【SEO対策】ホームページの見出し|hタグへのキーワードの入れ方

2020年1月28日

ホームページの見出し|hタグへのキーワードの入れ方

 

ホームページのSEO対策として重要だと言われる見出しタグですが、ブログにおいての見出しタグの使い方は書いてある情報が多いのですね。

しかし、ホームページにおいてはどのように使えば良いのか書いた情報は少ないので、この記事ではホームページにおける見出しタグの効果的な使い方を書いていきます。

ブログと違い、hタグをうまく使っているホームページは少なく、画像やテキストの中にうまくhタグを使わなければいけません。

自然な流れで使うにはどのようにしたら良いのかがこの記事で分かるようになると思いますので是非参考にしてください。

【affinger5】SEOに強いWordPressのおすすめテーマ
【AFFINGER5】SEOに強いWordPressのおすすめテーマ

  WordPressでサイトを作る意味は「SEOで検索上位に上げるため」の他には理由がありませんね。 しかし、テーマが無数にありすぎて、とりあえず最初から付いているTwenty ninet ...

続きを見る

 

【先着100名様】ホットペッパービューティー攻略の実践PDFを無料プレゼントしています

「非常識なサロンビジネスの成功法則」という無料メルマガをやっています。

内容は、既存のやり方で今の状況から抜け出れない方へドカンと売上を上げるサロンビジネスの考え方を発信しています。

エステ・整体院をやっていて本気で勉強したい方はこちらにご登録ください。↓↓

サロン売上アップ攻略法メルマガ

サロンビジネスの成功法則 無料メール講座はこちらから

今なら、私が整体院現役の頃にホットペッパービューティーの新規からだけで月に220万の売上をあげた方法を簡単にまとめた「エステ・整体のホットペッパービューティー攻略法」という実践PDF商材(15000円)を無料でプレゼントしています【先着100名様】


1分以内に「非常識なサロンビジネスの成功法則」のメールが届きます。

※携帯のアドレスでは届きませんのでGmailもしくはyahoo!メールでの登録を推奨。

※このメルマガは必要なくなれば配信停止からいつでも解除できます。

 

ホームページの見出しの使い方

ホームページは直接集客や直接販売なのですが、今時はスマホで見られている時代ですのでテキストをあまり読んでもらえません。

一昔前のように長いテキストを書いて説明するホームページでは、まず読んでもらえず画像で構成して下にスクロールしやすい形のものが主流となってきました。

1つ1つのページを画像で構成したLP(ランディングページ化)にした形ですね。

しかし、ここで問題となるのはSEOを考えた場合、見出しやテキスト量がキチンとしていなければ検索に上がってこないということです。

そのためにも画像で構成しつつ見出しタグでgoogleのロボットにページのキーワードを認識してもらわなければいけません。

 

そこで、ホームページにおける見出しのうまい使い方を紹介しますと、画像の一部を見出しで置き換えるやり方です。

 

ホームページの見出しの具体例

サロン集客の場合、狙うキーワードと地名を必ず入れていきます。

ほとんどh2タグとh3タグだけで良いと思います。

例えば狙うキーワードが「痩身 エステ」で地名が「名古屋市」だった場合、

 

見出しタグの例

名古屋市で痩身専門のエステとして800人の施術実績があります

名古屋市の痩身エステとして多くの雑誌やメディアに取材を受けました!

名古屋市の痩身エステでラクサナゴヤが選ばれる3つのポイント

【名古屋市の痩身エステ】通いやすい6つの理由

名古屋市の痩身エステ ラクサナゴヤの施術にはこんな特徴が!

96.4%の人が効果を実感!名古屋市の痩身エステ ラクサナゴヤの効果とは?

ラクサナゴヤと他の痩身エステとの違いをまとめます

名古屋市の痩身エステ ラクサナゴヤ お客様の声

名古屋市の痩身エステ ラクサナゴヤ よくあるご質問

痩身メニューの料金

名古屋市の痩身エステ ラクサナゴヤへの行き方

 

このようにキーワードと地名を入れていくのが良いと思います。

あとは必要に応じてh2とh3タグを使い分けるだけです。

これを画像で作ってしまっているのをよく見ますが、非常にSEOとしてもったいないのですね。

画像ではなく見出しタグでキチンとキーワードを使っていきましょう。

 

【ホームページの見出し】キーワードをどれだけ入れれば良いのか?

先ほどの見出しタグの例を見て、あなたは不自然にキーワードを盛り込み過ぎなのではないか?

と思ったかもしれません。

 

これはテストが必要で、その都度、検索順位を確認しながら改善していけば良いと思うのですが、私の経験では、このぐらいキーワードを見出しに盛り込んだほうが検索に強くなると思います。

現時点では、まだクローラーは日本語をあまり理解できていません。

というより、日本語が難しすぎるのですね。

 

例えば、

 

  • 「そう言いました」
  • 「そう言われました」」
  • 「そうおっしゃいました」

 

これらは日本語として同じ意味ですが、こんな複数の言い回しの言語があるのは日本語ぐらいのものであり、比喩や例え、丁寧語、謙譲語など日本語はとても難しく、全ての内容をテキストでクローラーが理解できていません。

ですので、テキストを「文章」としてクローラーが全て理解するのは無理です。(現時点では)

 

となると、文章の流れが近いできていないのですから、テキストの中の「単語」の組み合わせで判断していると考えられます。

つまり、「単語=キーワード」をもっと入れないと理解できないと言えますね。

 

しかし、「この単語=キーワード」を文中にとんでもなくたくさん入れれば良いかと言うと、それはそれでスパムと見なされますので、そのあたりの基準がgoogleの中にあるのだと思いますが、結論として、キーワードを判断しているのは「見出しタグ」だけなのかもしれません。

実際に私は、見出しタグだけを変更して検索順位が上がっていますので、文中に含まれるキーワードと言うよりは、

 

  • 「タイトル=h1」
  • 「見出し=h2・h3]

 

ここだけにキーワードを全て盛り込むぐらいでちょうど良いのではないかと思います。

文中には適度にキーワードは入っていると思うので、見出しタグには全てキーワードを盛り込んで結果を見てみると良いでしょう。

 

ホームページの見出しのまとめ

ホームページの見出しには画像ではなく、hタグを必ず使うこと

見出しタグには全てキーワードおよび地名を入れておくこと

文中には適度にキーワードが入っていれば良い

 

このようなことを注意して今のあなたのホームページ の見出しを改善してみると、検索に強くなると思いますので是非この記事を参考にしてみてください。

SEO対策を網羅した実践型の方法まとめ
SEO対策とは?【最新】初心者向けGoogleへの基本対策の方法

  最新のSEO対策の初心者向けの基本をまとめました。 正直、SEO対策って調べていても、どの記事も初心者には専門用語満載で分かりにくいですよね。 私も非常に苦労しましたので、このまとめでは ...

続きを見る

【affinger5】SEOに強いWordPressのおすすめテーマ
【AFFINGER5】SEOに強いWordPressのおすすめテーマ

  WordPressでサイトを作る意味は「SEOで検索上位に上げるため」の他には理由がありませんね。 しかし、テーマが無数にありすぎて、とりあえず最初から付いているTwenty ninet ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

稲川 勤

自身の整体院が月商250万をあげた集客、販促のノウハウを教える専門家。WEB集客・メルマガ販促などの知識を発信しています。

-ホームページのSEO対策

© 2020 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5