サロン集客にブログが必要な理由|すべての見込み客層にリーチ

2020年2月3日

サロン集客にブログが必要なわけ

 

ロンをやっていると、やはり集客に悩みますよね。

多くの方は、無料の広告媒体に載せたり、お金をかけて簡単なホームページを作ったり、チラシを作ってみたりと、いろいろな努力をしながら頑張っています。

 

しかし、残念ながら、ほとんどのサロンが集客できていない現実がありますね。

 

この現実は、9割以上のサロン経営者が「集客」について理解していないことを表しているのです。

あなたは、よそのサロンがすごく繁盛していて、どんな広告を出しているんだろうと調べてみたことがあると思いますが、その広告を真似しても集客できないのですね。

 

「集客」について勉強していくと、その繁盛しているサロンがなぜ集客できているのかの理由が分かってくるのです。

この記事では、サロンの集客にブログが必要な理由を書いていきますので是非参考にしてください。

 

サロン集客にブログが必要な理由

あなたは、サロンの集客を広告媒体でやっていると思います。

 

見込み客の購買心理の4つの段階

例えば、

 

サロンの集客媒体

  • ホームページ
  • エキテン
  • ホットペッパービューティー
  • イーパーク
  • 鍼灸コンパス
  • googleマイビジネス
  • チラシ
  • パンフレット
  • 紹介カード

 

など集客するための媒体はたくさんありますよね。

 

しかし、これらの広告媒体で集客するには、ある特定の条件が必要なのです。

それが次の2つです。

 

集客できる条件

  1. 今すぐ客だけを行動させる「緊急性のある悩み」を狙っていること
  2. その広告媒体のアクセス数が多いこと

 

この2つの条件が満たされていないと集客はできません。

 

なぜなら、見込み客の層には4段階あり、全ての見込み客を広告媒体で集客できるわけではないからです。

 

見込み客の4段階

  • 今すぐ客→1%
  • お悩み客→9.5%
  • そのうち客→9.5%
  • まだまだ客→80%

 

この中で広告媒体で集客できる層は、なんと「今すぐ客 1%」のみだとご存知でしたか?

 

つまり、集客できる層は全体のわずか1%であり、その1%を競合と取り合っているということになります。

 

この「今すぐ客」は「緊急性のある悩みを抱える人」しか居ませんので、いくらあなたが、ホームページやポータルサイトなどで、サロンの商品の良さをアピールしても、「緊急性の悩みに対応していない商品」であるなら絶対に集客できないのです。

 

まず広告媒体では緊急性の悩みに対応した商品しか販売しないようにすることが大切です。

しかし、残りの99%の層を逃してしまうのは勿体なくないですか?

 

実は、その99%の層を撮り逃さない方法があります。

それがブログです。

 

ブログはすべての段階の見込み客層にリーチできる

見込み客の4つの段階の中の99%は、今すぐ購入を考えていませんので、広告媒体に載せても意味はありません。

 

しかし、この99%の層は将来あなたのサロンに来る可能性を持った人なのですね。

 

その人達に対して、あなたを信頼してもらうことをしていけば良いのです。

簡単に言ってしまうと、

 

サロン集客のブログ

サロン集客においてブログは、信用を積み重ねていくことで将来のお客様の購入時に比較検討で勝てるようになる方法

 

このようになります。

 

99%の層はどれだけアピールしても「いま買うこと」はありませんので、長期的に見て将来買ってもらえるようにしておくということです。

 

サロン集客でのブログの役割

さて、サロン集客に置いてのブログの役割は分かってきたかと思いますが、いざブログを立ち上げると、ブログの役割を忘れてしまうのです。

 

もう一度、確認しておきますが、ブログの役割とは、

 

ブログの役割

長期的に見て将来のお客様の信頼を勝ち取ること

 

です。

 

これを忘れてしまい、次のような間違いを起こす人がほとんどなのです。

 

サロン集客のブログでよくある間違い

それは次のような間違いです。

 

サロン集客ブログの間違い①自分の商品やサービスの良さをアピール

ほとんどこれです。

ブログの役割は「将来のお客様の信頼を勝ち取ること」なのにも関わらず、自分の商品やサービスの良さばかり書いている人が多いのです。

 

それなら「今すぐ客」しか反応しませんので、ホームページやその他の広告媒体と変わりません。

自分の商品やサービスの良さを書くなら「売り込み」と捉えられてしまい読んですらくれませんよね。

 

サロン集客ブログの間違い②全て記事に申し込みフォーム

これもやりがちです。

全てのブログ記事に、商品やサービスの申し込みフォームが付いているブログ。

 

これも読者からすれば警戒して当然の行為ですね。

 

ブログを読む理由は、疑問や抱えている問題についての解決策を探しているからであり、まだ買うつもりなど無いのです。

そこへ売り込みすれば拒否されるのは当然ですので、信頼をわざわざ無くすような行為となります。

 

これも簡単に言ってしまうと、

 

あなたは、儲けたい人なのだな

 

と思われるだけで終わると言うことです。

 

サロン集のブログで発信する内容

サロン集客のためのブログで書く内容は、読者の疑問や悩みに対しての答えを書くだけです。

この積み重ねこそが、あなたの信頼を得ることに繋がり、将来の購入に繋がる99%の見込み客層を逃さない方法となります。

 

つまり、あなたがブログで売り込み内容を書いているとしたら、それは短期的な目線でしか見れていないのです。

 

「せっかち=お客様を逃す」

 

と言う結果にしかなっていません。

 

今のことしか考えられない人は儲けられませんので長期的な視野を持つことで変われます。

 

よく、「ブログでどこまで書けばいいですか?」と質問してくる人がいるのですが、「読者の疑問や問題点に対しての答え全部です」ということです。

 

ここで出し渋る人とか、まず信頼されません。

 

「全て書いたら商品を買ってくれなく無いですか?」と聞いてくる人もいますが、これも集客が分かっていません。

 

人が商品を買う時(サロンに予約してくる時)は、そのサロンを信用した時ですので、怪しいこと言っているサロンになど予約してこないのです。

 

サロン集客にブログが必要な理由のまとめ

サロン集客における最大の戦略は「99%の見込み客層」に対して「ブログで信頼を勝ち取ること」となります。

 

これができれば、あなたはわずか1%だけの「今すぐ客」の取り合いに一喜一憂することなく、楽に将来の売上を確保できるようになるのです。

ブログは長期的な目線で顧客を獲得していく練習として使ってください。

  • この記事を書いた人

稲川 勤

自身の整体院が月商250万をあげた集客、販促のノウハウを教える専門家。WEB集客・メルマガ販促などの知識を発信しています。

-店舗の集客

© 2021 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5