美容院・美容室のホームページ集客|誰も知らないアイデア教えます

2020年2月8日

美容院・美容室のホームページ集客|誰も知らないアイデア

 

の中の美容院・美容室のみなさんこんにちは。

私は昔、整体院を8年間やっていたのですが、治療院の業界はとてもマーケティングが浸透しています。

 

治療院の数がコンビニより多いという熾烈な競争となっている状態なのですが、

その中でも1人整体院で最高月商250万という数字を出したことがありますし、

8年間の整体院歴の中で後半の3年間は平均月商150万ほどをあげていました。

 

私も勉強をしていく中で分かったことなのですが、これは通常の治療院のやり方をしていては無理な数字なのです。

 

そして、このやり方は美容院・美容室でも当てはまるやり方ですし、きっとこの記事に書いてある内容は、あなたが知らないやり方だと思いますので、是非やってみてほしいのですね。

 

なぜ、「是非やってみてほしい」と書いたかと言うと、このやり方は「考え方=マインド」を無理矢理にでも変えないと、ほとんどの人が踏み込めなくてやれないからです。

しかし、やったら売上が爆上げしますので、誰も知らない今のうちにやったほうが良いのです。

ではいきますね。

 

美容院・美容室のホームページ集客の現状

美容院・美容室の集客方法と言えば、

 

美容院・美容室の集客方法

  • チラシ
  • インスタ
  • フェイスブック
  • ブログ
  • 紹介
  • ホームページ
  • ホットペッパービューティー

 

といったところでしょうか。

私、これらの全て教えられますが、この記事ではホームページ集客に絞って伝えていきますね。

 

美容院・美容室も治療院と同じく数が多いので熾烈な競争かと思います。

SNSに仕上がりを載せていったり、たまにチラシの折り込みやポスティング、核となるのはホットペッパービューティーでの新規集客。

 

しかし、多くの美容院・美容室はホットペッパービューティーやチラシからの新規クーポンからリピートさせることに苦戦しており、なかなか売上が上がらないといった現状になっているかと思います。

 

そして、ホームページを持っている美容院・美容室もあると思いますが、ホームページからは集客にさえ繋がっていないサロンが非常に多いのです。

結果、「集客ができない」「集客したお客様のリピートが少ない」ことから売上に困ることになっているのですね。

 

美容院・美容室のホームページ集客を画期的に変える考え方

さて、ここからは本題に入っていきます。

今のあなたのやり方を変えなくても構いません。

しかし、新しい方法を1つ追加してみてください。

 

考え方を変えなくてはいけない部分もあるので難しさはありますが、私は整体院を、他の院とはやり方を変えて爆発的に売上を上げてきたのです。

 

美容院・美容室のホームページ集客は「都度払い」をやめてしまう

治療院業界では、施術1回60分5000円が常識となっています。

しかし、

私は施術1回15分9800円を基準にしたのですね。

そして、新規の2回目からの都度払いを途中からやめました。

それで売上が爆上げしたということです。

 

このやり方を美容院・美容室でやっているサロンはほとんどありませんし、マーケティングの浸透している治療院業界でも少ないです。

しかし、エステやパーソナル事務などは全てこのやり方をしているのが常識となっています。

 

他の業界のやり方を取り入れたということなのですが、もちろん美容院・美容室にも取り入れることができるのです。

 

では、「都度払いをやめる」とは何か?を説明していきますね。

 

フロントエンド・バックエンド戦略

フロントエンド・バックエンド戦略を紹介します。

 

戦略

フロントエンド→呼び込み商品(集客)

バックエンド→本命商品(販売)

 

このように分けるということです。

なぜ分けるのかと言うと、あなたのやり方はきっと、

 

初回クーポン→通常メニューのディスカウント

 

にしているはずです。

しかしこれだと、2回目以降の通常料金で来るはずがないのですね。

 

だから、美容院・美容室のホットペッパービューティーなどでよく見る「再来クーポン」とか出してまた安くして呼ばないといけませんよね?

 

これって簡単に言うと「通常料金は無いに等しい」ということになりますので、集客商品と販売商品は完全に分けてしまうのです。

 

このフロントエンド・バックエンド戦略ですが、このやり方には条件があるのです。

 

このやり方の条件

フロントエンドを初回体験にすること

バックエンドは高額のものであること

都度払いをやらないこと

 

この条件が満たされていないとバックエンドが売れないのです。

バックエンドの作り方については、後で書きますが、このバックエンドは高額のものにする必要があります。

例えば、15万とか30万とかですね。

 

高額のものを売るのに、都度払いメニューがあれば高額のものは買わなくなってしまいますのでやlってはダメなのです。

 

この高額のものを買う人というのは、ズバリ「悩みの深い人」となります。

つまり、フロントエンド・バックエンド戦略とは、

 

フロントエンド・バックエンド戦略

  • 「悩みの深い人」に対して
  • 「初回体験」をしてもらい
  • 「その悩みを改善するコース」を
  • 「ある程度の高い金額」をまとめて成約する

 

このようなやり方となります。

なんとなく分かってきましたか?

整体のホームページ集客が自分でできるWordPressのテーマ
整体院のホームページが簡単に制作ができるWordPressテーマ

  整体院のホームページ制作を考えている方、もしくは今のホームページで集客できていない方への整体院専用のWordPressテーマがあるのをご存知ですか? SEO対策から集客までの導線を考えた ...

続きを見る

【affinger5】SEOに強いWordPressのおすすめテーマ
【AFFINGER5】SEOに強いWordPressのおすすめテーマ

  WordPressでサイトを作る意味は「SEOで検索上位に上げるため」の他には理由がありませんね。 しかし、テーマが無数にありすぎて、とりあえず最初から付いているTwenty ninet ...

続きを見る

 

美容院・美容室の新しいホームページ集客の3ステップ

では、具体的な手順をステップで書いていきます。

 

ステップ①バックエンドを先に作る

本命商品を先に作ります。

先ほども書きましたが、高額の商品を買うお客様は「悩みの深い人」しかいません。

薄い悩みの人は絶対に安いものしか買わないのです。

ここを重点的に考えてみてください。

 

あなたの対応できるものの中で「人の深い悩み」をたくさん書き出してください。

例えば、美容院・美容室で言えば、

 

人の深い悩み

  • カラーを続けてきた結果、痛みすぎていて切るしかないのかな?
  • 髪質が悪すぎてやりたい髪型ができない
  • 薄毛に悩まされている→すごくコンプレックスだ

 

このような悩みがあったとします。

そうしたら、あなたは次のことを考えるのです。

 

悩みを解決する

  • その悩みをどのくらいの期間で解決できますか?
  • その悩みを何回くらいで解決できますか?
  • その悩みを解決するための来店頻度はどのくらいのペースですか?
  • その悩みを解決するのに必要な商品はありますか?
  • その悩みを解決するのにお客様にもやってもらうことはありますか?

 

これらを全て書き出してまとめてください。

そして、これらを全てやるとしたら、あなたの美容院・美容室ではおいくらになりますか?

これがバックエンドになります。

例を挙げます。

 

悩みの解決の例

  • その悩みをどのくらいの期間で解決できますか?→約3ヶ月ほど
  • その悩みを何回くらいで解決できますか?→おおよそ6回くらい
  • その悩みを解決するための来店頻度はどのくらいのペースですか?→2週間に1回
  • その悩みを解決するのに必要な商品はありますか?→シャンプーとリンスを変えていただく必要があります
  • その悩みを解決するのにお客様にもやってもらうことはありますか?→特にありません

 

こんな感じだとしましょう。

するとバックエンドは、

 

髪質改善でサラサラ美髪へ!3ヶ月改善コース 15万円

 

とかになりますね。

こんなの美容院・美容室では売れないと思いますか?

「悩みの深い人」は買いますよ。

 

ステップ②フロントエンドを作る

バックエンドを作ったら、今度は呼び込み商品であるフロントエンドを作ります。

 

このフロントエンドは、「バックエンドを買う可能性の高い人」しか呼ばないものにしなければいけません。

通常料金のディスカウントではなく、「初回体験」とか「無料カウンセリング」とかになるのです。

 

本当に悩んでいる人しか呼ぶ必要はありませんので、フロントエンドには「悩み名」を入れます。

例えば、先ほのどのバックエンドの例で言えば、

 

髪の毛の痛み・薄毛・カラーのやりすぎ・思い通りの髪型ができないなどでお悩みの方へ

【大好評】髪質改善でサラサラ美髪へ!3ヶ月改善コースやってます

まずは無料カウンセリングでご相談ください

 

こんな感じになりますね。

ここで、「無料でやるの??」とか「そんな安い値段で??」などと言う人は儲けられません。

 

とにかく「悩みの深い人」だけを呼んで「提案」することだけをしていくのです。

 

これは全ての業界で既に証明されていることなのですが、私の整体院の例を挙げますと、

 

①新規をディスカウント1980円とかで呼んで、都度払い5000円の施術のリピートをとって売上を作っていく場合

②フロントエンドを無料相談などにして高額のバックエンドを販売していく場合

 

比較すると、新規集客する数が少なくて後者の方が売上が上がってしまうのです。

 

新規を20名呼んで、そのうち50%が5000円で5回リピート取れても、5万にしかなりませんが、

無料相談10名とって、そのうちの3人が15万のバックエンド買えば45万になるのです。

そして、後者の方が広告費も安くなります。

 

とにかく「悩みの深い人」を呼んで「提案」するだけの戦略となります。

 

ステップ③ホームページに掲載する

最後に、あなたの美容院・美容室のホームページに掲載します。

 

この場合、複数の悩みを1つのページに盛り込んではいけません。

悩みの深い人を呼びには、「1ページ1ターゲット1商品」が鉄則なのです。

 

載せるのは「フロントエンド」のみです。

バックエンドの価格などは載せません。

 

フロントエンドのみを載せて、まずは呼んでください。

呼んでから提案することでバックエンドが売れるようになるのです。

 

なぜなら、呼んで実際に来て、あなたの話を聞いてからじゃないと信用できませんので、最初からバックエンドの高い金額を載せてしまうと怪しまれるのですね。

 

この3ステップでホームページ集客をしていくのです。

 

【まとめ】美容院・美容室のホームページ集客はこれに絞る

多くの美容院・美容室のホームページ集客はうまくいっていません。

それはホームページに情報だけを載せている、いわゆる「イメージ広告」にしかなっていないからです。

 

イメージ広告は集客できません。

「悩みに刺さる広告」にして、絞り込んだ客層だけを呼び込み、高額のコースを販売する手法を身に付けると飛躍的に売上が上がります。

 

あなたの今のホームページは集客に全く繋がっていないのだとしたら、もうこれだけに絞ったホームページに変えてしまうのが良いでしょう。

 

それ以外のチラシやホットペッパービューティーなどは、そのまま今のやり方で確保していけば良いので、プラスして今の死んでいるホームページでこのやり方に挑戦してみていかがですか?

 

美容院・美容室でこのやり方している人ほとんどいませんから早い方が良いですね。

整体のホームページ集客が自分でできるWordPressのテーマ
整体院のホームページが簡単に制作ができるWordPressテーマ

  整体院のホームページ制作を考えている方、もしくは今のホームページで集客できていない方への整体院専用のWordPressテーマがあるのをご存知ですか? SEO対策から集客までの導線を考えた ...

続きを見る

【affinger5】SEOに強いWordPressのおすすめテーマ
【AFFINGER5】SEOに強いWordPressのおすすめテーマ

  WordPressでサイトを作る意味は「SEOで検索上位に上げるため」の他には理由がありませんね。 しかし、テーマが無数にありすぎて、とりあえず最初から付いているTwenty ninet ...

続きを見る

集客ホームページの作り方
【2021年】初心者でも集客できるホームページの作り方|サロン編

  はじめに、 世の中には、集客についての情報が氾濫していますが、私が整体を8年間1人で営業してきて最終的には月間売上250万にまで達した方法はシンプルでした。 私自身も集客について多くのこ ...

続きを見る

ホームページの集客方法
ホームページの集客法|全12記事で解説します

  ホームページから集客して売上を最大化させていくには、ホームページの作り方から集客効果をあげる導線を敷いておかなければ難しい時代になってきています。 特に広告費があまりかけられない整体、エ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

稲川 勤

自身の整体院が月商250万をあげた集客、販促のノウハウを教える専門家。WEB集客・メルマガ販促などの知識を発信しています。

-ホームページの集客

© 2021 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5