ホットペッパービューティーをやめたい|売上倍増させる方法教えます

2019年11月16日

ホットペッパービューティー集客をやめたいと思った時に読む記事

 

存知ですか?「ホットペッパービューティー  やめたい」というキーワードの月間検索ボリュームが1000件もあることを。

 

皆さんはホットペッパービューティーに高い掲載費を払って掲載していても売上が上がらないという状況になっているのですね。

しかし、「やめたい」という言葉を入れるということは、「やめれない」ということにもなります。

 

なぜやめれないのかと言えば、ホットペッパービューティー以外での集客方法が見つからないということなのでしょう。

ホットペッパービューティー以外での集客方法もお伝えすることが出来るのですが、一旦待ってください。

 

ホットペッパービューティーをやめたいと思ったらまず見直して再度チャレンジしてみてからでも遅くありません。

 

ホットペッパービューティーをクーポンサイトだと小馬鹿にしている人がいますが、正しいやり方で利用すれば大きな売上を手にすることができます。

現に私は1人だけの整体院をやったいた頃、96000円のコースを23名に成約して220万の売上を上げたことがあります。

その頃の新規の集客数は月に40名ほどでした。

96,000円のコースを月に23人成約して220万をあげたエステ・整体の非常識な成功法則

 

「新規が40名も取れないよ!」という人は抜けていることがあるんです。

 

この記事では、ホットペッパービューティーをやめたいサロンに向けて見直すべき点を書いています。

 

【ホットペッパービューティーをやめたい理由】売上が上がらない主な原因2つ

やめたい理由①どのお店もほぼ変わらない表現をしている

ホットペッパービューティーは文字数制限や使用できるワードも規約がありますので、どの店も表現が似てきます。

 

さらに広告文などをリクルートの担当の人に作ってもらっていたり、他店のクーポンを真似てみたりということで、ほとんどのお店が同じ表現、似たようなクーポンになっていることは否めません。

 

こうなると掲載費の高いお店から順番に上位掲載されているので広告費を多く払ったところが勝つ仕組みだと言えるでしょう。

 

やめたい理由②ネット予約はリクルートの戦略

あなたはご存知かどうかは分かりませんが、ホットペッパービューティーのネット予約はリクルートが推進してきた会員流動性を高くするシステムとなっています。

 

ネット予約をしたお客様へは、翌日にリクルートからお礼のメッセージが自動的に届き、そのメッセージには他店のクーポンが貼り付けてあります。

 

これが会員流動性を高めるシステムです。

 

つまり、あなたのお店にネット予約して来店されたお客様に他店のクーポンを紹介して他店に行かせるということです。

 

ホットペッパービューティーをやめたいと思っている人は多い、だがしかし、、

このようなことを踏まえていなければ、誰でもホットペッパービューティーをやめたいと思ってしまうわけですね。

しかし、これらの売上の上がらない原因を逆に潰していったとしたら、どうなると思いますか?

 

それをお伝えする前に、ホットペッパービューティーの他の媒体と比較して優位な点も挙げておかなければいけません。

 

他の広告媒体と比較して格段にアクセス数が大きい。それでもホットペッパービューティーをやめたいのか?

ホームページでもチラシでも良いのですが、自力でアクセスを増やしていくには、とんでもなくお金がかかるのをご存知ですか?

ホームページの例で考えていきましょう。

 

ホームページ

PPC広告では1クリックあたりの広告費が150円〜

1000クリックで150000円〜

 

これぐらいかかってしまいます。

 

対してホットペッパービューティーでは、

 

ホットペッパービューティー

5万円の掲載プランで1300ぐらい

 

つまり、他の媒体の約3分の1ほどの広告費でアクセスが取れているということを理解しなければいけません。

 

いくらホットペッパービューティーをやめたいと思っていても、他の媒体ならもっとお金がかかるのですから、やめるにはそれなりの覚悟が入りますよね。

 

ホットペッパービューティーをやめたいと思った時に見直すべき施策

①とにかくその他大勢にならない表現をテストしていく

ホットペッパービューティーでは、他店と違う表現をしていくことがポイントです。

目安として「特集の一覧」を眺めてみて、他店と同じ担っていないかをチェックするのが良いでしょう。

 

もし似たような表現になっているなら埋もれてしまい、お客様の予約動機は「価格の安さ」だけになります。

 

全ての掲載サロンが同じようなことを表現しているから集客できずホットペッパービューティーをやめたいと思っている人が多いだけなのですね。

この部分を改善すればうまくいきます。

 

②都度払いをなるべくやめる

美容院やネイル、マツエクなどの業態は難しいかもしれません。

しかし、整体やエステなどの業態は都度払いをやめることができますので、やめたほうが良いとお伝えしておきます。

 

③次回予約をネット予約させない

前述のようにネット予約した人へはリクルートからの強力DMがお客様へ届きます。

都度払いで、しかも次回もネット予約させようとしているならそれは甘いとしか言いようがありません。

 

次回予約をネット予約させないでLINEもしくは電話で予約してもらうべきでしょう。

そのためにも2回目以降の都度払い予約メニューを載せないことが良いかと思います。

 

ホットペッパービューティーをやめたい時に見直すべき点まとめ

あなたは、この記事を読んでどのように感じましたか?

そんな大げさなと思いましたか?

 

リクルートは長年かけてこの会員流動性の仕組みを作ってきたわけです。

初期の頃には、

 

ユーザーには、サロンの予約はホットペッパービューティー

サロン側には、集客ならホットペッパービューティー

 

という構図を宣伝して拡大していき、会員が増え掲載店も増えた頃には、

 

ユーザーには、ネット予約はホットペッパービューティー

掲載店には、集客にはサロンボード

 

とネット予約を拡大してきたのです。

目的は何かと言えば、

 

手軽なネット予約システムで会員の利便性の良さを売りに会員を増やし、

その会員を掲載店を転々とさせる流動性を持たせることで

中途半端に掲載店が新規集客だけできる広告媒体に仕上げた

 

ということかと思います。

 

新規だけは集客できるシステムなので、掲載店はどんどん増やせますし掲載店が増えればリクルートの売上は増えていくのです。

 

大切なポイントは、これを理解すれば打つ手はアリだということになります。

もしあなたが、ホットペッパービューティーをやめたいと思っていても次の記事を読めば、詳しい施策の数々を勉強できるかもしれません。

 

ホットペッパービューティー集客2021最新版
ホットペッパービューティーの集客法|2021年の売れるコツまとめ

  WEB集客大学の稲川です。 この記事は「ホットペッパービューティー 集客」など 複数のキーワードで検索順位が1位になっています。   ホットペッパービューティーってクーポン巡り ...

続きを見る

エステ・整体院の成功法則
96,000円のコースを月に23人成約して220万をあげたエステ・整体の非常識な成功法則

  こんにちは、稲川です。 エステ・整体院はコース販売に徹すればすぐに売上あげれます   最初の3年間は、どれだけがんばっても50万止まりの整体院でした。 でも、やり方を変えた途端 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

稲川 勤

自身の整体院が月商250万をあげた集客、販促のノウハウを教える専門家。WEB集客・メルマガ販促などの知識を発信しています。

-ホットペッパー売上アップ

© 2021 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5