フリーランスで稼ぐには|ダメ元で高くしといたほうが良いというお話

2019年12月11日

フリーランスで稼ぐにはどうすればいい?

 

リーランスになって稼ぐにはどうすればいいのか?を少し勉強してみて、そしてフリーランスとして始めてみた。

しかし、結果は安い仕事を回すばかりで稼げない現実を目の当たりにする。

 

このような人は多いと思います。

この記事では、フリーランスで稼ぐには「どうせならダメ元で高くしておいたほうが良い」という考え方のお話を書きます。

 

働きながら最短1年で起業できる
ハイブリッドキャリアとは?

次世代起業家アカデミー

時短起業を目指したい方の動画セミナー
今なら無料で勉強できます。

無料で勉強する

 

フリーランスで稼ぐには

いま世の中はデフレです。

つまり価格が下がっていく一方という状態なのです。

 

そんな中で、思い切り低価格で売上を上げている会社はたくさんあるのですが、その97%は大企業です。

しかし、日本において、大企業の割合は全体のわずか0.3%しかありません。

残りの99.7%は中小零細規模の会社ですので、価格を切り下げていくことをウリにして儲かっているのは0.3%に満たないと理解しなければいけません。

 

フリーランスで稼ぐには安くしないこと

もうお分かりかと思いますが、あなたはフリーランスとしてやっていく場合に、わずか0.3%の大企業のやり方をやれるわけがありません。

結論として、あなたがフリーランスで稼ぐには「高く」やる以外に選択肢はないのです。

 

安くやれば潰れることが決まっているのです。

 

フリーランスで稼ぐ強みとは

フリーランスには実は強みがあります。

それは、

 

フリーランスの強み

  • 価格は自分で決められる
  • いつでも変更可能
  • 商品もいつでも変更可能
  • なんなら業態業種すらいつでも変更可能

 

このように、いつでも何にでもフリーランスは稼げることにシフトすることができるのです。

 

ここで大切なのは、いつでも変更できるため、その「いつ」が自分の中で引き伸ばされてしまう可能性もあるということです。

 

フリーランスとして稼ぐための思考

そのため、稼げないことに固執してしまい、ついつい稼げることを見つけることを怠ってしまう傾向にあります。

 

あなたがやれることの選択肢を複数用意して、テストしていく、または複数を同時展開して収入源をいくつも持っておくなど、フリーランスで稼ぐには、あなたの考え方を柔軟にしていくことが必要です。

 

フリーランスの稼ぐ思考①最初から高くしておけばいい

フリーランスになりたての人は、そのサービスや商品はダメな可能性もあります。

もちろん冒頭で書いた大企業のやり方で安くやれば仕事は取れるかもしれませんが、稼げないでしょう。

では、考え方を変えれば気持ちが楽になるのです。

 

フリーランスの稼ぐ思考②注文が来た仕事だけ受ける

この考え方を持つと、数は取れませんので、あなたはヒマになります。

しかし、数は少ないが仕事が入った時だけ高額が入ってくるわけですから、その高額の収入経路を増やしていく考えにシフトしていくのです。

この場合の高額とは、今の価格の20%増しなどという小さなものではダメです。

今の価格の10倍ぐらいにしておいてはいかがですか?

仕事の受注があった時には、10個の仕事をこなしたのと同じことになりますね。

数を増やすのと逆のことをするのです。

 

フリーランスの稼ぐ思考③デフレなのにブランド物が飛ぶように売れる

この世の中、デフレなのにあいかわらず高額のブランド物を人は欲しがります。

高級な車にもみんな憧れています。

 

それはなぜだと思いますか?

 

そこには「安いものしか買いたくない」という心理の裏側にある「でも本当は高いものが欲しい」という欲求は誰でもあるからなのですね。

 

ではフリーランスとして、「なぜ人は高いものを欲しいという欲求があるのか?」について深く考えなければいけません。

人が高いものを欲しいう欲求は当然、世の中の常識に作られたものだと言えるでしょう。

 

フリーランスの稼ぐ思考④高いものは良いものだという認識をされている

人の心理の中に、「価格の高いものは良いものだ」という認識がされています。

それは、逆に言えば、「安いものは悪いものだ」ということになります。

 

あなたのサービス商品が安い価格であれば、当然「悪いものだ」と認識されていると思うべきなのです。

 

このような「悪いもの」と認識されているのに注文してくる人は、とにかく安ければいいし、できれば無料でやってもらいたいというお客様の層になっているのです。

 

あなたがフリーランスで稼ぐには、このような層のお客様を相手にしていて稼げると思いますか?

多くのフリーランスはこのことに気づいていません。

 

フリーランスで稼ぐにはのまとめ

フリーランスで稼ぐには、あなたの用意する「商品」「業種業態」などを複数用意して高額のメニューとしてリリースしておくことです。

「これで稼ぐ」と1つに決めてしまうと失敗する可能性は高くなります。

 

フリーランスには強みがありますので、その強みを活かすやり方が見つかれば、年収で1000万を超えることは割とハードルが低いポジションにいると思います。

フリーランスとして起業して年収1000万を稼ぐには次の記事も参考になるかもしれません。

フリーランスで稼ぐにはの関連記事

個人サロンのビジネスマインドセット
ビジネスにおけるマインドとは|まず年収1000万を目指すために

  はじめに、 あなたは「ずっと楽な環境に身を置いていたい」と思うことはありますか?   自分の苦手なことや感情的に摩擦の生じることを一切やらずに できることなら 「ずっと楽な環境 ...

続きを見る

将来、起業したい人のためのリスクゼロ起業のすすめ

総額100万円分の起業ノウハウを無料で勉強できた話

  この記事を読んでいるあなたは、おそらく副業でネットビジネスで稼ぎたいと考えていると思います。 現在ネットで検索してみると、大量の稼ぐノウハウが発信されていますし、コンサルや情報コンテンツ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

稲川 勤

自身の整体院が月商250万をあげた集客、販促のノウハウを教える専門家。WEB集客・メルマガ販促などの知識を発信しています。

-ビジネスマインド

© 2021 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5