ネットビジネス最強のDRMで稼ぐ|ダイレクトレスポンスマーケティング

2019年12月26日

ネットビジネスのやり方はこれに絞れ|原理原則はDRMだけ

 

の記事は、現在、

  • DRM 稼ぐ
  • DRM やり方
  • ネットビジネス DRM

など、さまざまなキーワードで検索順位が1位になっています。(2021年10月)

 

DRMが分かるとあらゆるネットビジネスで収入をあげることができるマーケティングなんです

 

見込み客には段階があり、その全ての段階の層に同じメッセージを発信してしまっていることが売れない原因となっています。

見込み客の段階が分かれば、それぞれの層に合ったメッセージを配信することができて、セールスも確率が上がり、なおかつ取りこぼしもなくなるわけですね。

 

多くの成功している起業家のやっているネットビジネスの基本はマーケティングの手法DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の考え方から来ています。

 

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)をざっくり言ってしまうと、

 

DRMとは

見込み客を集める→集客(メルマガ)

見込み客を教育(ファン化)する

その後にセールスする

 

このステップを経るマーケティングをすることで売上が何十倍にまで増えることが分かっているんです。

メルマガに誘導してから売ることで簡単に売れるようになります。

現に私はセールスライティングを勉強してメルマガでセールスするマーケティングに切り替えてから、35,800円のコンテンツを1ヶ月に130人に販売することに成功しています。

1ヶ月で35800円のコンテンツを130人に販売したセールスライティング

 

このマーケティングの部分はとても重要なので、この記事では、できる限り初心者でも分かりやすいように書いていきます。

ネットビジネスで稼ぐマーケティングの方法を以下の順番に説明しています。

 

 

ネットビジネスの基本的な方法
DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とか聞いたことがないかもしれませんが、基本的にネットビジネスが儲かるのは効率の良さが特徴です。

この効率はDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の手法を取り入れるからこそ起るのです。

簡単に言ってしまいますと、「労働集約型のビジネス」から「効率型のビジネス」に変えてくれるマーケティングですので、とても重要だと思ってください。

今も昔も常に最新の稼ぎ方はDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)なのです。

 

従来型ビジネスのマーケティングの手法

飛び込み営業やテレアポなどのプッシュ型のスタイルで、営業力が問われるマーケティングのやり方でした。

ですので、営業力、そしてセールス能力、さらにはそれらに対しての不屈の精神力と努力が必要であり、それが無い人は売上があげれませんでした。

 

ネットビジネスをやっている人でも、いまだにこの従来型のマーケティングでやっている人がいます。

例えば、facebookやInstagram、Twitterなどで大量にフォロー申請をして、メッセンジャーやDMなどで挨拶して一方的に誘うなどというマーケティングの手法ですね。

ほとんど成功しないのに。

 

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)のやり方

お得情報やDMやWEBサイトなどの広告を使い、反応が来た人だけを相手にする効率型のマーケティングの手法です。

スルーされた人は相手にしません。

ですので、サービス提供側の労働は極限まで少なくなります。

 

  • 今すぐ客
  • お悩み客
  • そのうち客
  • まだまだ客

この見込み客の4つ段階に合わせて最適のアプローチをすることでセールスの成功確率が上がると分かっています。

 

簡単に言いますと、

 

  • 今すぐ客→すぐに商品紹介します
  • お悩み客→価値提供してから背中を押します
  • そのうち客→集客・教育してから商品紹介します
  • まだまだ客→問題の理解をさせてから教育を経て商品紹介します

 

このように見込み客の段階に合わせてアプローチは変える必要があるのです。

それを可能にしたのがDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の手法となります。

 

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)
を使ったネットビジネスの基本

集客→教育(ファン化)→セールスという順番のネットビジネスの基本のやり方となります。

 

step
1
集客

文字通りお客様を集めることですが、店舗などの集客の意味合いと違い、この集客は見込み客を集めるだけです。

そして、その見込み客に今後アプローチできる顧客情報が必要で、顧客情報が取れない集客は意味がありません。

なぜなら、この後の「教育(ファン化)」のフェーズがおこなえないからです。

ネットビジネスでの集客のやり方は、次の1つだけに絞ります。

 

ネットビジネスにおける集客

メルマガのリストを取ること

 

そして、このリストに対してメッセージを配信して「教育(ファン化)」をおこなっていきます。

通常、集客は「買いたい人をピンポイント」に絞り込んで集めますが、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)での集客は、ターゲットを広めにとって集めます。

なぜなら、見込み客の悩みや問題点は幅広く、あなたのサービスや商品で解決できるものは、こちら側が思っているより数が多いからです。

見込み客自身があなたのサービスや商品を購入したいと思えるかどうかは、その後の「教育(ファン化)」の過程で決まりますので、ここではあまり狭く絞りこまずに集客します。

ですので、集客の数も増えますね。

 

step
2
教育(ファン化)

ここでは、メルマガを使います。

メルマガで発信するのは次の内容です。

 

メルマガで発信する内容

  • 見込み客の問題点と隠れた気づき
  • 見込み客の悩みと隠れた気づき
  • あなたのサービスや商品についての前提条件を共有する
  • あなたと見込み客の価値観のすり合わせ
  • 見込み客のステージを順番に引き上げる

 

これらの内容をメルマガで発信していき、興味を持ち「比較・検討」に入った人だけ相手にします。

その際、見込み客側からアプローチさせますので、あなたは売り込みをしなくて大丈夫です。

 

このDRMを使ったネットビジネスのマーケティング手法は、もう1つ利点があり、それは、ホームページやチラシなどよりも段違いに見込み客へ届くメッセージのボリュームが多いということです。

つまり、例えばあなたが従来型のやり方でビジネスをしているとして、集客した見込み客に対してアポを取り、実際に話す時間などは限られているわけなのですが、メルマガではその何倍ものボリュームを制限なく送りつけることができます。

 

そして、見込み客側は送られてきたメッセージを勝手に読んで、勝手に判断しますので、あなたの送ったメッセージを気に入った人しか反応してこないのですね。

ですので、従来型のットビジネスのマーケティングのやり方より格段に多いボリュームのメッセージを頭に入れた見込み客の中から、さらにそれが良いと思った人だけ申し込んでくるので「ほぼ」売れます。

 

ブログやサイトなどで一発で売ろうとするのではなく、メルマガを通して売るだけで簡単に売れるようになります。

自分のコンテンツであろうがアフィリエイトであろうが売れるようになるのです。

メルザップの彦坂さんが「メルマガ集客の教科書」というので初心者向けの無料動画たくさん出していますので参考にしてください。

わかりやすいメルマガ集客の教科書

 

とても楽なネットビジネスのやり方に変わります。

 

step
3
セールス

そして、セールスの段階にようやく入りますが、ここであなたがやることは「何も」ありません。

なぜなら、教育(ファン化)された見込み客の中から、すでに「購入したいと思った人」しか申し込んで来ないからですね。

ということは、もうセールスページだけ作って案内しておき、そこに決済フォームまで付けておけば、決済まで終わってしまうのです。

ファッションの通販サイトのようなものです。

あなたのセールス力はゼロで構いません。

私なんてネットビジネスでは売ることができても、実際に会ったら何も出来ないタイプの人ですからね。

 

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)のメリット

ここまででDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の基本的な意味や流れは分かってきたと思います。

セールスでうまくいない最大の理由は、

 

見込み客の段階を無視して全員に同じ宣伝をしている

 

ことにあります。

 

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)のメリットは次のもの。

 

DRMのメリット

全ての見込み客の層に最適なアプローチができる

これによって今すぐ客以外の購買層が増える

今すぐ客以外の90%の層が将来の売上に繋がる

 

いかがですか?

 

みなさん「今すぐ客」しか狙っていないところを、

 

  1. 集客
  2. 教育(ファン化)
  3. セールス

 

に分けることによって将来の売上は何十倍にも変わってきてしまうのです。

 

残り90%の見込み客を得ることによってあなたの売上が何十倍にも増えることがDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の最大のメリットと言えるでしょう。

 

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)に必要なツール

ではここからは具体的なマーケティングの手法を紹介していきましょう。

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)に必要なツールは3つだけです

 

集客用のLP(ランディングページ)

教育用のメルマガ配信スタンド

ブログかSNS

 

これだけです。

 

この3つのツールを揃えてから、次の順序でセールスまでを行います。

 

セールスまでの順序

ブログかSNSで発信していく

集客用のLPからメルマガのリストを取る

メルマガで教育(ファン化)してセールスする

 

このような順序となります。

では、私のオススメする初心者でも成功しやすいツールを紹介していきましょう。

 

集客用のLPの作成ツール

集客用のLPはメルマガのリストを集めるためだけに特化したWEBページのことです。

このメルマガリストを取るためのページはあまり長くないほうが良いです。

よく縦に長い長文のLPを見かけますが、ほとんど読んでもらえません。

あなたのメルマガの内容に「興味のある人」だけを集めれば良いですので、短く単的なLPを作成してメルマガの登録フォームを設置しておけば大丈夫です。

 

オススメのツールは次のもの。

 

無料のツール

ペライチ

ペライチは多くの人が使っているLPが簡単に作成できるツールです。

ここにURLでメルマガ登録フォームをリンクさせておく方法ができます。

難点は、無料版ですとメルマガ登録フォームのタグを埋め込むことができませんのでリストを取る数が少し減ります。

つまり、ページの中に登録フォームが設置できません。

タグを設置する場合は別途で月額550円の契約してくださいってことらしいです(笑)

毎月550円をそのためだけに支払うのも微妙ですが、まずは無料で作成したいという方向けになります

 

有料のツール

最短3分でLPが作成できるテンプレート Colorful(カラフル)

これはWordPressのテーマになります。

WordPressは、世界中で使われているブログなどのサイトです。

WordPress自体は無料で使えますが、別途サーバー契約が必要になります。

Colorful(カラフル)を使えば素人でもプロ並みのLPが簡単に作成できますのでオススメです。

日本のLP作成テンプレートで一番売れていますね。

 

レンタルサーバー

WordPressを使って全ての仕組みを作ってしまうのが一番簡単ですが、その場合レンタルサーバーを契約しないといけません。

レンタルサーバーは、ブログやLPなどをWEB上に公開するのに必要なサーバーを借りるということです。

このレンタルサーバーは、とても種類が多いんですが、だいたい月額900円くらいで借りれます。

まだ初心者の方は理解できない部分もあるかもしれませんが、レンタルサーバーで一番重要視することは「表示スピード」になります。

2秒以内で表示されないサイトのページはユーザーが離脱率が極端に高まることがデータででていますので、表示スピードを重視した上で私のおすすめはエックスサーバーです。

エックスサーバー

一番安い×10プランで良いと思います。

私もエックスサーバーを使っていますが、エックスサーバーの良い点は使い方が初心者でも分かりやすいのと、質問に答えてくれるサポートなどもしっかりしているところですね。

 

メルマガ配信スタンド

メルマガを配信するためのスタンドが必要です。

これもたくさん種類がありますが、重要視するのは「到達率」になります。

到達率が低いスタンドを使ってしまうと、どれだけリストを集めてもメッセージが届かないので売れなくなってしまいますね。

実はこの到達率、どの配信スタンドでも最安値プランは到達率がめちゃくちゃ低くなっています。

これは、「共用サーバー」を使わせることによってスパムとみなされるケースが多くなるからです。

深いことは分からないという方でも安心してオススメできるのがマイスピーです。

 

マイスピー

MyAsp マイスピー

マイスピーの独自ドメインが使える「パーソナルプラン月額6,600円」が一番良いです。

このマイスピーの最大のメリットは、PayPalやStripeなどのクレジット決済サービスとの連動ができて、

集客→ステップメール→セールス→決済→納品

この一連の流れが自動化できることです。

これができるのは国内の配信スタンドではマイスピーだけなのです。

迷った方やよく分からないという方はマイスピーのパーソナルプランにしておけばOKです。

 

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)のやり方

具体的に、もっとDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)のやり方を紹介しましょう。

 

「集客→教育(ファン化)→セールス」の過程を、”あること”を勉強すれば全て自動化できます。

 

その”あること”とは、「ステップメール」です。

労働集約型ビジネスのマーケティング手法を、超効率型のビジネスのマーケティング手法に変えれる最強のツールが「ステップメール」ということになるのです。

 

通常のメルマガでは、あなたが書いたメールを一括配信することで読者に届くわけですが、永遠に配信続けなければいけません。

 

ステップメールでは、

 

  • 登録した直後
  • 2日目の20時
  • 3日目の20時
  • 4日目の20時

 

というようにあらかじめ設定しておけて自動的に配信してくれるのです。

 

つまり、あなたはステップメールを使えば、

 

メルマガの読者を集めるだけで良い

 

状態になるわけです。

 

ステップメールの威力はそれだけではありません。

 

ステップメールの威力

集客

ステップメール

セールス

クレジットカード決済

納品

フォローメール

ステップメール

セールス

 

このように全ての過程が自動化できるのです。

 

世の中にはこのネットビジネスのDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を使って驚愕の稼ぎ方をしている人がいます。

もう1年間で1億の売上とかのレベルですね。

 

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)は簡単ではありませんが、勉強して時間をかけて仕組みを作ることができた人は、少なくとも私レベルの月130万ほどの売上は可能になります。

ネットビジネス成果

 

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で勉強すること

基本的にツールは揃えれば良いだけですので問題ありません。

問題は、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の核となるステップメールを勉強することが必要です。

 

稼いでいる多くのマーケッターがステップメールを使っていますし、私自身もステップメールを導入してから飛躍的に収入を上げることができました。

 

ステップメールはライティングのスキルですが、ライティングは「言葉」を深く理解することです。

例えば、今すぐ客をターゲットにする場合、

 

  • 欲しがっている情報
  • 価格
  • 使用者の口コミ
  • 購入するメリット

 

これらを書いて即売るための言葉を書かなければいけません。

逆に、まだまだ客をターゲットにして将来の見込み客を育てていくには、

 

  • 問題点を理解させること
  • 問題点の解決に必要なこと

 

このようなことを書いていかないといけません。

 

見込み客の段階に合わせて文章を変えるスキルが必要になってくるということですので、勉強する内容はかなりボリュームがあります。

 

さらには、

 

メルマガに登録させる前にLPに書く誘導文句

 

これだけでも「今すぐ客」なのか「まだまだ客」なのかを分けることも可能なのです。

 

私もステップメールをさまざまな教材で勉強してきましたが、その経験からこれだけ勉強しておけばいいという教材を紹介しておきます。

 

おすすめの教材

ステップメールの教科書

この教材は深いです。

色々な教材を買って勉強してきましたが、他の教材と違って専用のチャットのグループで添削が受けられるんです。

このチャットグループにはとても多くの人が添削を受けていて、それらの人たちがどれだけ考えながら文章を作っているかが分かります。

女性も多く、ダメ出しされて修正してを繰り返しながらスキルアップしていく環境になっているんですね。

言葉についての深さを学べますし、他の人の事例を見ることもできるのでモチベーションも上がります。

数あるステップメールの教材の中で、私のオススメはこれだけです。

 

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の基本まとめ

ネットビジネスのやり方はDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を使わずしてありえません。

あなたがネットビジネスで稼ぎたいのであれば、このDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の考え方に沿って構築していけば楽になるでしょう。

ブログやサイトなどで一発で売ろうとするのではなく、メルマガを通して売るだけで自分のコンテンツであろうがアフィリエイトであろうが売れるようになるのです。

動画でわかりやすく勉強したいという人は、メルザップの彦坂さんが「メルマガ集客の教科書」というので初心者向けの無料動画たくさん出していますので参考にしてください。

わかりやすいメルマガ集客の教科書

  • この記事を書いた人

稲川 勤

自身の整体院が月商250万をあげた集客、販促のノウハウを教える専門家。WEB集客・メルマガ販促などの知識を発信しています。

-ネットビジネス起業

© 2021 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5