ホームページの集客効果を上げるために必要なこと|学ぶべきポイント

2020年2月7日

ホームページの集客効果を上げる

 

ームページを持っている以上、その集客効果を上げていきたいと思うのは当然なのですが、数多いホームページの中でも集客できるものとできていないものがありますね。

この差はいったい何なのか?

そんな疑問についてのヒントを書いていきます。

この記事を読めば、あなたのホームページが集客できない理由と、改善すべきポイントが見えてくるかと思います。

 

ホームページの集客効果の低い3つの原因

ホームページの集客効果が低い原因は、そもそものホームページ集客に必要な要素を理解していないことが挙げられます。

その中で特に必要な要素は次の3つです。

 

ホームページ集客に必要な要素

緊急性

限定性

信頼

 

これの無いホームページでは集客できないのですね。

ホームページは直接集客の手法ですので、全ての見込み客から買っていただくことは不可能ですので、この2つに絞り込まなければ集客できないことを理解しなければいけません。

 

ホームページからの集客効果が低いと悩んでいる人のほとんどは「たくさんの項目を盛り込み過ぎている」と言えます。

 

ホームページ集客効果の低い原因①緊急性の無い悩みを狙っている

見込み客には次の4つの段階があります。

 

見込み客4つの段階

  • 今すぐ客1%
  • お悩み客9.5%
  • そのうち客9.5%
  • まだまだ客80%

 

この段階のうち、ホームページで集客できるのは「今すぐ客」の1%しかありません。

これを理解していないと、いろんな段階のお客様に対して幅広いメッセージを書くことになり、「今すぐ客」さえも取り逃がしてしまうことになるのです。

 

そして、「今すぐ客」とは「緊急性のある悩み」を持つ人のことであり、緊急性が無い人はすぐにホームページから購入することはありません。

したがって、ホームページ集客で表現することは、この「緊急性のある悩みとは何か」に絞っていくことにあるのです。

 

これが出来ていないことがホームページの集客効果を低くしている原因の1つとなります。

 

ホームページ集客効果の低い原因②限定性が無い

これは、サービスではなく、「物」を販売する業態であれば理解しやすいかと思います。

世の中で売れる条件は「品薄」なのだと理解しましょう。

簡単にいつでも買えるものなど見向きもされないのです。

しかも、他社との比較検討をされてしまう原因ともなり、集客効果を落としてしまうのです。

常に「品薄の状態」を表現することが集客効果を上げるために必要な要素です。

 

ホームページ集客効果の低い原因③信頼を得ていない

メルカリってご存知だと思います。

メルカリを見ると、ホームページ集客についての勉強に繋がることがたくさんあります。

 

メルカリを見ていると、特にブランド品などは、コメント欄に質問が書かれているのですね。

100%書かれている質問があり、それは「本物ですか?」というものです。

本物だという照明を見せてくれという趣旨の質問なのですね。

これが圧倒的に多い質問である以上、人は販売者を信用していないということが分かります。

 

実際はフェイク品を扱っている人はメルカリでも少なく、そのような人は評価点が低いのですぐ分かってしまいますし、通報されてメリカリ側からも排除されてしまいます。

私はメルカリでいくつもブランド品を買ったことがあるのですが、全て本物でしたし、フェイク品はありませんでした。

 

でも人は販売者を悪だと考え、信用しないのですから、ホームページ集客においても「信頼」が大切な要素であることは言うまでもありません。

この「信頼を得る」ための項目を厚くして行く必要があります。

 

信頼を得るポイント

  • お客様の声の信憑性と数
  • 他者の推薦の声
  • メディア掲載実績
  • 販売実績

 

これらの表現が薄いことがホームページの集客効果が低い原因の1つであると言えます。

整体のホームページ集客が自分でできるWordPressのテーマ
整体院のホームページが簡単に制作ができるWordPressテーマ

  整体院のホームページ制作を自分でやろうと考えている方、もしくは今のホームページで集客できていない方への整体院専用のWordPressテーマがあるのをご存知ですか? SEO対策から集客まで ...

続きを見る

 

ホームページの集客効果を上げるために必要なこと

実は、見込み客がホームページで見る箇所というのは限定的です。

上記の

 

ホームページで見られている箇所

  • 場所(利便性)
  • 価格
  • 信頼の部分(商品のクオリティ)
  • 信頼の部分(権威性)
  • 信頼の部分(販売者の情報)

 

ヒートマップという「読まれている箇所の分析」ができるツールがあるのですが、これで見られている箇所は上記の部分しかほとんど無いことが分かります。

それなのに、多くのホームページ は「自分の商品の良さ」だけをアピールしていたり、中には商品紹介しかしていないホームページも多いのです。

 

これではホームページの集客効果は得られませんので、改善していくポイントを見つめ直さなければいけません。

 

ホームページの集客効果を上げるために必要なことのまとめ

ホームページ集約を成功させることは簡単ではありませんが、

とは言え、やみくもに改善していても成功には近づいていかないのが現実です。

まずは、この記事で書いた、

 

  • 緊急性のある悩みに絞ること
  • 限定性を作ること
  • 信頼を得ること

 

この3つに改善点を絞って見ることから始めて見てはいかがでしょうか?

集客ホームページの作り方
【2021年】初心者でも集客できるサロンのホームページの作り方

  はじめに、 世の中には、集客についての情報が氾濫していますが、私が整体を8年間1人で営業してきて最終的には月間売上250万にまで達した方法はシンプルでした。 私自身も集客について多くのこ ...

続きを見る

整体のホームページ集客が自分でできるWordPressのテーマ
整体院のホームページが簡単に制作ができるWordPressテーマ

  整体院のホームページ制作を自分でやろうと考えている方、もしくは今のホームページで集客できていない方への整体院専用のWordPressテーマがあるのをご存知ですか? SEO対策から集客まで ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

稲川 勤

自身の整体院が月商250万をあげた集客、販促のノウハウを教える専門家。WEB集客・メルマガ販促などの知識を発信しています。

-ホームページの集客

© 2021 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5