポイントなのですが、残念ながら90%のエステサロン経営者はこれを計算していませんし意識もしていません。

結論を言ってしまいますと、

エステサロン経営では「1人の新規から10万円以上の売上」をいただけないなら広告費をかけられません。

逆に「1人の新規から10万円以上の売上」をいただけるやり方になっているなら無限に広告費がかけられてお金持ちになれます。

 

LTV10万円

  • 1人の新規→10万の売上
  • 2人の新規→20万の売上
  • 5人の新規→50万の売上
  • 10人の新規→100万の売上
  • 20人の新規→200万の売上

 

こんな風にならないと思いますか?

実はなるんです。

 

最初に新規が来たら、その方から10万円以上の商品を買ってもらえる仕組みを身につければ広告費を2倍・3倍に増やしていくことで必ずこの計算になっていくのです。

あなたが広告費をかけられないのはこの仕組みができていないから。

これができていない以上、永遠に「新規集客の方法」だけをネットで探しながら来ないお客様を待っているだけの状態になり、3年間で廃業することになります。

 

現に私は1人だけの整体院をやったいた頃、96000円のコースを23名に成約して220万の売上を上げたことがあります。

その頃の新規の集客数は月に40名ほどでした。

96,000円のコースを月に23人成約して220万をあげたエステ・整体の非常識な成功法則

 

「新規が40名も取れないよ!」という人は抜けていることがあるんです。

 

新規数の少ない人の特徴

サロンの専門性がない

クーポンが「人の悩み」対応になっていない

 

このようなことは、深く勉強していくことで理解できるようになります。

 

また、単純に集客数を増やすだけではダメなんです。

 

では、「集客」と「売上を上げる」を混同しないように解説していきましょう。

まずは集客が上手くいかない理由から。

 

エステサロン集客の2つの間違い

まず、エステサロンで新規を集客できていないサロンの広告について紹介していきましょう。

あなたが「痩身」という業態でやっていたとします。

 

エステサロンの集客の間違い①言葉が抽象的

この場合、「痩身+地域名」でホームページ やポータルサイトなどの広告を出していると思います。

 

そして、上のような雰囲気の良い写真と店内写真を使用して、「隠れ家」とか「高級な落ち着ける空間」とか「トータルサロン」のような言葉を使っていると思います。

 

これはイメージ広告の手法ですので、全く集客に繋がりません。

 

「痩身で悩む人」と「隠れ家・高級で落ち着ける空間」は全く関係がありませんし、「トータルサロン」という言葉も専門性を無くしているようなものになっています。

 

痩身を売りにしているエステサロンであれば、これらの言葉を削除して、「痩せたい人の悩み」と「痩せたい人への解決策」を書くべきなのです。

 

エステサロンの集客の間違い②色々詰め込みすぎ

エステサロンのホームページなどでよく見るダメな例として、「トータル」という言葉があります。

 

つまり、フェイシャルも痩身もリラクゼーションも全てうちのエステサロンではできますという意味ですね。

これは刺さらない広告となります。

 

なぜなら、「1つの悩み」「1つの解決策」を表現するだけでもかなりのボリュームになるはずなのに、いろんなメニューを盛り込むため1つ1つの悩み対応が薄くなってしまっているのですね。

 

よく考えてみてほしいのですが、

 

痩せたいと思ってネットで検索してクリックしたあなたのホームページにフェイシャルもリラクゼーションもできますと書いてあっても、そのお客様からすればフェイシャルやリラクゼーションのことは知りたくないのですから、もっと痩身についての安心できる内容が知りたいということになりませんか?

 

トータルサロンと書いている人は、専門性が無い人にすぎないと言えますし、お客様側も「自分の悩み」に対しての答えをあなたの広告から見つけられないでしょう。

エステ・整体院の成功法則
96,000円のコースを月に23人成約して220万をあげたエステ・整体の非常識な成功法則

  こんにちは、稲川です。 エステ・整体院はコース販売に徹すればすぐに売上あげれます   最初の3年間は、どれだけがんばっても50万止まりの整体院でした。 でも、やり方を変えた途端 ...

続きを見る

 

エステサロンの集客方法(OPEN初期)

エステサロンの集客方法で、まだOPENして間もない初期の頃には「お金をあまりかけない」ことが条件となってきます。

 

もっともお金のかからない方法は次の2つです。

この2つを連動させて集客につなげていきます。

 

初期の頃のエステサロン集客方法①LPを作る

LP(ランディングページ)というのは、WEB上にリリースされる1枚のチラシのようなものです。

クリックするところは「電話ボタン」と「予約フォーム」だけです。

 

ホームページの中のメニューページが1枚あるだけのような感じで予約問い合わせボタンしかついていないので他のページに飛ぶこともできません。

 

縦長の形にしておいてスマホで下にスクロールしてもらうのですね。

このLP(ランディングページ)というのは集客にとても適しています。

 

ワードプレスを少し勉強すれば自分でも作れますが、少し難しい。

そな人はペライチってツールを検索すれば簡単にフォームを埋めていくだけでLPを作ることができますので、あなたのメニューの1つに付き1ページで分けて作ってください。

 

1つの悩みに対して1つのメニューで1つのLPです。

分けておかないと、1枚のページしかないのでお客様がよく分からなくなってしまうのですね。

 

もしペライチでも難しいという人がいたら、アメブロの投稿でLPの形にしても構いません。

とにかくそのページだけでお客様のお悩みが解決するとメッセージと予約フォームボタンが付いていて簡単に予約できるページになっていれば大丈夫です。

 

でも、LPを作っても見てもらえませんよね?

見てもらうために何をするのか。

 

初期の頃のエステサロン集客方法②ポスティング

今度はチラシを作ります。

できればですが、、「手書きチラシ」が最高です。

 

ここでお金をかけてデザイン会社に依頼してもロクなものが出来上がってきません。

 

今は広告が溢れている時代ですので、「どれだけ目立てるか?」が最重要なのです。

 

したがって「手書きちらし」が最も効果が高いのです。

 

手書きチラシなので綺麗である必要もありませんし、逆に汚い字で一生懸命に作ったんだなと感じてもらえれることを狙うのです。

 

そして、

 

その手書きチラシの下の方に、先ほど書いたLPのQRコードを付けておいてください。

 

QRコードもネットで「QRコード 変換」と検索すればLPのURLをコピペして「QRコード作成」を押せば簡単に出来上がるものがたくさん出てきます。

 

LPと手書きチラシを連動させたらポスティングします。

 

このポスティングですが、業者に依頼して配布してもらっても結果は全然出ません。

なぜなら、くまなく配布してくれる業者は少ないし、ちゃんとした業者はすごく高いのです。

 

ここでお金をかけ図に最大限の集客効果を出す方法は、自分でポスティングすることです。

あなたのエステサロンの近隣だけポスティングしてください。

 

まずは近隣500メートル圏内をくまなくポスティングして、それを毎週続けます。

近隣であればあるほど、あなたのサロンの利便性が高く顧客になりやすいので近隣を狙うのです。

 

近隣500メートルと毎週続けたら必ず反応あります。

どんどん続けて反応が落ちてきたら、1キロ圏内まで攻めていきましょう。

 

初期の頃の自宅サロン集客方法

手書きチラシと自分でポスティングする→LPを見てもらえる→予約してもらえる

 

の流れを作るだけですね。

 

エステサロンで集客した新規客をリピート率させる

ここまでお金をほとんどかけずに集客する方法を書いてきましたが、今度は集客したお客様をリピートしてもらいます。

あまり重く考えなくて大丈夫です。

 

なぜなら、近隣の人は「こんな近くにエステサロンがあったんだ」というアドバンテージがすでにあるのですからリピートしやすいお客様なのです。

 

あなたがリピートを取る手段は「そのお客様がリピートしやすい提案」を複数用意しておくことです。

例えば、

 

提案できること

次回予約割引→次回予約をしていくと割引があります

プリペイドカード→チャージしてもらうことでどのメニューでも使えます

回数券→先にまとめて買っておくとお安くなります

コース→お悩みの改善にはこのコースがおすすめです

 

このようなリピート対策です。

 

間違ってもやってはいけないのが、「都度払いでお客様任せ」です。

 

これをやるとほぼリピートしません。

 

せっかく近隣のアドバンテージがあるリピートしやすいお客様を自分の足で集客したのですから、上記のようなリピート対策だけしておけばあなたのエステサロンは成功します。

 

エステサロンの集客方法(中期)

さて、初期の頃はLPとチラシの連動で少しづつ集客して、来たお客様に提案をする。

 

この流れを作ってリピート客を増やす練習をしていきます。

 

できれば、前述の提案の中でも「コース→お悩みの改善にはこのコース」を程zんして取れるようになるのがオススメです。

なぜなら、エステサロンは新規集客をたくさん取っていくのが効率悪いからなのです。

 

  • 見込みの高いお客様だけを少なく集めて
  • なるべく高額のコースを販売する

 

この流れを作れるとかなり稼げるようになります。

 

何より自宅エステサロンなどは原価も無いし、賃料も安いなどのメリットがありますので、高額のコースが売れるようになれば、そもそもそれが全て利益になるのですね。

 

うまくいけば、大手のエステサロンなどより高い利益出している自宅サロンもあるのです。

 

私に知っている中でさえ、自宅エステサロンを一人でやっているエステの人が、月商800万で支出が20万という人がいます。

自宅エステサロンの優位性はコストの安さですからね。

 

では、エステサロンの初期の頃の集客方法で少しづつ集客できてきて、コースなどの成約も出来るようになってきたら、されにそれにレバレッジをかけていきましょう。

 

中期のエステサロン集客方法①LPを増やす

LPを「症状別」「悩み別」で増やしていくのです。

初期の頃に狙いを定めてLPを作って集客したのですが、それを複数に増やしていくことで入り口が増えるのですね。

 

例えば、フェイシャルのLPで集客していたなら、さらに絞って、

 

  • 毛穴
  • たるみ
  • シミ
  • シワ
  • ほうれい線
  • 小顔

 

このように症状や悩み別に複数のLPを作るのです。

 

そして、これらのLPを全てチラシにするには限度がありますので、今度は初期の頃に作ってきた売上の一部を広告宣伝費に回します。

 

中期のエステサロン集客方法②PPC広告をかける

PPC広告(リスティング広告)をかけて全てのLPを宣伝します。

宣伝をしていく中で反応を見ながらLPの改善をしていくことで盤石なものになっていきます。

 

PPC広告で集客できるようになってくると、おそらくあなたのエステサロンはかなり繁盛していて、新規があまり入れられないようになっている可能性が高いです。

 

予算は月におよそ10万円ほどが良いでしょう。

 

余談ですが、売上をどんどん上げていく人のかけている広告宣伝費を調べてみますと、目指す売上の13%というデータが出ているようです。

 

もしあなたが、売上300万を目指していたとするなら、39万円を広告宣伝費に回していくと到達できる確率が増えていくということになりますね。

 

販売している商品の短歌にもよりますので、ここでは月に約10万円程度をかけてみてLPを改善していき、反応が良くなったら宣伝費をドンと上げるのも良いかもしれません。

 

エステ・整体院の成功法則

下記のメルマガ登録フォームからお申し込みください。

もちろんメルマガの登録は無料ですし申し込み後、20秒以内に届きます。

※携帯のアドレスでは届きませんのでGmailを推奨。
※必要なくなれば配信停止からいつでも解除できます。

エステ・整体院の非常識な成功法則
無料メルマガ




エステサロンの集客方法(後期)

後期というのもおかしいのですが、LPの改善とPPC広告の反応が良くなってくると、月の新規数が30人から50人などが集客できるサロンも出てきます。

 

しかし、もうこの段階になると、新規をあまり受け入れられる予約枠がなくなってきます。

 

そこで、かなり稼いでいるエステサロンがやっていることは、次の2つになります。

 

  • 更にターゲットの層を絞り込む
  • 高額の商品を買う見込みのある人しか新規に呼ばない

 

つまり、「悩みの深い人」しか呼ばないLPにするということですね。

 

悩みの強い人は、価格の安さだけではエステサロンを選びません。

 

他のエステサロンで良くならなかったり、どうしても緊急性のある悩みであったりを持っているお客様は高くても信頼できるサロンを選ぶのですね。

 

前述の800万の自宅エステサロンやられている人は、バックエンド(コース)が最低30万円で上は100万のまであります。

 

そして、都度払いなどはやっておらず、コースのみの販売しかしていません。

 

そのコースを新規のお客様に提案するだけなのですが、見込みの無い人に提案しても成約率は極端に下がります。

ですので、見込み客を絞るために、悩みや症状の部分で更に深く絞り込み、改善するには何ヶ月かかりますなど最初からLPに書いてあり、それを見て来られた人しか呼ばないやり方です。

 

ここまで絞り込むと極端に新規の数が減りますが、成約すれば最低何十万の売上が確約されますので、初期から中期を経て最終的にはこの絞り込みで高単価のエステサロンビジネスに切り替えていく人が多いのです。

 

そんなに条件を付けたLPで絞り込んで、それでも新規がくるのか?

 

と疑問に思う方が多いのですが、この頃にはお客様の声が圧倒的にたくさん取れていますので、ポジションとしては確立されており、信頼されるエステサロンとして認知されてきているからお客様が来てしまうのです。

 

エステサロンの集客方法(上級)

ここまで、エステサロンの集客方法について紹介してきましたが、劇的に楽に売上を上げる方法として上級版も紹介していきましょう。

 

みなさんは、なるべく無料でできる集客方法を探していると思います。

しかし、現実には集客はお金をかければかけるほど数が多くなっていくのです。

 

WEB集客をやるのであれば、

  • Google検索で上位5位以内に入ること
  • ホットペッパーなどのサイトであれば上位5位以内に載せること

などですね。

 

この条件を満たすにはかなりの広告費がかかることは言うまでもありませんが、実は他のサロンとターゲットをズラすことで広告費を劇的に抑えて集客できて、しかも売上をグンと伸ばすことができる方法があります。

 

それは次の4つの条件を満たすことです。

 

上級版サロンの集客法

  1. 他店よりニッチなターゲットに絞ること
  2. ウリの商品(サービス)を3つに絞ること
  3. 都度払いをやらないこと
  4. 最低10万円以上のコースだけを販売すること

 

この条件を満たすことができると少ない広告費で集客数を増やすことができます。

なぜなら、他店と被らないからです。

例えば、

痩身サロン

運動が苦手な人のための痩身サロン

健康診断で引っかかったけど運動で痩せれない人のための痩身サロン

健康診断で引っかかったけど運動で痩せれないしダイエットが成功したことのない人のための二人三脚で挫折させない痩身サロン

 

このように他店と被らないウリでどんどんニッチな絞り込みをしていくのです。

すると、たくさんの同じようなエステサロンの広告が並ぶ中であなたのエステサロンだけが目につくようになり集客数が増えるのですね。

さらには、本気で悩んでいる人ばかりが来ますので「高額な商品サービス」が売れるようになります。

 

いきなりこれをやることは難しいとは思うのですが、上級版の集客方法を身につけることができれば劇的に売上が上がり、楽なサロン経営ができるのでオススメです。

エステ・整体院の成功法則
96,000円のコースを月に23人成約して220万をあげたエステ・整体の非常識な成功法則

  こんにちは、稲川です。 エステ・整体院はコース販売に徹すればすぐに売上あげれます   最初の3年間は、どれだけがんばっても50万止まりの整体院でした。 でも、やり方を変えた途端 ...

続きを見る

 

エステサロンの集客(マーケティングの知識編)

ここからは、エステなどサロンの集客を売上に変えて収入を上げていくためのマーケティング戦略について解説していきましょう。

エステなどサロンのマーケティングはネット上にたくさん出ていますが、ほとんどのものが大量に集客してリピートを狙うというものですね。

 

しかし、大量に集客すること自体にお金がかかる時代になってくているのが現実です。

 

私たち自宅エステなどのサロンでは、むやみに大量集客しても数をこなすことができないどころか、無駄な予約枠を抑えられてしまう結果になりかねません。

 

見込みの高いお客様だけを集客して売上に即繋げていくにはどのような方法があるのかを、このマーケティングの章でお伝えしていきましょう。

 

エステ・整体院の成功法則

下記のメルマガ登録フォームからお申し込みください。

もちろんメルマガの登録は無料ですし申し込み後、20秒以内に届きます。

※携帯のアドレスでは届きませんのでGmailを推奨。
※必要なくなれば配信停止からいつでも解除できます。

エステ・整体院の非常識な成功法則
無料メルマガ




エステサロンの新規集客の知識

では、あなたが広告でどんな表現をしていけばエステサロンで新規を集客できるのかの方法について書いていきましょう。

 

エステサロンの新規集客①入口を少なくする

入口を少なくするということは、専門性を1つに絞るということです。

 

あなたが「フェイシャル」「痩身」「リラクゼーション」など全てをトータルでやれるとしても、トータルをウリにしてはいけません。

 

その中で最も得意なことをウリとして絞り、「痩身専門」として店名から表現内容も全て専門性をウリにするのです。

そんなことすると「フェイシャル」や「リラクゼーション」のお客様が取れなくなると思うのが素人の考え方なのですね。

 

やり方の基本は、「痩身専門」で「痩せたい人」に刺さる広告で新規の集客数を上げます。

 

そして、痩身で集客した新規に対して、まず「痩身メニュー」を販売して、施術していく中で「フェイシャル」「リラクゼーション」のメニューを店内POPやお客様に渡すパンフレットやチラシなどで案内していくのです。

 

痩身の施術をしていきながら、あなたとお客様の間に信頼関係ができるようにしていき、店内POPなど目立つところに貼っておいて、お客様側から質問してくるようにしておくだけなのですね。

 

エステサロンの新規集客②言葉を変える

あなたが広告で使っている「言葉」は多分、世の中で使われている言葉ではありません。

 

私に相談してくるエステのサロン様の広告には「痩身+地域名」が非常に多いです。

または、「フェイシャル+地域名」とかもですね。

 

この言葉、変えないと新規を集客できません。

あなたの中の常識で使っている言葉に過ぎないからです。

 

では、世の中で本当に使われている言葉とはどのようなものなのでしょうか?

 

調べてみましょう。

人が使っている言葉は、ネットで検索する時に使うキーワードです。

この検索ボリュームで分かります。

「痩身+名古屋」で調べてみましょう。

 

検索ボリューム結果「痩身 名古屋」

 

名古屋という人口220万人の都市でも、わずか月間100件しか検索されていないことが分かります。

なぜだと思いますか?

 

これは「痩身」という言葉をプロしか使っていないからなのです。

 

「痩身」はエステサロン経営者かエステティシャンしかあまり使わない言葉ですので、一般の新規を集客でくるわけがありません。

 

では、「ダイエット」という言葉ならどうでしょうか?

 

検索ボリューム結果「ダイエット 名古屋」

 

430件にまで上がりました。

 

いかがですか?

あなたの使っている言葉は世の中で使われていることなではなく、新規を集客する方法として非常にズレたことになってしまっているのです。

 

もっと言ってしまうと、

 

今時は、人がネットで検索した場合、その人の今居る場所の位置情報で近隣のサイトが上がってくるようになっているのを知っていますか?

 

例えば、「エステ 名古屋」と検索した場合、その人の今居る場所の近隣のエステサロンが表示されるということなのですね。

 

ということは、

もっと大きな検索ボリュームの「悩みキーワード」を狙ったほうが良いということになります。

 

例えば、

 

検索ボリューム結果「足 痩せたい」

 

足が痩せたいと検索した場合、あなたのサロンの、近隣に今居る人にあなたのサロンのサイトが表示されてしまうのです。

となると、もっと大きなボリュームのほうがニーズがあるかもしれませんね。

 

検索ボリューム結果「ウエスト ダイエット」

 

検索ボリュームが大きいということは、それだけニーズが多いということになります。

あなたの広告で使っている言葉やウリは間違っていると思います。

 

エステサロン集客の目的

エステサロンの集客の目的は「売上を上げること」ですよね。

ということは、あなたは新規を集客するときに、誰でもいいから呼べさえすれば買ってもらえると思いますか?

買ってもらえないです。

ここにエステサロン集客の根本的な間違いがありますので見つめ直してください。

結論を言いますと、

 

買う見込みのない人は呼ばない

 

こういうことになります。

 

買う見込みのある人だけ呼ぶような広告になっていれば、新規が来たら「必ず買う」という流れになり、無駄がありません。

しかし、誰でも呼ぶような広告になっていれば、あなたが一生懸命にサービスしても、少し時間を長くやってあげても、カウンセリングで親身に相談に乗ったとしても、あなたの頑張りは無駄になります。

 

そもそも買うつもりのないお客様を読んでいる以上、買ってくれないのです。

「新規を集客する方法」だけを探している人はここが分かっていません。

結果、売上を上げることができないまま進んでいきます。

 

エステサロンの集客で使う広告ツール

エステサロンの集客で使う広告ツールを紹介していきます。

チラシのポスティング

チラシは昔も今も有効なツールです。

ネット集客が全盛の時代となっているように思えますが、ネット集客こそ競争が激しく勝ち負けがハッキリしてしまいます。

オフラインのチラシ集客は今でも有効ですので定期的なポスティングをやっていくことで集客数が上がってきます。

 

チラシ集客の効果を上げるコツ

まず大前提として「チラシは自分でポスティングする」ことです。

ポスティングの業者に依頼すると1部あたり5円ほどとられます。

1部2円などの業者もありますが信用しないほうがいいですね。

チラシの集客範囲は、あなたのサロンからおよそ1キロ圏内になりますので、くまなくポスティングをしていきます。

チラシは考えれば考えるほど集客数に差が出るツールです。

 

例えば、あなたのエステサロンが「産後のダイエット」をターゲットにしている場合、1ルームマンションにポスティングしても意味はありませんね?

ターゲットの住んでいる場所、マンションなどを想定して配ることが大切です。

さらには、チラシをポストから取り出した時の認知スピードは1秒以内と言われていますので「認知されるためのチラシ」にしておく必要があります。

 

それは「手書きチラシ」となります。

手書きで汚く作っているチラシの方が反応が良くなる傾向にあるのです。

そして、もう1つ大切なことは「同じ配布先に何回も配布する」ということです。

 

1回で認知してもらえるというのは甘く、何回も何回も同じ配布先にポスティングしておくことでいずれ反応が出るのがチラシというツールになります。

人は「自分の悩んでいる時」しか目に留めてくれません。

 

見込み客にもタイミングがあり、そのタイミングにあなたのエステサロンのチラシが入っていれば予約につながる。

このような地道な集客活動だと言えます。

是非、オフライン集客の要であるチラシを常に配布しておくことをやっておいてください。

 

ホームページ

エステサロンの集客と言えば「ホームページ」というイメージをお持ちの方が多いと思います。

しかし、残念ながらホームページは集客できなくなりました。

これからホームページを作ろうと思っている方はやめたほうが良いです。

 

集客できなくなった理由は、2020年に2回実施されたGoogleのアップデートでした。

サロン系のホームページのおよそ9割以上が検索圏外に飛ばされ駆逐されたと言っても過言ではありません。

 

ホームページで狙うキーワードで検索5位以内に入れなければアクセスは増えませんので、大金をかけて作ったホームページが無駄になることは言うまでもありません。

今まで「SEOに強いホームページ」をウリにしてきたホームページ制作会社も今年からは「PPC広告」をウリにし始めています。

しかし、PPC広告を出す前提であればホームページは必要ありません。

LP(ランディングページ)を1枚作れば良いだけですので、月額の管理費を支払ってまでホームページを作る必要はありませんね。

やるならLPを作ってPPC広告が良いでしょう。

 

ブログ

Googleのアップデートでホームページが駆逐されたと書きましたが、正しいやり方でブログ運営をすればブログは今でも強いツールです。

しかしこれもハードルは非常に高く、ブログを検索キーワードで上位に持っていくスキルと地道に100記事以上のコンテンツを作りリライトしていく必要があります。

ここでもGoogleはズルを許してくれません。

いかにネット集客が難しいかをお分かりいただけたかと思います。

 

ホットペッパービューティー

ホームページがGoogleに締め出された後は何が残ったのか?

あらゆるサロン系キーワードで検索上位3件までを独占しているのが、みなさんご存知のホットペッパービューティーです。

つまり、サロン系はホットペッパービューティーに掲載すること以外にネット集客することが難しくなってきたと言えるでしょう。

問題は「ホットペッパービューティーの中での競争にどう勝つのか?」に変わってきているのです。

ホットペッパービューティー集客2021最新版
ホットペッパービューティーの集客法|2021年の売れるコツまとめ

  WEB集客大学の稲川です。 この記事は「ホットペッパービューティー 集客」など 複数のキーワードで検索順位が1位になっています。   ホットペッパービューティーってクーポン巡り ...

続きを見る

 

Instagram・facebook

SNSもエステの集客に活かせると思っている方が多いでしょう。

しかし、これはとてもハードルが高いのです。

まず有効なフォロワーが増やせません。

フォロワーはただ増やせばエステの集客につながるのか?と言えば、それはありません。

エステはローカルビジネスですので、あなたのエステサロンのある地域限定でフォロワーを集める必要がありますね。

しかもエステサロンに興味のあるフォロワーでなければいけません。

この限定条件を含んで有効なフォロワーを増やすことが難しく、9割以上の方がSNS集客を諦めます。

 

エステサロンで集客するツールのまとめ

エステサロンの集客に使えるツールに関してまとめますと、使えるのは、

 

  • チラシのポスティング
  • ホットペッパービューティー

 

この2つだけになるかと思います。

エステ・整体院の成功法則
96,000円のコースを月に23人成約して220万をあげたエステ・整体の非常識な成功法則

  こんにちは、稲川です。 エステ・整体院はコース販売に徹すればすぐに売上あげれます   最初の3年間は、どれだけがんばっても50万止まりの整体院でした。 でも、やり方を変えた途端 ...

続きを見る

 

エステサロンの集客を成功させるためのポイント

では、エステサロンの集客から売上につなげるためのポイントを解説していきましょう。

 

集客のポイント1:ターゲットを絞り込む

買ってくれる見込みの高いお客様はどのような人なのか?

これを考えてください。

ポイントは「深い悩み」です。

悩みの薄い人がお金を払うわけがありません。

あなたなら、初回は5,000円だけど2回目以降なら10,000円になりますというクーポンで行ったお店に2回目以降10,000万円を払って行きますか?

深い悩みを持っているお客様を呼ぶには、「悩み」を理解していなければ言葉が思いつきません。

前述のキーワード分析で言葉を見つけ、yahoo知恵袋などで「どんな悩みなのか」を理解してください。

人の悩みの理解をするうことであなたの広告に出す言葉は変わります。

 

集客のポイント2:ディスカウントにしない

悩みの深いお客様は金額だけで決めません。

例えば、「突然、吹き出物がたくさん出てきて止まらない」という状況になってしまった人は、まず皮膚科や美容クリニックなどを探すはずなのです。

値段の安さで選ぶならエステサロンのクーポンで「美肌になる〜〜初回18,000円→3,980円」などのクーポンが無数に出ている中で、なぜ皮膚科や美容クリニックを探すのか?

それは「信用性」で選ぶからなのです。

初回ディスカウントの安さを魅力に感じる人など「そんなに悩んでいない人」にすぎません。

あなたが「価格の安さ」をウリにしている以上、永遠に初回荒らしばかりを呼ぶことになるのです。

 

集客のポイント3:LTV10万以上にする

LTVとは新規1人からいただける売上のことです。

これが10万円以上になってくると、あなたは広告費をかければかけるほどサロンの売上は無限に上がっていきます。

ではLTVを10万円以上にするにはどうすればいいのか?

それは簡単です。

やることは10万円以上のコースを作ることだけです。

これが売上を上げるための仕組みなのです。

 

サロンの売上を上げるポイント

新規を呼ぶ→10万円以上のコースを成約する

 

これだけであなたのサロンの売上を上げられます。

 

エステサロンの集客を売上につなげる方法

基本的な考え方はなんとなく分かってきましたか?

ではエステサロンの集客を売上につなげる具体的な方法を解説していきましょう。

 

フロントエンド・バックエンド

集客と販売とを一体化します。

 

  • フロントエンド→悩みの深い人だけを集める
  • バックエンド→その悩みを解決するためのコース

 

この導線を考えるんです。

 

そもそもディスカウントクーポンで集めたお客様に「気に入ったらまた来てくださいね」というやり方は、お客様の悩みを解決するやり方になっていません。

習い覚えて技術や購入した機械の性能などを商品にしているだけの人が多いのですが、それで上手くいかないのは明白なのです。

順番をお伝えすると、

 

エステサロン経営の順番

  1. 人の悩みをリサーチ
  2. 深い悩みだけ選ぶ
  3. 悩みを解決するパッケージコースを作る
  4. それを買いたい人だけを狙った初回体験を作る
  5. 来たらコースを提案する

 

これがエステサロンの集客から売上につなげる全体像です。

 

最初は最もアクセスの取れる広告媒体を選ぶ

最初は広告費がかけられないかもしれませんが、無料で集客できると言われるSNSやホームページを制作して集客するなどはやらないほうが良いです。

前述のようにこれらは「労力と時間」がかかりすぎるからです。

その時代の「最もアクセスの取れる広告媒体」にお金を払って掲載するのが一番です。

 

今で言えば、検索の上位を全て独占しているホットペッパービューティーになります。

それ以外は後でやればいいです。

 

ホットペッパーは「クーポンサイトだから初回荒らししか来ない」という人は、そもそもお客様の悩みが分かっていないしフロントエンドもバックエンドもない普通のやり方なのでそうなっているだけです。

 

このような人はホームページで集客してもSNSで集客しても同じ結果になります。

初回荒らしを回すだけのやり方ですね。

母数が最高に取れるホットペッパーで「フロントエンド・バックエンド」のやり方に徹すればLTV10万以上いけます。

ホットペッパービューティー集客2021最新版
ホットペッパービューティーの集客法|2021年の売れるコツまとめ

  WEB集客大学の稲川です。 この記事は「ホットペッパービューティー 集客」など 複数のキーワードで検索順位が1位になっています。   ホットペッパービューティーってクーポン巡り ...

続きを見る

 

無料体験から1ヶ月に96,000円のコース23名に成約、220万の売上

実際に私は、整体院現役の頃にホットペッパーから無料体験を46名とり、そのうちの23名に96,000円のコースを成約して220万の売上を出していましたし、6,980円の初回体験を21名集客して14名に64,000円のコースを成約。

こんな結果を出しているのです。

私が96,000円のコースを月に23人成約して220万をあげた方法

 

このやり方をエステの人に教えてみると、2週間以内に128000円のコースが2本売れましたし、整体院の人は1週間以内に24,000円の3回トライアルと96,000円のコースが売れています。

2つのサロンとも都度払いでやっていたお店が、ともに速攻で売上を取れています。

 

売上を取れたら広告費を上げて2倍・3倍のレバレッジ

売上を速攻でとったら、その中の一部を広告費に回してレバレッジをかけていきます。

2人の新規で25万円とか13万円などの売上をあげたら、10万円を広告に回せばその3倍の新規が取れて売上は3倍・4倍と増えていく。

こんな結果になるのです。

都度払いでお客様のリピートを待つだけの人はすぐにやり方を変えるべきです。

 

他業種に学ぶエステサロンの集客

エステサロンは商品があなた自身のサービスとなる業種です。

そして、ここにサービス業ならではの感覚の間違いが起こっているので理解してきましょう。

 

初回体験の人はまだお客様ではない

例えば、あなたが車を買い替えたくて車屋さんに見に行ったとします。

車屋さんからすれば、見に来た段階ではあなたはお客様ではありません。

車を購入した人がお客様です。

洋服屋さんも不動産屋さんも、見に行った段階や相談し行った段階ではまだお客様として見ているのでではなく「見込み客」なだけなのです。

そして、これはあなたのエステなどのサロンでも同じです。

初回体験で来た段階では、まだその人はお客様ではなく「見込み客」であるだけなのですから、コースを成約して初めてお客様になるんだと理解しましょう。

お客様側もそういう理解ですよ。

最初から通おうと思って初回体験に行く人と「試しに行ってみよう」と思う人では違うということです。

 

他業種ではどのように売っているのか?

他業種の人がどのように売っているのかを研究すると良いでしょう。

特に高額の商品を扱っている業種、

保険、車、マンションなどの営業の人の言うことや行動。

これらを注意深く見ていると、必ず次のような流れになっていると思います。

 

  1. 無料相談
  2. 探しもののヒヤリング
  3. ピッタリのものを提案

 

100%この流れです。

あなたのエステなどサロンで高額の商品を売りたいのであれば、この流れを同じことをすれば良いのです。

 

エステサロンの場合

  1. 初回体験
  2. 悩みのカウンセリング
  3. ピッタリのコースを提案

 

これだけですので実は簡単なのです。

エステ・整体院の成功法則
96,000円のコースを月に23人成約して220万をあげたエステ・整体の非常識な成功法則

  こんにちは、稲川です。 エステ・整体院はコース販売に徹すればすぐに売上あげれます   最初の3年間は、どれだけがんばっても50万止まりの整体院でした。 でも、やり方を変えた途端 ...

続きを見る

エステの新規カウンセリングマニュアル|苦手なクロージング契約までの流れのコツを徹底解説
エステの新規カウンセリングマニュアル|クロージング契約のコツ

  エステシャンにとって、カウンセリングからコースを契約することの流れに苦手意識を持っている人は多いと思います。 特に、高額のコースなどを契約しなければいけないお店などでは、これがストレスで ...

続きを見る

 

エステサロンの集客効果を上げる2つのポイント

エステなどサロンの集客効果を上げるには2つのポイントがあります。

 

良質な口コミを集める

今の世の中は、口コミ(お客様の声)以外に見込み客の判断材料がありません。

どれだけこちらが商品の良さをたくさん買いたとしても「怪しい」としか思われていないのです。

どれだけの「信頼性」を出せるかどうかがサロンの集客効果を決めるポイントとなることは言うまでもありません。

ポータルサイトであれば100件。

ホームページやランディングページなどでは写真付きのお客様の声20件。

これが信頼性を出す最低限のポイントになるかと思います。

これだけ集められれば後は楽に集客できるようになります。

 

口コミの質

口コミの質についても大切です。

「リピです」「いつもお世話になってます」などのよく見る常連客が頼まれて買いたであろうサロンの口コミは信用されないことは分かると思います。

良質な口コミを集めることは大変なのですが、これができないようなエステなどのサロンは集客すらできないのです。

つまり、「努力に比例して集客数は上がる」という当たり前の原則です。

 

2021年のエステサロンの集客法まとめ

  • トータルサロンなどと抽象的な表現は全く反応しませんし、ウリを1つに絞り込んで専門性を出すこと。
  • 入口を1つにして、新規集客した人に対して他のメニューについて質問させるようにすること。
  • 使っている言葉を見直してニーズの多いものを調べてから広告を作ること。
  • 広告に使うツールはホットペッパービューティーの一択
  • フロントエンド・バックエンド戦略のみをやっていく
  • 集客はバックエンドを買う見込みのある人だけ呼ぶ絞り込みが大切
  • 5人の新規集客で100万の売上を目指すこと

これらのエステなどのサロンの集客方法の修正をしていけばあなたの広告を反応するようになるでしょう。

 

お金をなるべくかけずにエステサロンを成功させるコツは、「簡単にできる広告」を自作して、「業者に依頼しないで自分で」やることで集客をコントロールしやすくなりますし、何より支出がほとんどなければ失敗するリスクが無くなるのです。

 

このサロンの集客方法である程度の売上を上げられるようになってきたら、今度は広告費を少しかけて集客していくこともプラスすればさらに収入を増やすこともできますよね。

 

月商50万以下の個人エステ・整体院の人が読むメルマガ

エステ・整体院の成功法則

登録後に届くプレゼント

9割のサロンが知らない
80万・100万と売上を安定させるために必要な考え方のまとめ資料

"一発逆転"を狙いたいエステ・整体院の方は下記のメルマガ登録フォームから申し込んでください。

もちろんメルマガの登録は無料ですし申し込み後、20秒以内に届きます。

※携帯のアドレスでは届きませんのでGmailを推奨。
※必要なくなれば配信停止からいつでも解除できます。

エステ・整体院の非常識な成功法則
無料メルマガ




次の記事も参考になるかもしれません。

エステ・整体院の成功法則
96,000円のコースを月に23人成約して220万をあげたエステ・整体の非常識な成功法則

  こんにちは、稲川です。 エステ・整体院はコース販売に徹すればすぐに売上あげれます   最初の3年間は、どれだけがんばっても50万止まりの整体院でした。 でも、やり方を変えた途端 ...

続きを見る

エステの新規カウンセリングマニュアル|苦手なクロージング契約までの流れのコツを徹底解説
エステの新規カウンセリングマニュアル|クロージング契約のコツ

  エステシャンにとって、カウンセリングからコースを契約することの流れに苦手意識を持っている人は多いと思います。 特に、高額のコースなどを契約しなければいけないお店などでは、これがストレスで ...

続きを見る

ホットペッパービューティー集客2021最新版
ホットペッパービューティーの集客法|2021年の売れるコツまとめ

  WEB集客大学の稲川です。 この記事は「ホットペッパービューティー 集客」など 複数のキーワードで検索順位が1位になっています。   ホットペッパービューティーってクーポン巡り ...

続きを見る

エステ・整体の集客
整体・治療院の集客|集客できない人が学ぶべき最新の戦略を教えます

  世の中には、整体・治療院の集客についての情報が氾濫していますが、その多くのものがうまくいかないのはなぜでしょうか?   整体などの治療院は、様々な業界の中でもマーケティングが浸 ...

続きを見る

エステサロンの開業・経営で成功する秘訣
エステサロンの開業・経営|儲かるために必要な成功ステップを解説

  エステサロンを開業・経営したい!と夢を持つのって楽しいですよね。 もちろん夢は持ったほうが良いし、収入源ももちろん多いにこしたことはありません。   しかし、この「夢」と「エス ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

稲川 勤

自身の整体院が月商250万をあげた集客、販促のノウハウを教える専門家。WEB集客・メルマガ販促などの知識を発信しています。

-サロンのマーケティング

© 2021 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5