あなたがサロンで集客できない理由|狙っている悩みのズレに注意

2020年2月4日

サロンで集客できない理由

 

ロンをやっているあなたは、毎月の支払いに追われて、新規の数に一喜一憂しながらストレスを抱えている状況なのではないかと思います。

 

なぜなら、およそ9割のサロンがこのような状態になっていると分かっているからです。

 

ではなぜ、多くのサロンが集客できないのかの理由については、簡単に言ってしまいますと「狙っているターゲット」がズレているからとなります。

 

私のところへ寄せられる相談のほとんどは「広告の手法」や「広告の媒体」についてなのですが、このような質問をされる方は、ほぼご自身の商品がニーズとズレているという本質的な問題に気づいておらず、「広告の手法」だけを探し続けているのですね。

 

これでは永遠に集客できない状況が続くだけですので、この記事では、あなたがサロンで集客できな理由について書いていきます。

 

サロンで集客できない2つの理由

サロンで集客できない理由には様々なものがありますが、その中でも最も重要なポイントである3つを紹介します。

 

サロンで集客できない理由①人の悩みを度外視した商品

ほとんどのサロンは、商品を自分で売れるであろうネーミングにして広告に掲載して予約を待つということをしています。

 

そして、その商品の内容や商品のネーミングは全て「自分の習ったもの」か「購入した機械」の名前になっていると思います。

これは全くニーズとかけ離れていると気づかないといけません。

 

ここは、ちゃんと考えてみたら分かるはずなのです。

お客様があなたのサロンに予約してくる理由はなんでしょうか?

 

それは「悩みを解決したから」なのです。

人の悩みは様々なのにも関わらず「ハイパーナイフ90分」などというネーミングに対して、その人は自分の悩みが解決するのか分かるはずがありません。

したがって「なんか良さそう」と思った悩みの薄いお客様しか来ないですし、そもそも本来の集客数より逃してる数のほうが多くなっています。

 

あなたは「商品を安易に考えすぎている」と言えます。

 

「自分の習ったもの」か「購入した機械」を商品にすることをやめて、人の「悩み」に対しての商品を用意すれば、実は商品など無数にすくれてしまいますし、集客の反応率も飛躍的に上がります。

 

例えば、「ハイパーナイフ」なら60分とか90分とかの時間でしか商品は作れません。

しかし、

 

悩みに対しての商品

  • 二の腕
  • ウエスト
  • 全身
  • 何キロ痩せたいのか
  • いつまでに痩せたいのか

 

このように悩みで商品を作ればいくつでもできますよね?

お客様の悩みは様々ですので「ハイパーナイフ」が目的なのではなく、「悩みの解決」が目的なので、「悩み名」が書いてある商品名のほうが一目瞭然で分かりやすいのです。

 

サロンで集客できない理由②人の悩みが分かっていない

私の元へ寄せられる質問のほとんどは「広告手法」についてなのですが、商品の作り方についてを先にアドバイスしています。

広告手法についても明確な答えがあるのですが、いくら広告手法を学んでも商品がズレていればザルのように逃していってしまうからです。

 

商品のダメな人はどんな広告に載せても売れません。

 

では、商品がズレているというのはどういうことなのかと言えば、「単純にお客様の悩みが分かっていない」ということになります。

 

お客様の悩みは何ですか?と聞いた時に「痩せたい」とか「腰痛」とか答える人は理解していません。

その「痩せたい」や「腰痛」の前にある状況が悩みなのです。

例えば、

 

悩みの例

友達や男性からデブだと思われている気がする→毎日鏡を見ると嫌な気持ちになる→食事を減らしたりサプリを飲んでみたけど続かない→また今日も食べてしまった→毎日それが気になってストレスだ→キツい運動とかできない→もっと簡単にすぐ痩せられるものはないだろうか?→あなたのサロンのサイトにたどり着く

 

このように悩みの奥にある状況まで想像していくことが大切ですし、この状況は人によってたくさんありますので、お客様や友達などからヒヤリングして深い裏の気持ちまでリサーチするのです。

もし、上記のような流れが裏にあるのだとして、あなたのサロンのサイトにたどり着いた人へは、

 

商品の表現ポイント

キツい運動が苦手なあなたでも短期間で痩せられるハイパーナイフ1ヶ月集中コース

 

などと書いたほうが「ハイパーナイフ90分」を書くより売れるに決まっているのです。

 

もしあなたが、お客様の悩みは?と聞かれた時に「痩せたい」とか答えるなら、そもそも人の悩みを理解していないので広告手法をいくら探してもサロンに集客できない結果が永遠と続くだけです。

 

サロンで集客できない人の対策

サロンに集客できない2つの理由を先に考え直して対策すれば売れる商品を作ることができますし、集客も容易になります。

 

次の対策を先にやってください。

 

やるべき対策

あなたのサービスで提供できる効果を書き出す

その効果を必要としている人はどんな人かを書き出す

その人の悩みと、その悩みから起こっている状況を書き出す

その状況が起こっているであろう人からヒヤリングして深く聞き出す

 

これでまず「人の悩み」を深く理解することができます。

そして、次に商品を考えます。

 

商品の作り方

悩みと解決する言葉を商品名に入れる

 

これで商品をまずリリースしてみます。

そして、「こんなお悩みありませんか?」の部分にヒヤリングした「人が抱えている裏の状況」を書いておいてください。

「これ私のこと!」と思ってもらえて反応率が上がります。

 

サロンで集客できない理由のまとめ

サロンで集客できない場合の、多くの理由は「お客様の悩みが分かっていないから」ということになります。

 

基本的にサロンビジネスのスキームは、

 

サロンビジネスとは

お客様の深い悩み→解決できる商品の提案

 

これだけなのですが、「悩み」が理解できていなければ提案する商品もズレてしまうのですね。

この原因を排除すれば、あなたの売上は上がりますよね。

どうしても早く売上をあげたいエステ・整体院などの1人サロン経営者へ

非常識なサロンビジネスの成功法則
エステ・整体の非常識な成功法則|96,000円のコース23人に成約220万をあげた集客の仕組み

  最初の3年間は、どれだけがんばっても50万止まりの整体院でした。 でも、やり方を変えた途端に自分でもびっくりの結果に。 6,980円のクーポンで21名の新規を集めて14名に64,000円 ...

続きを見る

エステ・整体の集客
【2021年版】整体の集客|9割の人が知らない成功法則を教えます

  世の中には、整体の集客についての情報が氾濫していますが、その多くのものがうまくいかないのはなぜでしょうか?   私自身もそうであったように、膨大な量の情報の中から何が効果がある ...

続きを見る

自宅サロンを成功させる集客方法|8年間のサロン経営でわかった"たった3つ"のこと
自宅サロンの集客|8年間のサロン経営でわかった段階別の集客方法

  自宅サロンをやっている人にとって集客は永遠の課題かもしれません。 多くの人が困っているこの集客ですが、実は多くのことをやるより「やることを絞る」ほうが効果的なのをご存知ですか? &nbs ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

稲川 勤

自身の整体院が月商250万をあげた集客、販促のノウハウを教える専門家。WEB集客・メルマガ販促などの知識を発信しています。

-店舗の集客

© 2021 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5