エステサロンの開業・経営|儲かるために必要な成功ステップとは?

2020年2月7日

エステサロンの開業・経営。儲かるために必要な成功ステップ

 

ステサロンを開業・経営したい!と夢を持つのって楽しいですよね。

もちろん夢は持ったほうが良いし、収入源ももちろん多いにこしたことはありません。

 

しかし、この「夢」と「エステサロンの開業・経営の成功」は現実的に反比例するので注意が必要です。

この記事でお伝えするのは、エステサロンは開業してからのほうが学びが多く、その経営の学びの段階で儲かるための成功するためのステップを登っていくことが必要というお話です。

本題の前に、エステを経営しているけどなかなか売上の上がらない方へ

問題点を理解できればすぐ売上は上げれます。↓↓

エステサロンの売上を最短で上げるシンプルな方法

非常識なエステの成功法則

エステの売上を上げる成功法則

 

初の3年間は、どれだけがんばっても50万止まりの整体院でした。

でも、やり方を変えた途端に自分でもびっくりの結果に。

  • 6,980円のクーポンで21名の新規を集めて14名に64,000円のコースを成約
  • 45名の無料体験を集めて23名に96,000円のコースを成約

すぐにこんな結果になったんです。

 

このやり方をエステの人に教えたら1ヶ月以内に128,000円のコースが2本成約しました。

 

ちょっと普通のやり方と違うので簡単ではないんですが、エステや整体、治療院のような「結果の出せる業種」なら誰でも使えます。

美容院やネイル、マツエク、リラクゼーションなどのサロンではこれは使えません。

 

良い技術をお持ちでも、

「売上がなかなか上がらない」

なんていう以前の私のようなお悩みを持っている方は多いと思うんですね。

 

このやり方をメルマガでお伝えしています。

 

今すぐ売上を上げなければいけない状況の方はは下記のメルマガ登録フォームから申し込んでください。

もちろんメルマガの登録は無料ですし申し込み後、20秒以内に届きます。

※携帯のアドレスでは届きませんのでGmailもしくはyahoo!メールでの登録を推奨。
※このメルマガは必要なくなれば配信停止からいつでも解除できます。

非常識なサロンビジネスの成功法則 無料メール講座




エステサロンの開業・経営に必要な資格など

エステサロンの開業に必要な資格はありません。

技術もしくは機械さえあればすぐにでも開業できることが魅力だと言えるでしょう。

しかし、開業してみると分かることは、お客様に信用されていないという壁に突き当たります。

そう考えると、お客様に信用されるに値する技術などの資格はとっておいた方が良いでしょう。

いわゆるスクール卒業などのディプロマですね。

何の資格も無しに開業できてしまうことで多くの方が簡単に開業しますが、後に必要なエステサロン自体の信用という問題を最初から考慮しておきましょう。

 

エステサロンの開業届け

資格は必要ありませんが、開業する以上は開業届けを提出する必要があります。

開業後2ヶ月以内に管轄の税務署に提出します。

営業許可証なども必要ありませんが、税務関係だけはしっかりしておかないといけません。

法人にするべきかどうかにつきましては、初めて開業する場合は個人事業主としておいたほうが無難です。

今時は会計ソフトなども優秀ですので、少し勉強するだけで申告書なども簡単に作れてしまいます。

 

エステサロンを開業する際の物件選び

エステサロンを開業する際に物件をどうするかが最初の課題となると思います。

テナント店舗サロン

テナントとして出店するやり方です。

メリットやデメリットという書き方はしませんが、テナントとして出店する場合には、それ相応のお金がかかることは頭に入れておきましょう。

良い点は圧倒的にお客様を集めやすいというところです。

 

マンション型サロン

営業OKのマンションを借りて出店するやり方です。

基本的にお金があまりかかりません。

電気や水道、洗濯機置き場などエステサロンの造作に必要なものは揃っているからです。

難点は、お客様を集めにくいというところだけです。

 

自宅サロン

ご自身の自宅を少し改造してサロンにするというやり方です。

正直なところ、このやり方はオススメしません。

自分の自宅を不特定多数の人に知られたくないため、広告に「だいたいの住所」だけを記載して予約のあった人にだけ住所を教えるというやり方をしている方が多いのですが、見込み客に信用されずほとんど失敗します。

 

出張エステサロンとして開業

広告媒体だけ持ち、出張サロンとして開業する方法です。

これには資金面のリスクがほとんどありません。

出張する時間帯も夜だけなどに限定して他の仕事と掛け持ちで営業することもできます。

出張でお金をある程度貯めてから店舗として開業するのも1つのやり方だと言えるでしょう。

 

エステサロンの物件選びのおすすめ

私の物件選びのおすすめは自宅ではなく他にマンションを借りて営業する「マンション型エステサロン」です。

初期投資が驚くほどかからず、自宅ではないため広告に住所も記載できます。

まずはマンション型エステサロンで開業して、売上が上がってきたらテナント店舗物件に移動するのが最良ではないかと思います。

 

エステサロン開業に必要な初期投資額

エステサロンの開業に必要な初期投資は業態によっても変わります。

ここではマンション型エステサロンとして開業する場合の初期投資の目安をお伝えします。

 

技術のみの業態の場合

サービス内容が「技術のみ」の業態では、物件にかかるお金しか初期投資にかかりません。

  • マンション保証金2ヶ月程度 20万円
  • マンション初月賃料 10万円
  • 施術ベッド 2万円程度
  • 洗濯機 1万円
  • タオルなど 3000円
  • その他エステの備品 5万円
  • 合計383,000円

この程度で済むかと思います。

これ以外に私の場合、化粧直しの台や椅子、カウンセリング用のソファとテーブルなど入れても初期投資は65万円程度でした。

 

機械が必要な業態の場合

機械が必要な業態の場合は、これに機械の代金を足せば概算で投資額が出せるかと思います。

脱毛器やハイフ、エンダモロジー、インディバ、エムスレンダー、フォトフェイシャルなど様々な機械がありますが、本気でやるならリースで良いかなと思います。

月額で35000円程度でいけるでしょう。

 

エステサロンの開業に必要なランニングコスト

さて、ここからが大切なことになってきます。

ランニングコストとは、毎月定額でかかる支出のことです。

エステサロンの経営は、売上がランニングコストを上回れば利益になるというシンプルなものになりますね。

例として、マンション型エステサロンのランニングコストの目安は以下のものです。

ランニングコスト目安

  • 賃料 10万円
  • 光熱費 2万円
  • 広告費(初期の頃) 5万円
  • 合計17万円

売上が17万円を超えれば利益です。

テナント店舗型になるともう少しコストが上がることは頭に入れておきましょう。

17万円を超えられるのか?と心配になるかもしれませんが、後述するエステサロンの経営の成功ステップや考え方を読めば、これが簡単なことだと理解できると思います。

 

エステサロンの経営は儲かるのか?

まだエステサロンを経営するか迷っている方は参考にしていただきたいと思います。

世の中で雇用されて得られる所得は月20万円程度になっているかと思います。

先ほどのランニングコストの計算から考えて見てください。

売上が17万円を超えれば利益が得られますが、仮に20万円の売上であれば3万円の利益しか得られませんね。

これでは生活できません。

最低でも37万円の売上が出せなければ雇用されている時よりも収入が下がることになり、これを懸念している方は多いと思います。

詳しくは後述しますが、次のように考える人は成功できません。

1万円の施術×37名で月37万円の売上を作る

多分これは開業初期には限りなく不可能です。

では、成功する人はどのような考えにしているのかは次のようなものになります。

185,000円のコース×2名で37万円の売上を作る

これなら達成できる見込みは高くなります。

達成できるだけでなく、5名で90万円以上の売上を作ることも視野に入ってきます。

 

エステサロンを開業・経営して失敗するケース

先日、yahoo!t知恵袋で次のような質問を見つけました。

 

自宅サロンでは珍しい本格的なエステサロンを目指しています。
カウンセリングでは必ず測定機での肌診断をし、自身の肌質、肌年齢などをわかってもらいたいと思っております。
私自身が化粧品カウンターでの肌診断が大好きなのとカウンセリングの大切さを現在学んでいるので取り入れたい理由です。

エステサロンの売りとしては自宅サロンを前提に本格的なマシーンの導入、診断機での肌診断、アパレルの販売、それと夜の部として週に2回ほど22時から24時頃までの入店も出来るように考えています。

引用:yahoo!知恵袋

 

この方は、500万というお金をコツコツと貯めてきて、夢の自宅エステサロンの開業・経営へと進んでいる段階ですね。

質問を読む当たり本気であろうと思われます。

 

2015年の質問ですので、この方は既に開業・経営しておられると思うのですが、

私がこの方から開業・経営する前にこの質問を受けていたら、儲かることはありませんので全力で止めます。

 

実を言いますと、多くの方は、概ねこのような考え方でエステサロンを開業・経営するわけですが、この考え方ではほぼ成功できないからです。

 

エステサロンの開業・経営が失敗する理由

質問者様にいろんな方が回答を出されていますが、数字の問題とか宣伝のやり方の問題ではない部分で既に失敗の要因があります。

それは「自分の良いと思うこと」を商品にしてしまっていることです。

 

「そんなの良いと思わないものを商品にするわけないじゃん」と思うかもしれませんが、世の中の人は、ほとんどが「自分の良いと思うもの」を商品やサービスにして失敗しているのです。

 

難しい言葉で言うと「プロダクトアウト」と言います。

 

プロダクトアウト

プロダクトアウトとは、企業が商品開発や生産を行う上で、作り手の理論や計画を優先させる方法のことです。買い手(顧客)のニーズのよりも、「作り手がいいと思うものを作る」「作ったものを売る」という考え方です。

引用:マーケティング用語集

 

これをやっているのは、例えば、AppleとかSONYとかですね。

これらの開業・経営がプロダクトアウトで商品を作るのは、世の中に革新的なインフラを作りたいという理念からですし、商品が出来上がるまでの時間と労力とコストはとてつもないのです。

 

なのに、

 

  • 自分が受けてみて良かったこと
  • 自分が好きなこと

 

このような程度でそれをエステサロンの商品にしてしまうということは、一言で言って「安易な開業・経営」となりますね。

エステサロンの開業・経営がそんなに簡単で儲かるなら世の中にお金持ちがもっとあふれていてもおかしくありません。

 

エステサロンを開業・経営して失敗する要因は「プロダクトアウト」で商品を安易に作ってしまい「それが売れるであろう」と思ってしまうことです。

エステサロンで儲かるためには開業前に考え直しましょう。

考えることは次のことです。

 

儲かるために考え直すこと

「その商品は本当に求められているのか?」

 

でも、考えても分かりませんよね?

私もいくら考えても分かりません。

 

しかし、考えないでも分かる方法があるのですね。

これを学ぶと儲かる経営になります。

 

エステサロンの開業・経営で儲かる方法

「自分の良いと思うこと」を商品にしても、世の中の9割は売れず儲かることない。

それが分かっていたら、「売れるもの=求められているニーズ」と考えなければいけないのですね。

先ほど書いた、

 

儲かるために考え直すこと

「その商品は本当に求められているのか?」

 

これを考え直してみて、求められているか分からなければ、求められているニーズを先に探してから商品を組み直すのが儲かるコツとなります。

これを「マーケットイン」と言います。

 

マーケットイン

製品のスペックよりもマーケットの声を重視し、よりニーズのある製品を作っていくと言った発想。製品ありきではなく顧客ありきの販売戦略。

引用:コトバンク

 

この儲かるための商品作り「マーケットイン」のやり方は次の6ステップです。

 

step
1
人の悩みを書き出す

まず、自分が狙っているお客様になるであろう人達の「悩み」できるだけ多くを書き出してください。

 

step
2
緊急性の悩みを抽出する

その中から「緊急性のある悩み」だけを選んで絞ってください。

 

step
3
キーワードを考える

その「緊急性のある悩み」をもつ人達が、どんなキーワードで検索してくるのかを考えてできるだけ多く書き出してください。

 

step
4
キーワードを調べる

それらのキーワードの検索ボリュームを次のツールで調べてください。

キーワード検索数 チェックツール

 

step
5
数の多いものがニーズの高さ

その中でキーワードの検索ボリュームの多いものが「ニーズの高いもの」となります。

 

step
6
ニーズの高いものを商品にする

その「ニーズの高いもの」だけを商品にしてください。

 

これであなたはエステサロンの中でも、「緊急性の高い悩みを持つターゲット」に対して「ニーズの高い商品」を出すことができるのです。

これができれば儲かる経営に生まれ変わります。

 

エステサロンの開業・経営で成功する考え方

さて、エステサロンの開業・経営で成功するためには、これだけではいけません。

儲かるために、もう1つ大切なことをお伝えします。

 

小さく開業・経営することで成功する

どんなビジネスでも「小さく始める」ことで成功の可能性が上がります。

以前の私のやっていたサロンの例を話しましょう。

 

私がサロンを始めた時に、初期投資額は65万円でした。

これには、

 

初期投資の内訳

  • 保証金
  • 初月の賃料
  • 施術ベッド、
  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • カウンセリング用の椅子とテーブル
  • 化粧台
  • ネット環境
  • 電話回線
  • 施工費

 

これらが全て込みで65万でした。

賃料は11万で、居抜き物件を借りたのです。

前のテナントさんは歯のホワイトニングのサロンだったらしく、内装は白の綺麗なものでした。

 

マンションでのサロンは、最初から全てが揃っている状態で安くできるので考えたのですが、

私の場合、お客様を次から次へと施術していくためにマンションだといちいちインターホンが鳴って開錠するのに施術を中断するのは効率的ではないと考えた為、マンションではなく居抜き物件で探したのです。

 

初期投資を65万しかかけていなければ、エステサロンの開業・経営の失敗リスクはとても小さくなりますよね?

失敗リスクを徹底的に排除してから開業・経営をスタートすることで儲かる可能性は上がります。

 

エステサロンの開業・経営で儲かる秘訣

儲けることを前提にしてから「夢」のエステサロンへと広げていく必要があります。

最初から500万も開業にコストをかけるなら、成功は遠のき儲かることは無いと言えるでしょう。

 

あなたは、初期投資を限りなく小さく開業して、月に20万はコンスタントに利益が出るようになったら、少し大きく広げれば儲かるのです。

 

私の場合は、お客様を施術している時に、すでに次のお客様が来て待っている状態で次々と施術していくスタイルで1日に15名ほど施術していましたが、結果として、8年間ずっとサロンを大きく広げることをしませんでした。

 

なぜなら、大きく広げるより小さくやっていたほうが儲かるからです。

 

稼ぐお金を増やして、そのお金で「好きなものを買う」「好きなことをやる」ほうが楽しかったからなのですが、あなたは夢があるのであれば、儲かる経営を学んでから「大きく広げる」ことを目標にすれば良いのです。

そのほうが経営のストレスが少ないですね。

 

エステサロンの開業・経営で儲かる成功ステップ

エステサロンの開業・経営を成功に導く「儲かるステップ」を紹介していきましょう。

 

初期にコストをほとんどかけないこと

エステサロンを開業する時は、あなたの夢ややりたいことが満載で、それを形にするにはお金が必要だと思っているかもしれません。

 

そして、実際に施工や備品などの見積りを取るとびっくりするような高い金額になっていることでしょう。

しかし、考えてみてほしいのです。

エステサロンの経営は、支出がなければ絶対に潰れません。

 

多くの人は、ここで高い支出を決定してしまい後でその支出に苦しみ失敗するケースが多いのです。

今はまだ分からないかもしれませんが、エステサロンを開業したら、次にやることは「お客様を集めて販売」になります。

 

支出が多いということは、広告費を捻出する時に、どうしても逃げ腰になり広告をかけられいという負の連鎖が始まるのです。

 

エステサロンの経営で最も大切なのは、言うまでもなく「マネタイズ」ですので、将来にかかる広告費を考慮して開業するべきだとも言えます。

 

コストをほとんどかけないという目安ですが、開業の時に100万かけてはいけません。

居抜き物件やマンション物件などの低コストで開業できる物件を探し、最低でも6ヶ月分の広告費とランニングコストを残しておけば成功できます。

 

どこからお融資を受けずに開業するべきことも成功のポイントだと言えるでしょう。

 

固定の支出が少なければ、やはり余裕がありますので広告費にお金をかけることができて成功することは間違いありません。

もしあなたが、理想のエステサロンにしたいとしても、ある程度の売上が確保できたから改装したりすれば成功できます。

儲かること=低コスト」だと認識しておくとよいでしょう。

 

エステサロンの経営では高単価しか狙わない

エステサロンの場合、客数を多く取る「低単価」のビジネスでは成功できないことをご存知ですか?

最初から計算して、利益の高い「儲かる高単価」のメニュー構成にして開業しましょう。

 

例えば、1人あたり5000円のメニューで構成するのではなく、考え方としては「1人あたり10000円」程度いただけるには、どのようなエステサロンのメニューが良いのか?

 

また、「高単価」をいただくための理由も考えて、儲かるエステサロン作りとしていくほうが良いでしょう。

 

どうしても、最初は自信が持てなくて安い金額にやりがちですが、広告費との兼ね合いもありますので、最初から「高単価サロン」を目指していくことをおすすめします。

 

もっと突っ込んだことを言ってしまうと、「コースしかやらない」ことが成功の秘訣です。

多くの方は、お客様を集めるのにどれぐらいのお金がかかるかを分かっていません。

新規はお金をかければかけるほど集めることに成功しますので、大きな広告費を出すエステサロンがどんどん勝っていってしまいます。

 

まだ開業したての頃には、このような大きな広告費を捻出できませんので、ターゲットを狭く絞り込んで少ない新規でも高いコースを買ってくれるお客様を呼ぶことに徹することで楽に儲かる経営ができるようになります。

 

エステサロン経営の「広告コスト」

エステサロンでも様々な広告媒体を試していくことになると思いますが、広告で新規のお客様を集めるのにかかる金額は、おおよそ「1名あたり5000円〜1万円」が相場となります。

 

え?そんなに高いの??

 

と思うかもしれませんが、広告コストはどんどん高騰していますので、ここを勉強してからエステサロンを開業するべきでしょう。

開業したての頃は、この広告コストを捻出することができなく煮詰まってしまう人が多いのです。

儲かる経営にするためには、まずはエステサロンの経営でかかる「広告コストの目安」は把握しておいてください。

 

儲かるエステサロンの経営はLTVが鍵

たとえ、広告コストが1人あたり5000円かかったとしても、あなたのサービスで「1人のお客様から生涯に渡っていくらをいただけるのか」でエステサロンの経営が成功するかどうかは決まってきます。

 

この「1人のお客様から生涯に渡っていくらをいただけるのか」を「LTV」と言いますが、LTVが50000円だとすれば、5000円の広告費に対して45000円の利益が得られる計算となります。

 

つまり、あなたのエステサロンのメニューの構成が50000円にしておけば良いのです。

 

  • 1万円で5回は通っていただけるようにするのか?
  • 17000円で3回通っていただけるようにするのか?

 

LTVを元にメニューの価格を決めていくのがエステサロンの経営成功のコツとなります。

儲かる経営は、このように最初から儲かる仕組みを作っておくことで成功できるのです。

 

お客様へコースを販売する

エステサロンの経営で成功するためには、やみくもに広告コストをかけて新規を集めて都度払いで通ってもらうなどの非効率的なやり方はやめるべきです。

そもそも広告費を大きくかけられない開業したての頃に、この考え方をしているとすぐに経営が詰まってしまいます。

ある程度の価格のコースだけを販売し、都度払いは無くすことが儲かるコツです。

簡単に言ってしまいますと、「3人の新規を呼んで20万のコースを3人に成約」することで60万の売上を作ることができて経営は成功します。

このスキルが身につけば広告費を増やして6人の新規を呼ぶ。

これこそが本当のエステサロン経営の成功の秘訣です。

 

まとめ:エステサロンの開業・経営で成功するステップとは?

エステサロンの開業・経営は要点だけ押さえれば成功する可能性は限りなく高くなり儲かる経営にすることができます。

 

エステサロン開業・経営の成功

儲かってから改装する

広告費に重点を置く

LTVでいくら稼げるかを重視したメニュー構成にする

 

これだけ意識して開業・経営すれば、ほぼ成功したようなものでしょう。

なにせエステサロンは、支出がほとんどありませんので、損失も無いのですから儲かると言えます。

 

なるべく自分で貯めた預金で「初期投資」と「数ヶ月の運転資金」だけまかなえるようにしておくと良いでしょう。

 

儲かるエステサロンを開業・経営することへのハードルはそんなに高くありません。

次は、エステサロンを成功に近づけるために経営スキルについて勉強していきましょう。

 

個人でエステサロンを経営している人でも年収1000万が儲かることは十分可能です。

私が、8年間の整体院経営で培ってきたマーケティングをプログラム教材としてメルマガ読者限定で販売していますので是非勉強してみてください。

↓↓

どうしても早く売上をあげたいエステ・整体院などの1人サロン経営者へ

非常識なサロンビジネスの成功法則
エステ・整体の非常識な成功法則|96,000円のコース23人に成約220万をあげた集客の仕組み

  最初の3年間は、どれだけがんばっても50万止まりの整体院でした。 でも、やり方を変えた途端に自分でもびっくりの結果に。 6,980円のクーポンで21名の新規を集めて14名に64,000円 ...

続きを見る

 

エステ・整体の集客
【2021年版】整体の集客|9割の人が知らない成功法則を教えます

  世の中には、整体の集客についての情報が氾濫していますが、その多くのものがうまくいかないのはなぜでしょうか?   私自身もそうであったように、膨大な量の情報の中から何が効果がある ...

続きを見る

自宅サロンを成功させる集客方法|8年間のサロン経営でわかった"たった3つ"のこと
自宅サロンの集客|8年間のサロン経営でわかった段階別の集客方法

  自宅サロンをやっている人にとって集客は永遠の課題かもしれません。 多くの人が困っているこの集客ですが、実は多くのことをやるより「やることを絞る」ほうが効果的なのをご存知ですか? &nbs ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

稲川 勤

自身の整体院が月商250万をあげた集客、販促のノウハウを教える専門家。WEB集客・メルマガ販促などの知識を発信しています。

-店舗の集客

© 2021 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5