【アメブロの見出しの使い方】ブログを検索に強くしよう!

2020年1月23日

【SEO】アメブロの見出しタグ

 

メブロでも、必要な対策をしていけばインデックスに登録される可能性がグッと高くなります。

 

もちろん大切なのは「タイトルのつけ方」と「選ぶキーワード」となりますが、それ以外にも基礎として「見出し」というものがあります。

この記事ではアメブロのSEOにおける「見出し」のつけ方を紹介していきます。

 

見出しをうまく使うとブログが検索に強くなり、アクセスが増えます。

 

アメブロの「見出し」の重要性

検索エンジンの仕組みが、ほぼgoogleである以上、アメブロでもSEO対策ではgoogleのルールに沿ってやることが大切です。

 

googleのAIロボットがあなたのアメブロを巡回しに来た時に、この記事は「何の内容」なのかをロボットに知らせる役割が、文中に使う「見出し」なのです。

 

アメブロの見出し

  • 記事タイトル
  • 大見出し
  • 中見出し
  • 小見出し
  • 段落

 

この5つになります。

記事タイトルはそのままの意味ですが、「大見出し」から「段落」までの使い方は、順番を守るというルールだけです。

 

見出しの順番

中見出し→大見出しの順番はダメ。

大見出し→中見出し→小見出し→段落

 

このように順番を守るだけです。

これがgoogleのロボットに文章を理解してもらうための書き方ですので重要なのですね。

 

アメブロの見出しにはキーワードを含める

アメブロのSEO対策として、見出しに狙うキーワードを前半部分に必ず含めるということが大切です。

 

あなた今読んでいるこの記事の見出しにも必ず前半部分に「アメブロ 見出し」というキーワードが入っていると思います。

特に、「大見出し」には必ずキーワードを前半部分に含めましょう。

 

これと同じことをアメブロでもやらないとロボットがキーワードを認識してくれないのですね。

狙うキーワードが「アメブロ 見出し」なのに、見出しが、

 

ダメな見出し

検索で上位に上げるには見出しが大切

 

などとキーワードを含めていなければロボットは認識してくれません。

上記の見出しだと多分、「検索上位 見出し」というキーワードで認識されてしまいますので表示結果が違ってきてしまうのです。

 

アメブロの見出しの使い方

アメブロでの見出しのつけ方を解説していきます。

まず記事作成を開いて、見出しを書きます。

今回は「なぜお顔が老化していくのか?」という見出しにしてみましょう。

 

まずアメブロの記事作成画面で見出し文章を入力

 

「なぜお顔が老化していくのか?」という見出しを範囲指定します。

そして上の見出しアイコンの選択をクリックし、

 

大見出しを選択する

 

上のアイコンから「大見出し」タグを選択します。

すると以下の図のように大見出しになります。

 

大見出しが表示されました

 

次に本文を書き、大見出しの内容に小さな分類が必要な時だけ「中見出し」をつけます。

 

分類が必要な時のみ中見出しをつける

 

同じように範囲指定します。

 

今度は中見出しを選択

 

中見出しを選択してクリックする。

 

中見出しが設定されました

 

正直、小見出しと段落は通常使用しませんが、どうしても長文で細かな説明や分類が必要な時だけ中見出しの中に小見出しをつけることになります。

 

同じように小見出しの文章を入力する

 

範囲指定して小見出しを選択。

 

小見出しが設定されました

 

このようにアメブロのSEOでは、見出しの順番を守るように書くことが大切です。

 

アメブロの見出しに含むキーワードの量

 

よくネットでSEOのことを調べていると、見出しに自然にキーワードを含めないとスパムとみられる可能性が高いと書いてあったりします。

 

ですので、googleにスパム認定されないようにキーワードの過度の使用を控える人も多いのですが、実は現実は今のところそうなってはいません。

 

現在の検索では、見出しにしつこくキーワードを入れた記事が上位に上がってきているのですね。

 

例えば、「カルロスゴーン 資産」と検索してみると、次の記事が上位に上がってきています。

カルロスゴーンの総資産は2300億円?年収や日本とブラジルの自宅も!

 

この記事をみてもらうと分かりやすいのですが、大見出しにも中見出しにも全て冒頭にカルロスゴーンと入れています。

明らかに文章として自然ではありませんよね。

 

しかし、このようなあからさまなキーワードを見出しに含んだ記事が検索上位に上がってきている現実があるのです。

今後は変わっていくと思いますが、今の段階では、googleは日本語の細かな「比喩」や「例え」「ニュアンス」などを全て理解できているわけではありません。

 

日本語は世界で最も難しい言語と言われているくらいですので、それも仕方がありませんね。

この記事のように見出し全てにキーワードをしつこく盛り込むぐらいで、ようやくロボットがその記事の内容とキーワードの合致を認識してくれるという感じです。

 

私のこの記事も「アメブロ 見出し」というワードを全ての見出しタグの冒頭に入れています。

 

アメブロの見出しの使い方まとめ

 

この記事ではアメブロのSEOにおける「見出し」の重要性と設定の仕方を書いてきました。

アメブロのSEOについては、「記事タイトルのつけ方」や「キーワードの選定」も大切ですので、次の記事が参考になるかもしれません。

アメブロ集客法|集客できない原因・記事の書き方・アクセスアップの方法
アメブロの集客法【最新版】集客からセールスまで徹底解説した教科書

  初めにお伝えするのですが、あなたがアメブロの記事をいくつ書いてもアクセスがほとんどなく嘆いているとしたら、それはもしかしたら、やり方を間違えているだけなのかもしれません。 この記事を最初 ...

続きを見る

【アメブロのSEO対策】検索エンジンからアクセスを集めるやり方

  SEOにアメブロは弱いなんて、聞いたことありますよね? しかし、結論から言ってしまいますと、SEOに強いか弱いかはツールの問題ではありません。 ワードプレスがSEOに強いツールだから、そ ...

続きを見る

【アメブロのタイトル付け方】検索に強くなりクリックされるタイトル

  アメブロは検索に弱いのはわかっているとは思いますが、それでもアクセスを上げていく方法はあります。 検索に弱い理由の1つとして、「インデックス(検索上に現れる)数が制限されている」というこ ...

続きを見る

集客できるアメブロの記事の書き方
【アメブロの書き方】記事の書き方と読まれる文章にする簡単なコツ

  アメブロで記事の書き方には工夫が必要です。 アメブロで集客がうまくいっていない人は、   アメブロの集客 アメブロでは直接集客しないこと 集客の定義はメルマガの読者を集めるだけ ...

続きを見る

SEOで重要なXMLサイトマップ
【アメブロで稼ぐ】主婦でも稼げる仕組みの作り方はこれです

  初心者がアメブロを使って稼ぐには少し勉強が必要かもしれません。 なぜなら、アメブロは無料で手軽に始められる媒体である以上、初心者が最初に手をつけるものだからです。 無料で手軽に始められる ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

稲川 勤

自身の整体院が月商250万をあげた集客、販促のノウハウを教える専門家。WEB集客・メルマガ販促などの知識を発信しています。

-アメブロでビジネス

© 2022 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5