seoの内部対策まとめ|最近のテーマが優秀すぎて自分で対策しなくていい

2021年10月18日

SEOの内部対策まとめ

 

SEOの内部対策ですべきことは、Googleのアルゴリズムのアップデートに合わせてどんどん変わってきています。

古い内部対策をしているサイトは変更を余儀なくされていることでしょう。

この記事では、現在のSEOの内部対策をまとめました。

時代は記事数ではなくコンテンツ重視になり、内部対策自体はテーマの進化によりほとんど必要なくなってきたのです。

 

SEOの内部対策で現在やるべきこと

先に結論から言いますと、SEOの内部対策でやるべきことはとても絞られてきています。

分かりやすい例を挙げますと、私は最近SEOプラグインである「All in One SEO」を外しました。

私がWEBページを見よう見まねで作り始めたのが10年前なのですが、その頃にはバズ部さんの出していた記事「All in One SEO Packの設定方法」を見て設定していました。

何も分からない私にとってはとても楽になるプラグインだったわけですが、それも昔の話。

WordPressのアップデートに伴い、「All in One SEO」もアップデートしているわけですがSEOとしてデメリットのほうが大きくなった印象です。

ワードプレスの始め方
ワードプレスの始め方|SEO初心者にわかりやすく手順を紹介

  WEBサイトを持つ場合、今後のSEOを考慮してワードプレスをオススメします。 すぐにアカウント登録して使用できるアメブロやFCブログなど様々なブログサービスがありますが、SEOの知識をつ ...

続きを見る

 

理由はWordPressテーマの進化

アップデートしてきたのはプラグインだけではありません。

当然、WordPressのテーマもどんどん進化を続け、現在ではSEOで定評のあるテーマでは、SEOの内部対策に関してほぼ網羅してしまっている状態です。

SEOの内部対策のためのプラグイン

SEOの内部対策が装備されたテーマ

両者が重複してしまっていることは言うまでもありません。

 

重複はとても大きな問題です。

私の使用しているテーマ「AFFINGER6」では「All in One SEO」に入っている機能の中で装備されていないものは、

  • サイトマップの作成
  • robots.txtの設定

だけしかなく、これ以外は網羅しています。

 

  • Googleツールとの連携
  • canonicalタグ
  • 301リダイレクト
  • ページごとのタイトルタグとメタディスクリプションの書き換え
  • モバイルフレンドリー
  • 表示速度最適化
  • 内部リンクの自動化

 

これらの内部対策は全てテーマが装備しているわけです。

 

こうなるとSEOのためのプラグインでわざわざ重い「All in One SEO」を入れる意味もなく、サイトマップ作成プラグインとrobots.txt設定のプラグインだけ入れておけば問題なくなります。

というより、不必要なプラグインは入れないほうが良いです。

URLの正規化
URLの正規化|301リダイレクトとcanonicalタグの設定

  SEOを勉強していくと、重複コンテンツの重要性に気づき、そして「URLの正規化」とか「常時SSL化」などにたどり着くと思います。 しかし、このレベルになってくると、きっとあなたは全く理解 ...

続きを見る

robots.txtの書き方
robots.txtの書き方|誰でも1クリックで記述できるやり方

  またまたSEOを勉強していくとrobots.txtという言葉が出てくると思いますが、robots.txtと言われても意味が分からない人が多いですよね。 SEOの内部対策で設定しておく1つ ...

続きを見る

 

SEOの内部対策はテーマに任せるほうがいい

このように、テーマが優秀になってきた現在、昔のように自分で勉強して内部対策を見よう見まねでやるよりも、テーマの機能に任せてしまったほうが安全です。

自分で調べていても何が重複してしまっているのかなど分かりにくく、時間もかかりますね。

実際に私も検索順位が下がったりした理由を時間をかけて調べていきましたが、結果、「All in One SEO」を外した途端に上がってきています。

 

SEOの内部対策の変更により検索順位の変化

 

何かが重複していたバグのような状態だったと言えるのですが、今でも何がダメだったのかは理解できていません。

結論として、テーマのSEO内部対策に任せるのが簡単な方法です。

 

現在のSEOに必要な最低限の内部対策

テーマの機能でカバーできない部分だけ内部対策をしていけばOKです。

 

常時SSL化

常時SSL化は必須ですが、これは簡単です。

 

常時SSL化の手順

サーバー側で独自SSL化設定をする(サーバー側のマニュアル参照)

ワードプレス側でSSL化設定をする
(Really Simple SSLというプラグインを入れて有効化するだけ)

サーバー側にリダイレクトをかける
(サーバーの「.htaccess」に転送の記述をするだけ)

 

詳しくはこの記事で書いています。↓

常時SSL化(https化)
常時SSL化(https化)がSEOに必要な理由と設定の手順

  WEBサイトのSEOについての内部対策で、あなたが最初にやっておくべきことの1つに常時SSL化(https化)というのがあります。 初心者の方は聞きなれない言葉が多いと思うのですが、この ...

続きを見る

 

サイトマップの作成と送信

どのテーマにもサイトマップの作成機能はありません。

最近はWordPress内で簡易のサイトマップが内蔵されましたが弱いのでちゃんとしたサイトマップを作成できるプラグインを使いましょう。

プラグインは、

「XML Sitemaps(旧Google XML Sitemaps)」

です。

 

「XML Sitemaps」の設定については、検索すればたくさん出てきますので詳細は割愛しますが、私の場合は次のような設定にしています。

XML Sitemapsの設定画面①

XML Sitemapsの設定画面②

XML Sitemapsの設定画面③

XML Sitemapsの設定画面④

XML Sitemapsの設定画面⑤

 

サイトマップの作成・送信については次の記事で書いています。

Googleアナリティクスとサーチコンソールの導入
サイトマップの送信|WordPressでのXMLサイトマップ作成

  SEOにおける内部対策では、クローラーの巡回頻度を増すための施策が不可欠となります。 そのためにはクローラーの理解しやすいサイトマップを作成して送信することによって、あなたのWEBサイト ...

続きを見る

 

クローラー対策

基本的な内部対策の構造はテーマでできているため、クローラー対策は次のことだけ考えればOKです。

 

クローラー対策

  • URL構造をシンプルにする
  • カテゴリーをシンプルにする
  • 内部リンクに漏れがないようにする
  • 2クリック階層にする
  • ナビゲーションメニューを作る
  • パンくずリストを設定する
  • 各コンテンツからTOPへ飛べるリンクを張る

 

これだけを意識してみてください。

意識するといっても、

カテゴリーをシンプルにする

2クリック階層にする

記事同士のリンクに漏れがないようにする

 

以外は、すべてテーマがやってくれます。

クローラー対策については次の記事で詳しく書いています。

SEOの内部施策
Googleのクローラー対策|クローラーの仕組みを理解するSEO

  SEOの内部の対策として、クローラーが巡回しやすいサイト設計にするGoogleのクローラー対策をしておくことが重要です。 XMLサイトマップを作成してサーチコンソールから送信したとしても ...

続きを見る

 

モバイルフレンドリー

正直、これはどのテーマでも装備しています。

今どきモバイルフレンドリーになっていないテーマはないかと思いますが、問題は表示スピードです。

SEOにおいてWEBページも表示スピードが重要となってきており、最大で2秒で表示されないとSEOに悪影響と言われています。

これは、3秒かかると離脱率が増えるというデータがあるからです。

モバイルフレンドリーにおける表示スピードの改善は次の2つです。

 

表示スピードの改善

レンタルサーバーの速度

プラグイン

 

レンタルサーバー

レンタルサーバーは速度の速いものが揃っていますが、私の場合、エックスサーバーを使用していますが問題ありません。

サーバーの処理速度から見て、

どちらでも構いません。

一番低いプランでOKです。

お使いのレンタルサーバーの速度対策を確認してみてください。

 

キャッシュ対策

次に、ページ読み込み速度に関係しているキャッシュが溜まる問題の対策をしておきましょう。

簡単にプラグインで解決できます。

プラグイン「WP Super Cache」をインストールしましょう。

 

画像の圧縮

画像を圧縮しておくとサイトの軽量化をすることができますので表示速度アップに繋がります。

これも簡単でプラグインで解決できます。

プラグイン「EWWW Image Optimizer」をインストールして有効化しておきましょう。

 

モバイルフレンドリーについては次の記事で詳しく書いています。

モバイルフレンドリーとは
モバイルフレンドリーのチェックからテスト|SEOに必要な対策とは

  スマートフォンの普及にともなって、Googleではモバイルフレンドリー(モバイル対応)を重要視しています。 現在ではすでにモバイル検索がPC検索の数を大幅に上回っている状態ですが、今後も ...

続きを見る

 

ここまでが構造としての内部対策ですが、最も大切なことはここからです。

 

SEOコンテンツの内部対策

現在のSEOは「コンテンツ重視」なことは間違いありません。

ここからはコンテンツ作成における基本的な内部対策を解説していきます。

 

コンテンツのタイトル

タイトルは検索順位に非常に大きく影響します。

狙うキーワードを含ませたタイトルにする必要があります。

ここで大切なことは、

 

複数の複合キーワードを狙うこと

 

になります。

 

この理由は、現在のGoogleのアルゴリズムでは過去のキーワードの完全一致を狙ったキーワードずらしはできなくなったからです。

例えば、

 

  • SEOの内部対策の方法
  • SEOの内部対策のやり方
  • SEOの内部対策の手順

 

これらはコンテンツとしては同じ内容になってくるかと思います。

この他にも被るキーワードがたくさん出てきてしまいます。

「やり方」と「手順」はこちらが違うと思っていてもGoogleはそのように認識してくれません。

 

現在のコンテンツ作りでは、できる限り1つのコンテンツで網羅性を持たせることが必要です。

複数の複合キーワードを含ませたタイトルに設定して、その内容に沿った網羅性の高いコンテンツ内容にしておくことで「重複コンテンツ」としての評価の低下が少なくなります。

 

タイトルについては、次の記事で詳しく書いています。

SEOに強いタイトルのつけ方
SEOに強いタイトルとは?文字数とキーワード重複、検索意図を解説

  ページのタイトルは、検索順位に非常に影響している要素ですが、WEBサイト内の各ページに固有のタイトルをつけていきます。 このタイトルを「自分の伝えたいこと」で表現してしまっているのをよく ...

続きを見る

 

メタディスクリプション

メタディスクリプションは現在のアルゴリズムでは、SEOに関係ないと言われています。

Googleのほうで検索クエリに沿ったコンテンツ内の引用がされる仕様に変わったからです。

しかし、Googleのアルゴリズムは発表されているわけではなく、あくまでも人の予想ですので、ここはしっかりと狙うキーワードを含ませたメタディスクリプションを設定しておきましょう。

ディスクリプションについては次の記事で詳しく書いています。

ディスクリプション(description)|SEO効果の高い設定とは

ディスクリプション(description)は、SEOにおいてはさほど重要ではありません。   しかし、ユーザーのユーザビリティを向上させたいと言う点においては有効です。 この記事では、ディ ...

続きを見る

 

見出しタグ(hタグ)

SEOの内部対策として、とても重要な内容になります。

見出しタグ(hタグ)にはキーワードを適度に含ませることが良いとされていますが、私の経験からすると、

 

  • h1タグ→キーワード含ませる
  • h2タグ→キーワード含ませる
  • h3タグ→キーワード含ませる
  • h4タグ以下→キーワード必要なし

 

このように、まだまだh3タグぐらいまではキーワードを含ませたほうが検索順位が上がっている感触です。

コンテンツの中身が日本語として難解な内容であれば特にh3タグぐらいまではキーワードを含ませたほうが良いと思います。

見出しタグ(hタグ)|h1・h2・h3のSEOに強くなる使用方法

  SEOの内部対策として、見出しタグ(hタグ)は非常に重要となります。 これは、コンテンツの中身を検索エンジンに伝え、ユーザーにも読みやすい内容に整理する意味もあります。 特にh1とh2タ ...

続きを見る

 

alt属性

alt属性は、今でもSEOに関係しています。

これは昔のようにaltに必要以上にキーワードを含ませた方法が有効なのではなく、コンテンツの流れとして自然に文章が繋がっていなければいけないという意味になります。

SEOの内部対策としてのalt属性の書き方は、

 

文章が繋がるようにキーワードを含ませる

 

これだけ意識すればOKです。

alt属性の設定
alt属性|SEOに効果的な書き方を解説(alt属性の例あり)

  この記事では、alt属性とSEOの関係性、そしてその確認方法まで解説していきます。 意外に古いWEBサイトでは設定されていないものが多く、SEO対策としてもったいないなという感想です。 ...

続きを見る

 

SEOにおけるカテゴリー設定

カテゴリーの分け方は、失敗してしまうとパーマリンクが変わるため注意が必要です。

望ましいカテゴリーの分類は、検索ボリュームの大きなキーワードの選択です。

 

  • 検索ボリュームの大きなキーワード→カテゴリー
  • 検索ボリュームの小さなキーワード→コンテンツ

 

このような形にしておくと後で間違いが起きません。

ここは賛否両論があるとは思いますが、

多くの場合、「カテゴリーで狙うキーワード」と「コンテンツで狙うキーワード」が被っていて重複コンテンツを認識されていることが多いです。

例を挙げますと、

 

  • カテゴリー→SEO 内部対策
  • コンテンツ→内部対策におけるコンテンツ作成

 

これだけで多分、重複になります。

タイトルも内容も被ることになるからです。

 

カテゴリーはindexかnoindexかの問題も含めて次の記事で詳しく書いています。

ブログのカテゴリー
ブログのカテゴリー|SEOに強い構造にするためのカテゴリー分け

  わたし自身もそうでしたが、最初にブログを立ち上げて記事を連発で書いていって、まずは100記事などと頑張っていくのですが、後でアクセスは上がらない状態が続いて初めて気づくことがあるのですね ...

続きを見る

 

内部リンク

内部リンクの考え方は、シンプルに次のように考えます。

 

内部リンクの構造

カテゴリー内のコンテンツを全てリンクする

それらのコンテンツ群のまとめ記事へリンクする

 

これだけ意識すれば問題ありません。

後の必要な内部リンクはテーマに装備された機能で勝手に最適なリンク構造にされているからです。

あくまでもコンテンツに必要な内部リンクだけを意識しましょう。

内部リンク|SEOに効果的な設置について
内部リンク|SEOに強くなる正しい貼り方と確認方法

  SEOの内部対策の中でも、なかなか正解の分かりにくいのが内部リンクの貼り方です。 なぜなら、初心者の頃はコンテンツを作成していく中で、どのコンテンツが上位に上がってくるのかが分からず、内 ...

続きを見る

 

キーワードの選定

現在のSEOにおけるキーワードの選定には、検索意図でまとめる必要があります。

キーワードがズレていても検索意図としては同じ内容であれば重複してしまいます。

過去に記事を連発して作成してきた記事数の多いブログの方は、その多くの割合で検索順位が下がってきているかと思います。

 

これが検索意図によるキーワードの重複になります。

この場合の対策としては、

 

検索意図ごとに記事の統合・削除

noindex設定

 

この2つが大きな効果を発揮します。

私の場合、300記事ほどありましたが、統合やリライト、削除、noindexなどの対策で、現在では130記事ほどに減らしています。

SEOキーワードの選定
勝つためのSEOキーワードの選定|上位表示するための効果的な手順

  GoogleのAIはどんどんと進化してきていて、昔のようなキーワードをズラすことが難しくなってきています。 キーワードの選定が、そのWEBサイトのアクセス数を決めると言っても過言ではあり ...

続きを見る

 

共起語

共起語については、現在はそんなに有効ではないと言われています。

しかし、検索意図に関連する可能性が高く、リサーチしてみると意外に同じ検索意図には使われる言葉が被るということが分かります。

共起語もしっかりリサーチした上でコンテンツ作成をおこなっていきましょう。

共起語とSEOの関連性
共起語がSEOと関係する理由とは?ライバルを一歩出し抜く方法

  共起語は、SEOに関係していると言われています。 SEOに必須かと言われれば、そうではないかもしれませんが、意識するだけで検索順位に良い影響を及ぼすことがありますので、意識する癖をつけて ...

続きを見る

 

重複コンテンツ対策(URL削除ツールの活用)

この場合の重複とは、コンテンツの重複のことではなく「意図せずできてしまっているURLやページ」のことです。

例えば、WordPressにおいて勝手に自動生成される画像ページなどが大量にできている場合のことですね。

Googleサーチコンソールに装備されているURL削除ツールで削除依頼をすることで、近い将来に検索上から削除されていきます。

URL削除ツールで重複ページを検索結果から消す
URL削除ツールで重複ページを検索結果から消す方法

  SEO内部対策において、重複ページによる検索エンジンからの評価の分散を避けることは大切です。 基本的には、 robots.txtの設定 URLの正規化 301リダイレクト 常時SSL こ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

稲川 勤

自身の整体院が月商250万をあげた集客、販促のノウハウを教える専門家。WEB集客・メルマガ販促などの知識を発信しています。

-seo内部対策

© 2021 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5