メルマガとは

【朗報】メルマガの成約率を高める方法まとめました

  メルマガの目的は、読者に対して接触頻度を増やしてファンになってもらう「ファン化」の要素と、あなたのスキルから伝えられる価値を提供して「価値教育」する要素の2つでセールスを楽にするためのも ...

メルマガ読者への6つの教育の手順とは?

  メルマガが必要な理由を分からないと言われる方も多いですね。 この記事では、メルマガがあなたの商品を販売するのに有効な理由として「メルマガにより将来のお客様の教育」について書いていきます。 ...

メルマガのリスト収集に最強のYouTube

YouTubeでメルマガのリスト収集する方法まとめ

  メルマガのリスト収集をしていく時に、様々な媒体、例えば、ブログやSNSなど使って収集したり、広告でお金をかけて収集する人もいると思います。   しかし、ブログもSNSも今や過酷 ...

メルマガを読まれるために気をつけるべき3つのNOT

  あなたのメルマガが、読者にどのぐらい読まれていると思いますか? これ、実は調べられます。   各メルマガ配信スタンドによってやり方は違いますが、「メルマガ開封率」で調べられるの ...

SEOに強くなるタイトルにはコツがあります

無料のメルマガのリスト収集方法3選

  メルマガで稼ぐには、リスト(読者)を収集することが必須です。 いざメルマガを始めてみても、このリストを収集できずに挫折していく人も多いのですね。   先にお伝えしておきますと、 ...

見出しタグはユーザーと検索エンジンの両方に分かりやすくする目次のこと

【ビジネスでメルマガを使うべき理由】高単価ビジネスの必須ツール

  この記事では、個人がビジネスで勝つならメルマガを使ったビジネスモデルが最強と言うテーマで書いていきます。   そして、安い商品を数多く売っていく考え方がいかに危険であなたの失敗 ...

見出しタグ(hタグ)のSEOにおける関連性

メルマガの読者を増やすたった3つの方法

  メルマガを始めたとして、そのメルマガの読者を集めなければメルマガを配信する相手がいないことになります。 業界ではこの読者を集めることを「リストを取る=オプトイン」と言いますが、オプトイン ...

メルマガの最適な配信頻度|おさえておきたい3つのNOT

【メルマガの配信頻度】最適な配信頻度を決める2つの大切な基準とは

  メルマガを始めると必ず最初に「配信の頻度」の悩む方が多いのです。   「月に1回」「週に1回」「毎日」など読者に嫌がられない配信頻度をネットで調べ、この記事を読むことになってい ...

オプトインアフィリエイトの解説

【メルマガの集客】 リストを集めるオススメの方法3選

  メルマガとは、収入を上げるためにおこなうビジネスの手法の1つです。 まだメルマガを始めていない人にとって「本当に集客できるのか?」という不安な気持ちを持っている人が多いのですが、この記事 ...

メルマガは稼ぐための最強の仕組み

メルマガで稼ぐ仕組み

  どうでもいいことですけども、「稼ぐ」ってなんか古くてダサい印象のある言葉ですね。 現在は、働き方改革により今後はより一層、副業が増えてくることになりそうです。   そうなると、 ...

ステップメールの教科書6大特典付きレビュー

【ステップメールの教科書】10大特典付きレビュー

  ステップメールを理解すると、セールスの仕組みが簡単に作れます。 メルマガはなんとなく意味がわかるけど、ステップメールは具体的に知らない人が多いかもしれません。   あなたのセー ...

メルマガ配信スタンドを決める時の注意点

メルマガ配信スタンド|騙されるな!配信スタンド選びの真実教えます

  メルマガを配信しながら価値を提供して、その中で商品を販売していく2ステップマーケティングはとても特に高額の商品を販売する場合には効率的な手法だと言えます。 しかし、メルマガ配信スタンドも ...

メルマガで稼ぐ|書き方からリスト収集、ステップメールの作り方まで解説

メルマガのリストを増やす3つの効果的な方法

  メルマガで発信していきながら、自分の商品を紹介して購入してもらう。 2ステップでアプローチするマーケティングは大きな売上をあなたにもたらしてくれます。   しかし、いざ2ステッ ...

メルマガで稼ぐ|書き方からリスト収集、ステップメールの作り方まで解説

【メルマガの作り方】文章の書き方と例文付きテンプレート

  今、あなたがやっている集客方法は、 ホームページやポータルサイト、ブログなどから体験を募集して、体験に来た人に売っている もしくは、 ブログなどにアフィリエイトリンクを貼って売ろうとして ...

© 2022 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5