検索エンジンの仕組み|上位表示させるために知っておくべきこと

2020年3月23日

検索エンジンの仕組み

 

SEOを勉強し始めたあなたは、いろいろな情報を読んでみて、その専門用語の多さに嫌気がさしていることでしょう。

誰もが通る道とは言え、もっと分かりやすく書いてある記事はないかと探しているのかもしれません。

当ブログでは、上位表示させていくためのSEOについて、なるべく初心者でも分かりやすいように解説していますが、この記事では「検索エンジンの仕組み」を理解するための内容となっています。

WEB集客大学の WordPressテーマはACTION(AFFINGER6)を使っています

ACTION(AFFINGER6)
価格:14,800円(税込)

 SEOに強いWordPressテーマ
ACTION(AFFINGER6)

 

検索エンジンの仕組みを理解しよう

SEOについてのあなたの理解は、今のところ「記事を書いて検索で上でに上げる」という感じなのかもしれません。

しかし、この理解のままブログやホームページを立ち上げて、やみくもに記事を書いていき、いっこうに上位に上がってこない。

なぜだろう??

と悩んでいる人が多いのですね。

 

そんなあなたがまず最初に勉強しなければいけないことが「検索エンジンの仕組み」です。

 

そもそも検索エンジンとは何か

検索エンジンとは、Googleやyahoo!のようにユーザーがインターネットを利用する時にキーワードを入力して情報を探すためのものです。

 

ユーザーがキーワードを入力すると、そのキーワードに関連するWEBサイトが表示されますよね?

その検索順位を決めているのが検索エンジンです。

 

そして、現在では検索エンジンのほとんどをGoogleがシェアを占めています。

 

yahoo!もGoogleの検索エンジンを導入していますが、厳密に言いますとyahoo!独自のフィルタリングが行われていますので検索結果は若干ですが変わります。

 

検索エンジンは現在までどんどんと進化してきている

検索エンジンとは、 Googleのことだと理解して良いと思います。

この検索エンジンですが、現在までどんどんと進化を続けてきており、AIが細かな文脈や言語まで理解していますので、ズルは通用しないのです。

 

検索エンジンを理解することがSEOの理解になりますので、Googleの基本方針に従ってルールが決められています。

 

この基本方針に沿ってアルゴリズム(検索結果を決定するシグナル)は進化していますし、今後も進化は続いていますので、過去のSEO対策などは無意味となっていきます。

 

Googleのアルゴリズムが変わるたびに、その網の目を突いたSEO手法なるものが出てくると思いますが、そのようなズルはすぐに排除されてしまいますので、基本方針に従ってコツコツと良いコンテンツを作成していく以外にSEOは考えられないと理解しておきましょう。

 

Googleの目指す検索エンジンとは

安定的にあなたのWEBサイトの価値を高めて、蓄積させていくためには、Googleの基本方針を理解しておく必要があります。

基本的にGoogleが重要視している点は次の2点です。

 

検索ユーザーのユーザビリティ

Googleは、検索ユーザーが使いやすい検索エンジンを目指しています。

 

  • 検索ユーザーの検索意図に合った「答え」をすばやく提供すること
  • 検索ユーザーが使いやすいこと

 

この2点を満たしていることがユーザーのユーザビリティの向上だと考えてください。

 

検索ユーザーがキーワードを入力して情報を探した場合、

 

ユーザーのもっとも知りたいこと「検索意図」に対して、すばやく「答え」を提供するためには、

 

最もぴったりな情報が書いてあるWEBサイトから順番に上から出てくるように検索結果に表示されたほうがユーザーのためになるため、検索ランキングをそのようにするための改善をしてきているということになります。

 

そして、ユーザーがそのWEBサイトをクリックして見た時に、字が小さかったり、文章が分かりにくかったりするWEBサイトになっているなら、ユーザーは使いにくいのですので、ユーザビリティが悪いと判断しますよね。

 

そうなると、そのようなユーザビリティの悪いWEBサイトを検索結果では上に載せることはユーザビリティの向上に繋がらないと判断しているのです。

 

質の高いコンテンツ(WEBページ)

あなたは、SEOを1つのテクニックとして勉強しようとしているのかもしれません。

しかし、Googleはそのようなテクニックに走ったWEBサイトをどんどん低評価にして排除していきます。

 

現在では、Googleは検索ユーザーの「知りたい情報」を検索上位に表示されることを目指していますので、結論として「ユーザーの情報コンテンツ」の中から「最も質の高いもの」から順番に上から載せるようにしていきたいわけです。

 

つまり、あなたがやるべきことは「そのキーワード」に対しての「ユーザーの検索意図」を理解し、「検索意図にぴったりの情報」をコンテンツとして作成していくことしかないと理解しておきましょう。

 

検索エンジンの仕組み

あなたのWEBサイトが、インターネット上で表示され、検索順位が決まるまでの仕組みを知らなければSEOの対策は何一つできないと言っても過言ではありません。

ここでは、検索エンジンの仕組みを解説していきます。

 

基本的に、検索エンジンが検索順位を決定するまでのプロセスは次の3ステップとなります。

 

検索エンジンが検索順位を決定するまでのステップ

  1. クロール
  2. インデックス
  3. ランキング

 

クロール

検索エンジンは、クローラーというロボットをインターネット上で世界中のWEBサイトを巡回し、情報を収集しています。

ということは、あなたのWEBサイトの情報をクローラーに巡回してもらって収集してもらえなければ最初のスタートにもならないのですね。

 

正しくあなたのWEBサイトの情報をクローラーに伝えるためには、クローラーが見つけやいようにしてあげることが大切になってきます。

そして、これはWEBサイト単位ではなく、コンテンツ(WEBページ)単位で行うのです。

 

そのためにあなたが行うべきことは、「クローラビリティの向上」ですが、主に次の6つを意識しましょう。

 

クローラビリティの向上のためにやるべきこと

  1. 外部リンク(被リンク)を得る
  2. サイトマップを作成して検索エンジンに送る
  3. サーチコンソールの「URL検査」からコンテンツ情報を検索エンジンに送る
  4. WEBサイトの正しい階層(ディレクトリ構造)を作る
  5. 内部リンクをしっかり張っておく(クローラーが巡回しやすい)
  6. パンくずリスト(サイトの構成ナビゲーション)を正しく設定する

 

そして、クローラーの巡回してくれる頻度が増えれば増えるほど、あなたのWEBサイトの情報が正しく認識されますので、「クローラー巡回頻度」を上げていくためにも、次の3つを行うことが必要です。

 

  • コンテンツ(WEBページ)の追加・削除・修正
  • サイトマップの更新と送信
  • URL検査の随時更新

 

これらの頻度をましていくことが重要となるでしょう。

 

インデックス

検索エンジンのクローラーが巡回してくれて、あなたのWEBサイトの情報を収集したら、検索エンジン上にデータとして「登録」されます。

これを「インデックス」と呼びます。

 

インデックスに登録されて初めてインターネット上の検索結果に表示される状態になりますが、

 

例えば、あなたがWEBサイトを立ち上げて「コンテンツ(WEBページ)を作成しただけで放置しておくと、インデックスに登録されるのが非常に遅くなります。

 

インデックスに登録されたとしても、まだあなたのWEBサイトやコンテンツ(WEBページ)の情報を正しく認識されているかは分かりませんので、なるべく早く登録されたほうが良いと理解しておきましょう。

 

そのためにあなたがやるべきことは次の3つです。(クローラビリティの部分と被ります)

 

インデックスを早めるためにやること

  1. XMLサイトマップを作成する
  2. サーチコンソールからXMLサイトマップを送信する
  3. 各コンテンツ(WEBページ)をURL検査から送信する

 

このようにして、インデックスを早めていきます。

 

ランキング

クローラーに情報を収集してもらい、インデックスに登録された。

この状態で初めて検索結果に表示されるスタートラインに立てたということになります。

 

ここから検索順位(ランキング)が決定するのですが、ランキングを決めるシグナルは、おおよそ200個ぐらいの要素を採用しているとGoogleが発表しています。

 

そのシグナルの内容については、多くが公開されていませんが、少なくとも関係しているであろうことは分かってきています。

 

その重要性の高いランキングのためのシグナルは次の10個ですので紹介してきます。

 

ランキング決定シグナルの重要度の高いもの

  1. WEBページの表示速度
  2. モバイルフレンドリー
  3. メタタグ(タイトルタグ・メタディスクリプション・alt属性)
  4. WEBサイトの構成
  5. コンテンツ(WEBページ)の構成
  6. ドメインセキュリティー
  7. バックリンク(被リンク)
  8. カテゴリーのオーソリティー
  9. コンテンツのオーソリティー
  10. 検索クエリ(キーワード)の意図

 

インデックスに登録された世界中の情報の中から、ランキングを決定するシグナルによって検索結果の順位を決めています。

 

「検索エンジンの仕組み」まとめ

検索エンジンとは、多くのシェアを占めるGoogleのことだと理解しましょう。

 

そして、あなたの「WEBサイト」「コンテンツ」の検索順位が決定するまでの仕組みは、

 

  1. クロール
  2. インデックス
  3. ランキング

の順番で行われています。

 

まずはクローラーの巡回頻度を高めて、クローラビリティの向上を手動で行うこと。

早くインデックスに登録してもらい、正しい情報を収集してもらうこと。

 

そして、検索順位を上げてもらうには、

 

  • 検索ユーザーの検索意図に合った「答え」をすばやく提供すること
  • 検索ユーザーが使いやすいこと

 

これを満たした質の高いコンテンツを作成していくことが最重要となることは言うまでもありません。

SEO対策の関連記事

SEO対策を網羅した実践型の方法まとめ
最新のSEO対策のやり方|基本から初心者向けにわかりやすく解説

  最新のSEO対策のやり方を初心者向けにわかりやすく基本をまとめました。 正直、SEO対策って調べていても、どの記事も初心者には専門用語満載でかりにくいですよね。 私も非常に苦労しましたの ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

稲川 勤

自身の整体院が月商250万をあげた集客、販促のノウハウを教える専門家。WEB集客・メルマガ販促などの知識を発信しています。

-検索エンジン対策

© 2021 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5