【facebookの集客方法】集客効果を最大にする拡散方法とは?

2019年9月5日

SNS拡散マーケティングの威力!facebook集客

 

客のやり方は無数にある中で、facebookやinstagramなどSNSで拡散させて集客する方法があります。

これはみなさんの考えているほど簡単ではなく地道なやり方で続けていく必要があることを理解しなければいけません。

 

一番大切な部分はDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)のスキルを身につけることですが、毎回Facebookの投稿内で商品案内などをしている人は、ほぼ売れません。

メルマガに誘導してから売ることで簡単に売れるようになります。

現に私はセールスライティングを勉強してメルマガでのセールスに切り替えてから、35,800円のコンテンツを1ヶ月に130人に販売することに成功しています。

 

ステップメールで
売れていない人は必見

ステップメールの教科書
バカ売れの極意を真面目に学べる教材

ステップメールの教科書

35,800円のコンテンツを月130人に販売

298,000円のコンサル商品を月5人成約

私のような初心者でも成果が出始めたのはステップメールを学んでからでした

特典付きレビューを見る

この記事ではfacebookに絞りその効果的な方法を書いていきます。

 

      <クリックできる目次>

まずfacebookの集客には壁がある

facebook集客の最初の壁とは?

 

facebookを使って集客していこうとする場合に、壁となるのはみなさん口をそろえて言うのですが、

 

  • 友達にバレたくない
  • 友達に冷やかされる
  • 会社に知られたらまずい
  • 知られたくない人がいる

 

このようなSNSならではの問題があり踏み込めない人が大勢いるのですね。

この問題について解決するのは簡単です。

はい、以下のようにしてください。

 

もう1つアカウントを作る

 

これでOKです。

踏み込めないで止まっている時間がもったいないのでサクっともう1つ「ビジネスで使うアカウント」を作ってしまい、そこに自分の友達は入れないようにしてしまいましょう。

 

facebookのアカウントには2つある

あなたが新しく作るべきアカウントは2つあります。

  • 個人のアカウント
  • facebookグループのアカウント

友達とは別の個人のアカウントを作りますよね?

そうしたら次にその名前のfacebookグループのアカウントも作ってください。

アカウントを作ったらfacebookの方から勝手に案内が流れてきますので、それに沿って作れば良いので簡単です。

 

2つのアカウントの役割

それぞれのアカウントの役割は違います。

個人のアカウントの役割

  • ビジネス用の発信
  • ブログなどの更新のお知らせ

facebookグループ

facebook広告を出す時に必要なアカウント

このような役割となります。

 

facebook集客でよくやる間違い

facebook集客の間違いを理解しよう

 

直接的な売り込み

最も多いのがこれです。

facebookの記事をアップするたびにお店への誘導や販売などをしている人を見かけます。

と言うより、ほとんどがこれです。

SNSでは見向きもされなくなりますね。

 

私の自慢

 

これも多いです。

男性に多いのが、自分がすごい人だと言う自慢をアップしている人。

一番多いのが、自分の業績の良さや過去の実績のすごさをアピールしている例。

直接的な自慢ではなくても、実績のすごさをアピールしている時点で読者からは自慢と捉えられていることを知らないのですね。

次に多いのが女性の「自撮り綺麗アピール」です。

「綺麗」や「可愛い」が共感を産むことは間違いありません。

特に美容などの業界の人や共感を売り物にしている業界の人には必要なことであることも間違いありません。

でも明らかに「褒められたい」と言う認知欲求を満たすためにやっている人が多いのも事実です。

言っておきますが「自撮り綺麗」を売りにするのは危険だと知っていますか?

それをやっていると「ロクでもない人」しか集まってこないのです。

 

友達申請してきてOKするといきなりメッセンジャーでLINE@登録してください

 

これ多いのですが、どこかの塾かなにかで習ってるんでしょうね。

ほぼ同じ内容のメッセージが来るんですよね。

きっとテンプレートがあるのでしょう。

仮想通貨とかの投資系の人に多いですが、全員同じ内容のメッセージが来るのですからやめたほうが良いですね。

 

いきなり異性の人からお会いしませんか?

 

女性が男性の人にいきなりメッセンジャーで食事に誘われてお仕事のお話を聞かせてもらえませんか?とメッセージが来るのはよくあることらしいですね。

間違いなくこのような男性からの誘いはお仕事のことではありませんので展開はわかりますよね?

まぁ私は人生で異性からお会いしませんか?と誘われた経験はもちろんゼロなので逆に誘われてみたいですけどね。

 

facebook集客で気をつけるべきポイント

facebook集客のポイントをおさらい

 

さて、facebookで集客する前に気をつけるべきポイントを伝えますが、それはfacebookとはなにか?を知ればわかります。

 

facebookとはなにか?

 

「友達や同僚,同級生,仲間たちと交流を深めること」を目的としている

引用:コトバンク

つまり、facebookに登録している人達は「友達や同僚,同級生,仲間たちと交流を深めること」をしているわけで、そこに広告が出てきたり売り込みされたりなどははっきり言って迷惑なのですね。

そこをまず理解してから始めます。

つまり、

 

「交流を深めること」という手間は省けない

 

交流をしないで一方的に発信だけしていても誰にも見向きもされないということになります。

これを理解しないでブログを書くかのように記事を書いているだけの人がほとんどなのですね。

ホームページ、ブログ、メルマガ、SNSなど全て読者は層も使用用途も違うのですから、全部を同じやり方をしているなら上手くいくわけはありません。

 

facebook集客はまず友達を増やすこと

facebook集客は見込み客を集めること

 

「見込み客」しか友達にしない

 

ビジネスでfacebookを使っていくのであれば、この場合、「見込み客」になる人しか友達にしません。

友達申請が来たとしても「この人は見込み客になるのか?」を考えて許可するかどうかを決めてください。

「見込み客」の周りには見込み客が多く居ますし、「見込み客にならない人」の周りには見込み客にならない友達が多いのですから無駄になります。

 

友達の増やし方

 

見込み客としての友達の増やし方です。

検索窓であなたの同業の人達を探してください。

そして、その同業の人の出している記事のコメント欄を見て「共感している」もしくは「興味を持っている」コメントをしている人に友達申請を送っていきます。

これはとてつもなく手間がかかりますが仕方ありません。

見込み客を探しにいくのですから労力はかかるに決まっているのです。

 

友達が700人を超えると勝手に友達申請が集まってくる

 

地道に見込み客に友達申請を続けていきながら、友達が700人を超えてくると勝手に友達申請が来るようになりますが、ほとんどは売り込みなので、その人のプロフィールや記事内容を見てみて「見込み客になるな」と思ったら申請を許可してください。

そうでなければ申請削除してください。

 

facebookのプロフィールに書くこと

facebookのプロフィール

 

ビジネスでfacebookを使うならプロフィールは大切です。

 

あなたのキャッチコピー

 

2行ほどで、

  • あなたが何をしている人なのか
  • 読み手に何を与えているのか

書いておく必要があります。

いわゆるあなたのキャッチコピーですね。

プロフィール例

  • 治療院の売上を安定させるやり方を無料で教えています
  • 累計1200店舗のアメブロ集客を成功させたノウハウを教えるコンサルタント
  • なりたい自分になるセルフブランディングをプロデュースする専門家

こんな感じでウリを短く書いておくと良いですね。

 

あなたのメルマガ登録フォーム

 

facebookでは直接売り込みや販売は効きません。

facebookでは、メルマガの登録者を増やしていくことだけに特化していき、メルマガに発信してセールスを成約させていきます。

ですので、プロフィールのURLリンクを貼るところにあなたのメルマガの登録フォームを貼ってください。

 

ステップメールの教科書
バカ売れの極意を真面目に学べる教材

ステップメールの教科書

35,800円のコンテンツを月130人に販売

298,000円のコンサル商品を月5人成約

私のような初心者でも成果が出始めたのはステップメールを学んでからでした

特典付きレビューを見る

 

facebookで発信するべき内容

facebookで集客するための発信

 

発信することは「ブログ記事」の紹介だけ

 

基本的にあなたが発信することは「ブログ記事」の紹介だけ

アメブロでもワードプレスのブログでも構いませんが、ブログの記事をシェアするだけにしてください。

ブログ記事にももちろんメルマガの登録フォームは貼っておいてください。

 

発信をブログ記事の紹介だけにする理由

 

コンテンツというのは、そんなにたくさん作れないんですね。

メルマガ、ブログの2つだけでいっぱいいっぱいです。

できればブログの方はキチンと導線を作った100記事ほどのブログを完成させてしまって放置できるようにして、日々書くのはメルマガだけという状態にした方が良いですね。

ブログ、メルマガ、SNSと全ての媒体のコンテンツを別々に作るなら必ず挫折します。

facebookで発信するのはブログ記事の紹介だけに絞るべきです。

見出しタグはユーザーと検索エンジンの両方に分かりやすくする目次のこと
【ビジネスでメルマガを使うべき理由】高単価ビジネスの必須ツール

  この記事では、個人がビジネスで勝つならメルマガを使ったビジネスモデルが最強と言うテーマで書いていきます。   そして、安い商品を数多く売っていく考え方がいかに危険であなたの失敗 ...

続きを見る

 

facebook集客で発信よりも重視すること

facebook集客で大切なポイント

 

facebook集客が成功する要因として最も重要なポイントがこれになります。

これをやらなければfacebookでは集客できません。

 

他人の記事のいいね!を押す

 

これはジョーダンではありません。

他人は自分のアップした記事にいいね!が付くかどうかが気になるのです。

いいね!を常に押してくれている人のことは好感を持つというfacebookならではの特性がここに現れていて、いいね!を押すことであなたがその人の記事を読んでくれていると認識してくれて、あなたの名前を常に思い出すのです。

つまりfacebookの「いいね!」はあなたのことを思い出させる「接触効果」になるのです。

 

他人の記事にコメント回り

 

いいね!を押すと共に、あなたはコメントを書いて回る必要があります。

なぜなら、そのコメント欄にあなたの名前が表示されることによって、他の人があなたのプロフィールを見にくるからです。

ですのであなたの書くコメント内容も重要です。

周りの人の興味を引き好感を持たれるようなコメントにするべきでしょう。

 

最も大切なポイント「シェア」

 

あなたは将来、期間限定のメルマガの登録キャンペーンなどで短期間にメルマガ登録者を増やすことができます。

その時にどれだけ多くの人にシェアやいいね!をもらって拡散されていくのかを決めるのはこれをやっているのかどうかということになります。

それは、他人の募集記事のシェアです。

他人がメルマガ登録キャンペーンをやっていたりセミナーの募集などの記事を出していたら以下のようにシェアしてあげることです。

  1. あなたの丁寧なオススメ紹介コメント付きで
  2. その人をタグ付けして
  3. シェアする

これをやることで、その人はあなたに「ありがとうございます!」と言ってくるし、あなたに好感を持ちます。

そして、あなたが将来キャンペーン記事を出した時に同じようにシェアしてくれるのです。

このような協力者を何人作れるのか?

これは、あなたが「先にしてあげること」でしか作れませんし、普段からシェア、いいね!コメントなどで交流を持っていない場合、facebookでは拡散されません。

つまりfacebook集客で最も大切なポイントはこうなります。

 

返報性の原理

 

先にたくさんの人達に協力することで、将来あなたも利益を得る。

この考え方がfacebook集客です。

 

友達を絞るからこそ効いてくる

 

前述で「見込み客しか友達にしない」と書きましたが、見込み客となりそうな人しか友達にしていないわけですから、あなたがその見込み客にいいね!を押したりコメント回りをした場合には、見込み客の周りにいる見込み客が大勢出てくるのですね。

ですので通常のプライベートの友達しかいないfacebookアカウントでやるのとはわけが違い、見込み客集めに効いてくるのです。

このいいね!クリックとコメント回りをやらなければfacebokでは集客できません。

 

広告費が無い人こそfacebook集客

facebook集客は有効な広告ほ手法

 

これはなんとなくイメージは持っているかと思いますが、お金が無いなら労力をかければ売上を上げることができます。

例えば、ワードプレスでブログを立ち上げて毎日1記事を丁寧に書いていって半年で180記事かけば検索であなたのブログは上位に上がってきますので集客できますし、ホームページを自作で立ち上げて勉強していきながら、これも検索で上位に上げるとかもできます。

 

でも、専門家じゃないから「そんなことできない」と言って何もしていないだけかもしれません。

「お金はかけない」「労力もかけない」ではちょっと厳しいですよね。

私の場合、昔はお金がなかったので労力をたくさんかけてきました。

 

整体のお店のLP(ランディングページ)を60枚くらい作ってリリースしたり、アメブロ毎日書いたりとか、チラシを自分で月に1万部ポスティングしたりとか、今から考えると知識がなかったのでとても非効率的なことをやっていたなと思いますが、それでも勉強するたびに集客数は上がっていきました。

 

整体やめてからも、メルマガ毎日書くのを連続180日とか、ブログも毎日投稿とかしてます。

あなたが集客できないのは「お金が無い」からではなく「何もしていないから」ということになりますね。

そんなあなたが本気でやる気になるのであれば、SNSを使いましょう。

そのやり方を今から教えますね。

 

facebook集客のコツ【概要】

facebook集客のコツ

 

概要

  1. 友達増やし
  2. 毎日投稿
  3. メルマガへ誘導
  4. メルマガからセールス

 

このような概要となります。

 

プライベートとは別にfacebook集客用のアカウントを作ったらまずは友達増やし

 

友達を増やしていきます。

この場合の友達は、いわゆる仲良し友達じゃないです。

当然、購入の可能性のある「見込み客」を友達にします。

 

毎日投稿

 

あなたの知識を思う存分、毎日投稿していってください。

もちろんプライベートなブログではなく、

 

読者の得になる知識

読者の悩み

ターゲットの置かれている状況

あなたの専門知識

あなたの世界観

あなたの想い

 

このようなことを毎日投稿してください。

そして、SNSではこの時点で売り込みをしたら即アウトで見向きもされなくなりますので、売り込みは厳禁です。

上記の内容しか書いてはいけません。

慣れてくると、「今日は●●に行ってきました」をビジネスに繋げる書き方も覚えてくると思いますが、まず最初はそのようんプライベート話を書くより、あなたの想いや世界観、読者の悩みに対しての答えなどを書いていくのが良いでしょう。

YouTuberでもそうですが、彼らは基本的に毎日動画をアップします。

それは、1日出さない日があるとドンと収益が下がると言う理由らしいですが、あなたも同じです。

毎日投稿することがとても大切なのです。

何よりあなたはヒマですので、それぐらいの労力は必須だと捉える切迫感が必要でしょう。

 

メルマガへ誘導

 

毎日投稿したら、投稿の一番下にメルマガの登録フォームを全て貼っておいてください。

そして、

 

●●をメルマガでお伝えしています。

是非ご登録お願いします。

 

と付けておいてください。

さらに、毎日投稿が終わった直後に、自分でいいね!を押して、コメント欄にも上記と同じ言葉とメルマガ登録フォームを貼ってください。

直後にコメントが付いたり、いいね!が押されたりするとfacebookでは投稿のランクが上がる効果がありますので、それを自分でやりましょう。

メルマガ配信スタンドを決める時の注意点
メルマガ配信スタンド|騙されるな!配信スタンド選びの真実教えます

  メルマガを配信しながら価値を提供して、その中で商品を販売していく2ステップマーケティングはとても特に高額の商品を販売する場合には効率的な手法だと言えます。 しかし、メルマガ配信スタンドも ...

続きを見る

 

この「集客」と「セールス」を分ける考え方をDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)と言いますが、多くの成功した起業家が取り入れてる手法なんです。

Facebookで一発で売ろうとするのではなく、メルマガを通して売るだけで簡単に売れるようになります。

 

メルマガを毎日書いてたまにセールス

 

メルマガに登録してもらったら、これも毎日メルマガで発信していきます。

ここも売り込みは禁止です。

セールスは期間限定を付けて、その期間しか募集しないことで読者の申し込み率が増えるからです。

普段の毎日メルマガでは売り込みは逆にしないほうが良いのですね。

募集はワードプレスなどで募集ページを作っておけば良いですが、それができない人はアメブロなどで募集ページを作っておきましょう。

メルマガで稼ぐ|書き方からリスト収集、ステップメールの作り方まで解説
【メルマガの作り方】集客できる文章の書き方と例文付きテンプレート

  今、あなたがやっている集客方法は、 ホームページやポータルサイト、ブログなどから体験を募集して、体験に来た人に売っている もしくは、 ブログなどにアフィリエイトリンクを貼って売ろうとして ...

続きを見る

 

facebook集客の全体像まとめます

facebook集客の全体像まとめ

 

全体像流れ

  1. 見込み客だけ友達申請する
  2. ブログの紹介をアップしていく
  3. いいね!をクリック
  4. コメント回りをする
  5. 他人の募集記事を丁寧にシェア
  6. プロフィールのウリを見させる
  7. メルマガに登録させる

 

余裕がでたらfacebook広告で集客

facebook集客を拡大させていく広告

 

ある程度メルマガの登録者が集まってきたら、次にfacebook広告でメルマガの広告を出していきます。

お伝えしておくと、いま世の中の広告で最も安くメルマガ登録者が集められるのはfacebook広告です。

 

最も簡単で効果的なfacebook広告の出し方

 

前述でアカウントを2つ作ってくださいと伝えましたよね?

 

  • 個人のアカウント
  • facebookグループのアカウント

 

広告では、この2つ目のfacebookグループのアカウントを 使います。

 

まずfacebookグループで投稿する

 

メルマガに登録してほしい人に向けて投稿を普通にしてください。

そして最後にメルマガの登録フォームを貼ります。

 

 

この投稿をそのままfacebook広告で出す

 

この投稿記事を広告に出すだけです。

オプトインのランディングページを作成したりする必要はありません。

私は、最初ランディングページを作ってfacebook広告に出してメルマガ登録者を増やしていましたが、テスト改善していくとどんどんランディングページが短くなり、最終的には登録フォームだけ貼っておけばいいのではないか?と思い、登録フォームだけにしたところ最高の登録者数となり、1リスト当たり670円ほどで取れるようなりました。

 

スマホだけで完了!広告の出し方

 

facebook広告は全てスマホで出来ます。

投稿の右下の「投稿を宣伝」をクリックします。

広告の設定画面が出てくるので「ウェブサイトへのアクセスを増やす」を選択

狙うターゲットや広告予算などはそれぞれ違いますので、ここでは書きません。

500円から広告を出すことができます。

 

オススメの広告予算と期間

 

500円から出せるのですが、オススメは7日間で5万円くらいです。

短期間に60件〜80件くらいのメルマガ登録者が取れると思います。(効果にはそれぞれの業態やターゲットの絞り込みなどで変わってきます)

何千円程度でチビチビやっていると広告があまり表示されず結果として広告費が増大してしまいます。

 

広告がほとんど承認されない

 

最初に広告を出しても、ほとんど承認されません。

この場合、異議申し立てをクリックしてみてください。

facebook広告はAIが管理していますので、AIが広告を未承認と判断してもfacebookの人が承認してくれるケースが多いです。

メルマガで稼ぐ|書き方からリスト収集、ステップメールの作り方まで解説
メルマガのリストを増やす3つの効果的な方法

  メルマガで発信していきながら、自分の商品を紹介して購入してもらう。 2ステップでアプローチするマーケティングは大きな売上をあなたにもたらしてくれます。   しかし、いざ2ステッ ...

続きを見る

 

facebook集客のまとめ

facebookはユーザー同士のコミュニケーションツールであるため、かなりの手間をかけられない人は集客できませんが、無料で集客したい人はこの手間を惜しむべきではないのではないでしょうか。

他人に対して「先に協力してあげること」で生まれる「返報性の原理」を利用した集客方法は今後のあなたの集客に大きく貢献してくれることと思います。

 

ステップメールで
売れていない人は必見

ステップメールの教科書
バカ売れの極意を真面目に学べる教材

ステップメールの教科書

35,800円のコンテンツを月130人に販売

298,000円のコンサル商品を月5人成約

私のような初心者でも成果が出始めたのはステップメールを学んでからでした

特典付きレビューを見る

  • この記事を書いた人

稲川 勤

自身の整体院が月商250万をあげた集客、販促のノウハウを教える専門家。WEB集客・メルマガ販促などの知識を発信しています。

-facebookの攻略

© 2022 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5