ホームページから集客できない原因|抜けているターゲットの悩み設定

2020年1月29日

ホームページから集客できない

 

 

くの場合、ホームページは作ってみたものの、集客できない状況となっています。

そして、ホームページの制作会社を変えようかと検討したり、デザインが悪いから集客できないのではないかとリニューアルを検討したみたりと、色々考えていると思います。

 

しかし、断言しますが、制作会社を変えたり、リニューアルしてもきっと集客できないことになるでしょう。

 

これは、制作会社の問題やデザインが悪いということではなく、ホームページ集客の知識が無い人が依頼して制作してもらっても、それは集客できるホームページにすることは不可能だということなのです。

この記事では、ホームページで集客できない原因を書いていきますので是非参考にしてください。

 

ホームページから集客できない原因

ホームページから集客できない原因から書いていきますが、基本中の基本は次の4つです。

 

ホームページから集客できない原因①お客様の悩みに緊急性がない

見込み客には4つの段階があります。

 

見込み客の4つの段階

  • 今すぐ客→1%
  • お悩み客→9.5%
  • そのうち客→9.5%
  • まだまだ客→80%

 

今すぐ買いたい人は全体の中で1%しかいないのですね。

ホームページは直接集客ですので、この中の「今すぐ客」の1%だけを狙う集客方法なのです。

それなのに、「お悩み客」や「そのうち客」に対してまで、商品やサービスの良さを説明して集客しようとしているのでボケた広告になってしまっています。

 

つまり、ターゲットが広すぎて専門性が無いホームページになっているということです。

 

では、どうしたら刺さる広告になるのかと言えば、狙うお客様の層を1つに絞れば良いのです。

それは、

 

狙う層のポイント

緊急性のある悩みのあるお客様に絞る

 

ということになります。

この「緊急性」の無いお客様を集客しようとすると、広告自体が「イメージ広告」にしかならず、しかも仮に集客できたとしても「安い」お客様しか来ません。

緊急性のある人は、「今すぐ」にでも解決しなければならないので「高いお金」を払ってでも解決しようとするのです。

これがホームページ集客で最も大切なこととなります。

 

ホームページから集客できない原因②権威性が無い

9割のホームページは、自分で自分の商品の良さを伝え、その商品やサービスの説明を書いて申し込みフォームが付いているという形になっています。

しかし、これではホームページから集客できないことになります。

なぜなら、ホームページを見ている見込み客はおもに3つの思考を持っているからです。

 

見込み客の3つの思考

  • 見ない
  • 信じない
  • 行動しない

 

つまり、あなたのホームページでいくら商品の良さを説明したとしても、知らない人からすれば全く信用しておらず、商品説明ばかり書いてあれば読むのをやめてしまいます。

では、何が大切なのか?

あなたが、ホームページから集客できないと悩んでいて勉強するために本を探し多としましょう。

amazonで本を探してみてください。

あらためてこのような視点でやってみると分かりますが、あなたが探した本で見るところは、次の箇所になるはずです。

 

購入の際に見る箇所

  • 本の表紙
  • 本の値段
  • 本の目次
  • レビューの評価と口コミ内容
  • 書いている人

 

これだけになります。

そして、amazonの書籍販売のページにその本の良さをアピールするような箇所は設けられていません。

その本の良さの判断材料は「レビュー」だけになっているのです。

これがホームページで集客するための2つ目のポイントとなります。

 

あなたのホームページでは、自分で自分の商品やサービスの良さを書かないで、権威性で売るのです。

 

権威性のポイント

  • お客様の高評価の声
  • 他の専門家からの紹介

 

この2つだけを大きく表示していくことになります。

 

ホームページから集客できない原因③見込み客にとって欲しい行動が絞られていない

ホームページから集客できない原因の3つ目は、見込み客にとって欲しい行動です。

これは業態によって違いますが、多くの場合は「新規の予約が欲しい」と思っているでしょう。

しかし、集客とは、「見込み客にコンタクトをとってもらう」ことなのです。

ですので、「無料相談」などでコンタクトをとらせて、それに答える形でフロントエンドを紹介していくことで無駄がなくなりますね。

とって欲しい行動を1つに絞り、それをCTA(コールトゥアクション)ボタンを大きく表示して行動してもらうことです。

 

ここに見込み客側のリスクを無くす努力をしていかなければいけません。

フロントエンドで儲けようとして、少し高めの初回体験などをホームページに載せている人が居ますが、非常にもったいないと言えるでしょう。

 

どんどん無料相談を集めて、そこから商品紹介に展開させていくことが大切です。

 

ホームページから集客できない原因④テキストが多すぎる

ホームページから集客できない原因の最後は、テキスト量です。

いまだにテキストばかりのホームページが多いのですが、このスマホ時代に見込み客はテキストを読んでくれません。

スマホで見た時に、一発で分かる画像で構成していくことが大切です。

画像から画像へと下にスムーズにスクロールできないようなホームページの構成になっていなければ集客できないと言えるでしょう。

 

ここで、画像での構成にするとSEOに弱くなると考える人が居ますが、それも間違いです。

画像にしっかりとalt属性(代替テキスト)を記入してページを構成し、下層ページであるブログでホームページTOPのキーワードを押し上げる形にすればSEOには強くなりますので安心してください。

問題は、クリックされても読んでもらえない構成のほうなのです。

 

ホームページから集客できない原因まとめ

ホームページから集客できない人は、この記事に書いてあるものが抜け落ちているはずです。

この記事を参考にホームページから集客できない原因を全て潰してから制作し直すか、リニューアルすることをおすすめします。

とりわけ「緊急性のある悩み」については最も重要ですので、これについて学びたい方は次の記事が参考になるでしょう。

集客ホームページの作り方
【2021年】初心者でも集客できるサロンのホームページの作り方

  はじめに、 世の中には、集客についての情報が氾濫していますが、私が整体を8年間1人で営業してきて最終的には月間売上250万にまで達した方法はシンプルでした。 私自身も集客について多くのこ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

稲川 勤

自身の整体院が月商250万をあげた集客、販促のノウハウを教える専門家。WEB集客・メルマガ販促などの知識を発信しています。

-ホームページの集客

© 2021 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5