ネットで稼ぐ方法|お客様の層に合わせたファネルを作って攻略

2019年12月25日

今すぐネットで稼ぐならファネルを作れ

 

が今まで受けたネットビジネスについての相談内容でダントツで多いのが、「商品を何にすればいいのかわからない」というものです。

掘り下げて聞いてみると、

「自分ができることはこれだ」

「ブログ記事を一生懸命書いても売れない」

「セールスがうまくできない」

 

などという悩みがあるとのことでした。

たしかに、ネットで稼ぐことにおいてブログ記事の書き方などは重要なものではありますが、実はこのような悩みを抱えている人は共通してある間違いをしているのです。

ネットでは特にですが、これに気づくとあらゆるビジネスに応用できる原理原則ですので、考え方の部分を勉強してみてください。

少し勉強して考え方を変えれば、ブログ記事に書く内容も、見込み客へのアプローチの仕方も、そしてセールスすることも誰でもできるようになります。

今回は、今すぐネットで稼ぐならファネルを作れ!と言うテーマで全体像を1から徹底解説していきたいと思います。

 

一番大切な部分はDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)のスキルを身につけることですが、ブログの記事内で商品案内などをしている人は、ほぼ売れません。

メルマガに誘導してから売ることで簡単に売れるようになります。

現に私はセールスライティングを勉強してメルマガでのセールスに切り替えてから、35800円のコンテンツを1ヶ月に130人に販売することに成功しています。

1ヶ月で35800円のコンテンツを130人に販売したセールスライティング

 

ネットビジネスで稼げるようになるまでの手順を、以下の順番に各記事で説明しています。

 

ネットで稼ぐ考え方

ネットで稼ぐなら購買心理のマインドフローを理解する必要がある

ネットビジネスがうまくいかない人に共通する理解不足な点があります。

結論から言いますと、それぞれ違う層に向けて同じメッセージを発信してしまっているということです。

これを理解すれば、あなたは的確なメッセージを見込み客に届けることができ、セールスまでの導線がうまくなるのです。

 

見込み客の4段階

  • 今すぐ客→1%
  • お悩み客→9.5%
  • そのうち客→9.5%
  • まだまだ客→80%

 

このような段階があります。

簡単に言ってしまえば、あなたはこの全ての層に同じメッセージを発信しているはずです。

これをやってしまうと、ほぼ売れません。

例えば、

 

まだまだ客に対していきなりセールスしてしまっている→ウザいだけ

今すぐ客に対して長々と説明してしまっている→飽きてしまう

 

このようにピントがズレたことをしてしまっていて見込み客の購買意欲を削いでしまっているのです。

今すぐネットビジネスで稼ぐなら、この各段階に合わせて的確なメッセージを届ける練習をしていく必要があります。

 

どうやって各段階に合わせるのか?

とはいえ、どうやったらこの見込み客の段階に合わせてメッセージを発信できるのか分からないということになりますよね。

ここが今すぐネットビジネスで稼ぐための基本の部分になりますのでよく考えてみてください。

あなたの発信を、ファネルを使って分類していく仕組みを作っていくのです。

ただ、ブログ記事を書くとか、メルマガを書くとかではこの分類は無理ですので、最初から分類して書いていくことが大切なのです。

 

ネットで稼ぐ方法

ネットで稼ぐならファネルを作れ

ファネルとは、マーケティング用語でジョウゴのような逆三角形に例えた見込み客層別のアプローチを整理するためのものだと考えてください。

シンプルですので、次のファネルを必ず頭に描いてネットビジネスを作ってください。

 

ファネル

  1. 認知
  2. 興味・関心
  3. 比較・検討
  4. 購入

 

この順番になり、下にいけばいくほどターゲット数が少なくなっていきます。

メッセージの内容を、この4つの層に合わせるだけなのです。

 

ファネルをどのように活かすのか?

このファネルですが、活かし方が分からない人が多いですので、どのようにすれば良いのか伝えます。

メルマガで分類することが最強なシステムとなります。

 

4ステップで書くと、

 

step
1
興味・関心

この部分があなたのメルマガでの発信の基本となります。

興味・関心を持っている人に対して、あなたの知識を提供していきながらファンになってもらうことがメルマガのシナリオの目的とします。

つまり、この基本シナリオで将来の購入客を育てていくのです。

 

step
2
比較・検討

次に、あなたのメルマガを読んでいるうちにファンになった人に対しての内容は変えます。

いつまでも同じような内容を発信していると飽きられてしまいますので、内容を変える必要があるのです。

しかし、このファンになってくれた「比較・検討」に移った人の見分け方が分かりませんよね?

なので、ここでメルマガの別シナリオを作って「興味のある人はこちらのメルマガで●●についてさらに詳しく解説していますので登録してください」と発信して登録させるのです。

ここで別シナリオに登録してくれた人は「比較・検討」に移ったファンだということになります。

 

step
3
購入

この「比較・検討」に入った人に対しては、文字通り「他との比較材料」を発信していきます。

そして、何通か価値提供したらすぐにセールスします。

あまり長々と文章を送るだけだとセールスチャンスを失いますので、すぐセールスの案内を出し、購入を迫ります。

そして、あとは「ひたすら購入を迫る」だけです。

なぜここで購入をひたすら迫るのかと言うと、お客様はなかなか決断できないから背中を押す必要があるからなのですね。

比較・検討に入った人は高確率で購入する人ですのでしつこくするぐらいがちょうど良いということになります。

 

認知とは集客のこと

さて、上記のステップで「認知」が入っていなかったのは、3ステップの過程を見込み客の段階に合わせるための「ふるいにかける」仕組みがなければいくら集めてもザルのように流れていってしまうだけだからです。

「認知」とは「集客」のことです。

上記の3ステップの仕組みを作り、リストを集めてから購入する人数や金額が利益の出るように計算できたなら、あとは、広告費をかけてどんどん集客していけば良いだけだからです。

つまり、「認知=集客」はお金で解決できるのです。

みなさんが集客にお金をかけることを躊躇してしまうので、上記のステップができていないからなのです。

 

このファネルと作ることで世の中には驚愕の稼ぎ方をしている人がいます。

もう1年間で1億の売上とかのレベルですね。

この記事では主旨が異なるので書きませんが、興味ある方はこの記事で読んでみて下さい。

総額100万円分の起業ノウハウを無料で勉強できた話

  この記事を読んでいるあなたは、おそらく副業でネットビジネスで稼ぎたいと考えていると思います。 現在ネットで検索してみると、大量の稼ぐノウハウが発信されていますし、コンサルや情報コンテンツ ...

続きを見る

 

まとめ:ネットで稼ぐ方法

この記事では、お客様の層に合わせたメッセージの発信、その見極め方の基本をファネルで勉強しました。

是非、あなたのネットビジネスに当てはめて考えてみてください。

そして、このファネルの作り方や各段階の見込み客層に合わせたメッセージ配信などはマーケティングの手法DRM(ダイレクトマーケティングレスポンス)からきていますので、次の記事はとても重要です。

  • この記事を書いた人

稲川 勤

自身の整体院が月商250万をあげた集客、販促のノウハウを教える専門家。WEB集客・メルマガ販促などの知識を発信しています。

-ネットビジネス起業

© 2021 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5