【最新】SEO外部対策で2020年に効果実証済みの方法教えます

2020年8月28日

seoの外部対策|seoの重要指標である被リンクについて具体的な対策方法をお伝えします

 

在の検索エンジンはとても進化しており、過去のSEO対策の多くが通用しなくなってきています。

2020年現在のSEO対策としては、1に内部対策を重視して良質なコンテンツを作り上げ、2に外部対策という順序になりますが、実際にはキーワード検索数のボリュームの少ないものであれば内部対策だけで検索1ページ目に上がってきます。

その検索クエリにおいて、どこよりも網羅性の高いコンテンツを書くことでランキングは上がってくるわけです。

過去のキーワードずらしによる記事の量産といった方法は検索順位を下げる結果になりますので注意が必要です。

しかし、どこよりも網羅性の高いコンテンツが30サイトあった場合に、Googleはどのコンテンツを上位に持っていくのでしょうか?

その評価の重要指標となるのが「被リンク」ということになります。

この記事では、効果実証済みのSEO外部対策の最新の方法を紹介していきます。

このブログで使用しているワードプレスのテーマ

SEOの外部対策とは?

最近のネット上で公開されている情報を見ていると、コンテンツが良ければSEOに強くなり、被リンク対策は重要ではないといった内容が多くなってきました。

しかし、これは正解であり不正解です。

外部対策とは、簡単に言ってしまえば「被リンクを増やす対策」だと言えますが、なぜ外部対策が必要なのかは次のようになります。

 

外部対策の必要な理由

検索エンジンが判断できることは、

  • そのコンテンツと他のコンテンツとの内容の比較
  • そのコンテンツの網羅性
  • そのコンテンツがユーザーにどれだけ読まれているのか
  • そのコンテンツが検索クエリに合っているのか
  • そのコンテンツが検索エンジンのルールを満たしているのか

このようなことになります。

では、これらの判断材料が全て満たされたコンテンツが仮に30件揃っていたとしたら、ランキングを決められません。

その場合の重要指標として、

  • 他の人に引用されている数が多い
  • 引用元のサイトの評価
  • どのように引用されたのか

このような指標を用いているということになります。

これが「被リンク」という考え方です。

 

判断材料の満たされたサイトが10件しかないような検索クエリであれば、網羅性の高い良質コンテンツを書けば、それだけでランキングが決まりますが、ミドルキーワードやビッグキーワードのような良質コンテンツの数が多くなるキーワードであれば、この指標が重要視されることになります。

 

これらのことをまとめると、SEOの外部対策の最新の考え方は、

 

SEO外部対策のポイント

優良な外部サイトからの引用をされること

 

これに尽きます。

そして、これはあなたのサイトの信頼性を見ていると言えるでしょう。

 

外部対策と内部対策の違い

外部対策と内部対策は両方とも必須となります。

現在は、外部対策だけでサイトの検索順位を上げることは不可能なため、しっかりとした内部対策を施された時点で初めて土台に立ったということです。

 

では、土台に立つための内部対策を復習してみます。

これらの必須事項を全てやっておきましょう。

 

これらの内部対策が満たされたサイトは信頼性を検索エンジンに認識してもらえます。

内部対策をしっかりおこなえば、ロングテールキーワードのような検索ボリュームの少ないキーワードではすでに検索上位に上がってくるでしょう。

 

しかし、検索ボリューム1000以上のキーワードとなると、これらの内部対策をしっかり施されたサイトが多くなり、さらにそれらのサイトはコンテンツも良質なものを作っています。

 

あなたのサイトのアクセス数を増やしたいのであれば、ロングテールのキーワードだけではそこまで増えていきません。

ロングテールキーワードでコンテンツを増やしていく理由は、ミドルキーワード以上のキーワードでの検索順位を上げるためですよね?

 

であれば、さらにそれらの有料サイトより上位に上げるための重要指標も満たしていくことが必要になります。

外部対策と内部対策の違いは、

 

  1. しっかりと内部対策でサイトの信頼性を高める
  2. 外部対策で他からの信頼性を高める

 

このような意味があります。

 

SEO外部対策の重要指標

外部対策は、そのサイトが他のサイトからの信頼を得るための対策と言えますが、この指標を「被リンク」と言います。

被リンクという言葉は、SEO対策における専門用語ですので、考え方を間違えないように言い換えますと、

 

被リンクとは

優良な他サイトからの紹介・引用

 

ということになります。

もちろんポイントは「優良な他サイト」というところですね。

これがSEOの外部対策においての重要指標ということになります。

 

被リンクの数

被リンクの数は重要な指標ですが、従来のような質の低いサイトからの被リンクの数はカウントされないどころか低評価に繋がりますので注意です。

被リンクが1本あればサイトの評価が上がるかと言えば、上がりません。

Googleに認識される被リンクの数を増やしていく必要があります。

ここで認識されるのは、優良なサイトから紹介・引用されている被リンクの数に限定されるということです。

 

被リンクの質

Googleはリンク元のサイトの評価や紹介・引用される記事の質も見ています。

引用される際のアンカーテキストも当然見ています。

私のブログ「WEB集客大学」の、この記事「SEOの外部対策とは?」という記事が紹介・引用される時に、アンカーテキストが「WEB集客」となっているのは良くありません。

この場合、記事の内容である「SEO外部対策」など関連の深いアンカーテキストで紹介されたほうが効果が高くなります。

  • リンク元のサイトの質
  • リンク元の記事の質
  • リンク元のアンカーテキストとの関連性

これらの要素を全て含めて「被リンクの質」ということになります。

 

SEO外部対策の効果

では、SEOの外部対策をした場合の効果について検証していきます。

被リンクを付けていくとドメインパワーが上がっていくという指標がありますが、これはGoogleが出している指標とは違います。

その指標の言葉も各社によって違うので、どれが正しいとかはないですが、ドメインパワーなのかパワーランクなのか、ドメインオーソリティなのかというのは気にしなくて良いかと思います。

  • Moz
  • THEHOTH
  • UberSuggest
  • Small SEO Tools
  • ahrefs

これらのツールの使いやすいのを選んで調べてみれば指標としては比較できます。

私の場合は、そんなに細かく調べるつもりもないのでSEOラボさんの出しているパワーランクチェックツールでたまに見ているくらいです。

 

外部対策を施すまでのドメインパワーの大まかな指標の推移

では、私の場合のドメインパワーの推移を載せていきます。

ブログ開始2ヶ月目

記事数は20記事でした。

ドメインパワー2ヶ月目

ブログ開始4ヶ月目

記事数は75記事でした。

ドメインパワー4ヶ月目

ブログ開始6ヶ月目

記事数は145記事でした。

ドメインパワー6ヶ月目

ここから猛烈に毎日記事を書いていきましたが、記事を増やして更新するだけではこの数値はほとんど上がりませんでした。

途中でカテゴリーの構成や狙っているキーワードの検索ボリュームの少なさに気づいて記事の3分の1程度を削除または統合しました。

現在の記事数は216記事です。

 

外部対策を施してからのドメインパワーの指標の推移

9ヶ月目の時点で、小さい検索ボリュームの記事は1ページ目に上がってきていましたが、アクセスもそんなに増えずといった感じでしたので、ここで初めて被リンク対策をしていくことにしました。

おこなった被リンク対策は後で書きます。

ブログ開始10ヶ月目

被リンクを15本付けていく1ヶ月間の推移です。

ドメインパワー10ヶ月目の序盤

ドメインパワー10ヶ月目の中盤

ドメインパワー10ヶ月目の中後盤

ドメインパワー10ヶ月目の終盤

このように1ヶ月間でドメインパワーはグングン上がりました。

これはSEOラボさんの出している指標ですので、他のツールでも調べましたが全てのツールで同じような上昇が見られました。

 

外部対策を施す前から後のGoogleアナリティクスの推移

では、外部対策でドメインパワーを上げたことは実際の自然検索を伸ばす結果に繋がるのかを検証していきます。

総PV数はSNSでのシェアなどもあり分かりにくくなりますので、ここは自然検索流入だけの推移にします。

アナリティクス2019年8月自然検索 アナリティクス2019年9月自然検索 アナリティクス2019年10月自然検索 アナリティクス2019年11月自然検索 アナリティクス2019年12月自然検索 アナリティクス2020年1月自然検索 アナリティクス2020年2月自然検索 アナリティクス2020年3月自然検索 アナリティクス2020年4月自然検索

 

この月に被リンクを付け始めた

アナリティクス2020年5月自然検索 アナリティクス2020年6月自然検索 アナリティクス2020年7月自然検索

 

記事数をたくさん書いたのはブログ開始序盤から半年ほどでの大きなミスでしたが、その後カテゴリー構成やキーワードの検索意図の見直しなどをやっても自然検索数にはそこまでの大きな伸びはありませんでしたが、

被リンク対策を施した10ヶ月目以降には大幅な自然検索流入の伸びが見られました。

今後も被リンク対策と記事数を増やすことで大幅な上昇が見込まれるでしょう。

 

SEO外部対策の具体的な方法

以前のようなサテライトサイトからの自演リンクや被リンクの大量購入、中古ドメインの使用などで被リンクを付けていくような外部対策を施したサイトは軒並み検索順位が下がっていますが、私がブログを始めてから何度かGoogleのアルゴリズムのアップデートが行われていますが、私のブログ記事は全て検索順位が下がっていません。

むしろ上がったコンテンツの数が多くなりました。

 

私の狙うキーワードがビジネスモデル上、検索ボリュームのそこまで多くない「サロン集客系」のものになるのですが、

  • 「ホットペッパービューティー 集客」1位 このカテゴリーのワードはほとんど1位〜4位。
  • 「アメブロ 集客」2位 このカテゴリーのワードはほとんど1位〜4位。
  • 「ネットビジネス 始め方」4位「ネットビジネス 攻略」3位
  • 「メルマガ 集客」4位

など総じて検索順位がどんどん上がってきています。

 

では、最も良いと思われる外部対策を紹介します。

 

最も評価の上がりやすいSEO外部対策の方法

評価の上がりやすいとは、Googleに認識される良い被リンクは以下の2つです。

  • dofollowリンクであること
  • リンク元のサイトが信頼性のあること
  • リンク元の記事がキチンと書かれていること
  • リンク元のアンカーテキストが関連のあるものであること

この条件に満たした被リンクだけを増やしていくことかと思います。

 

私のおこなった外部対策は上記のものを満たしており、実際に「ドメインパワーの上昇」「自然検索流入の増加」の効果が実証されていますので紹介します。

影響度の低いものから順番に載せます。

 

はてなブックマーク

記事をアップする度に、はてなブックマークしていくだけです。

しかし、私がやってみて、これはあまりドメインパワーの上昇に効果がありませんでしたが、現在でもはてなブックマークで増えた被リンクが最も数が多いものになっています。

はてなブックマークは自分がブックマークすれば他の人もしてくれるので数が増えやすいと言えるでしょう。

実際にサーチコンソールを見てもGoogleはdofollowリンクだと認識していますので、やらないよりはやったほうが良いと言えます。

 

Pinterest

PinterestもdofollowリンクとしてGoogleに認識されることはサーチコンソールで確認済みです。

記事を全てPinterestでシェアすることもやっておいたほうが良いでしょう。

 

権威ある環境問題や教育系のサイトの会員になる

サイト名は言えないのですが、環境問題や教育系の信頼性の高いサイトの中には、会員になることで会員リストとしてそのサイトに掲載されるものがあります。

そのようなサイトに掲載されると強力な被リンクになります。

しかし、多くは年会費などの有料のサイトとなりますので自己判断で決めてください。

 

他のブロガーに紹介記事を書いてもらう

最もドメインパワーの上昇が現れたのがこの方法です。

他のブロガーさんに、あなたの記事を紹介依頼してください。

多くの場合断われれますが、中には書いてくれる人がいますので、なるべく多くの依頼をかける必要があります。

100人ほど依頼して15人書いてくれればかなり良いほうですが、私の場合12名書いてくれた時点でドメインパワーが20くらいまで上昇しました。

これが最も強力な被リンク対策かと思います。

 

なかなか他のブロガーさんに頼めないという人が多いですよね。

私がやっている以来の方法はこれです。→記事紹介の依頼はこちらから

よかったらあなたもWEB集客大学の記事紹介をやってください。

このように自分のブログで他人の記事紹介をすることによって収入を得ているブロガーさんは結構多いです。

 

メリットは、雑記ブログですと「記事数が増える」「ネタが増える」ということでしょう。

 

優良な被リンクが得られるサービス

Googleから高評価を得られる被リンクサービスを紹介します。

当然この人達は、常にサービスを提供しているわけではありませんので、ペラサイトを作成したらすぐに複数の人たちに紹介記事を載せてもらうことです。

ここに紹介する被リンクサービスは、

その人のブログ内であなたのサイトを紹介してリンクを付けてくれる

こういうサービスのみを選んでいます。

1件おおよそ1000円〜3000円くらいですが、人によって「紹介記事を書いてくれる人」と「紹介記事は自分で書いてくださいという人」がいます。

あなたがやることは、

自分のサイトの紹介記事を2000文字程度で書いてアンカーリンクとURLを相手に送ること

となります。

そうすると、先方があなたのサイトをブログ内で紹介してくれるというサービスになります。

アンカーリンクとは、リンク先の代替テキストのことですが、SEO対策において「キーワードを含ませること」が大切です。

よく見かけるアンカーリンクに「詳しくはこちらから」というようなテキストがありますがダメです。

アンカーリンクは「狙うキーワード」にしてください。

優良な被リンクが得られるサービス一覧

あなたのサービスをブログで自然に紹介します Twitter・YouTube・商品・サービスなどの宣伝に!

SEO対策!あなたのブログを私のブログで紹介します 『ブログのアクセス数をもっと増やしたい!』という人向け。

無料ブログから紹介・発リンクします 半永久的に格安で掲載いたします

ブログからサイト紹介しツイッターで宣伝します 優良で宣伝している独自ドメインのブログから 記事を紹介

月間1.4万PV超のブログ系メディアで宣伝します 旅行系、イベント、プレゼント等の商品やサービスを宣伝したい方

Webサイトの記事を書いてブログで紹介します 外部リンクとして検索エンジンに評価されます

被リンク1記事1リンク【SEO効果絶大】します あ!本当だ!!3000円って1ヵ月換算すると1日約97円だ!

個人ブログの記事内に商品やサイトを紹介します 僕の個人ブログであなたの宣伝してほしいことを自然に紹介します

あなたのサイト、動画etc.紹介し集客UPさせます 会社HPやブログサイト、動画をブログで紹介し集客UPに貢献!

DA16と23のブログから自然に被リンクします 本文サイドバーの2箇所から被リンク&Twitterでも共有

アクセスアップ!広めたい事をブログで紹介します ブログ、サービスのアクセスアップをしたい方必見!

DA51から自然で上質な被リンク&記事を提供します 【高品質×安心=最強】記事に入れ込む「永久」被リンク◎効果大

DA55のサイトから個別記事でリンクを送り続けます 運用歴4年以上の独自ドメインから「安心安全」なリンクを永久に

月間52万PV越え女性向けサイトに記事を掲載します 紹介したい商品・サービスをお持ちの方にオススメ!

DA50のサイトから自然な高品質被リンクを送ります 【専用の記事】でGoogleのコアアップデートにも対応

DA46のブログでリンク付き紹介記事を投稿します ジャンルを問わずSEO対策の被リンクや拡散にお使いください

無期限掲載!私のSNSサイトで被リンク&宣伝します 2020年もSEO対策の王道は自然でクリーンな被リンクです

被リンク付けます あなたのサイトのGoogle上位表示に貢献します。

これらの優良な被リンクサービスは全て依頼しても合計で2万円程度かと思います。

2万円で得られるドメインパワーは、先ほどのドメインチェッカーで計測しておよそ15ぐらいになるかと思います。

ニッチなキーワードを狙っている場合、ドメインパワーが15程度あれば検索であなたのサイトは上位に上がってくるでしょう。

(当然、他のSEO必須要素を満たしたサイトにしている場合)

狙うキーワードによって競合の強さなども変わってきますので、被リンクを付けていきながら検索順位を確認しつつ決めてください。

要するに被リンクを5つ付けた段階で検索順位が1位になってしまったサイトはそれ以上の被リンクを付ける必要はありません。

 

SEO外部対策で使用する被リンクのチェックツール

被リンクのチェックツールは1つだけで大丈夫です。

いくら被リンク対策したとはいえ、その被リンクがGoogleに認識されていないものであれば意味がないからです。

Google サーチコンソール

にログインして、「リンク」をクリックすると、外部リンクも内部リンクも確認できますので、随時これでチェックしてください。

Googleサーチコンソール外部リンクの画面

 

SEO外部対策でやってはいけないこと

ブログを続けていくと、私のようになかなかドメインパワーが上がらず、検索順位も上がらないなどのストレスがあると思いますが、そんな時に被リンクを大量に付けますというサービスをやっている会社や個人を見つけます。

その人達のサービスは、おおむね次のようなことか書いてあります。

  • 海外のパワーの強い有料サイトから
  • 100本の被リンク付けます
  • 権威ある教育系、政府系のサイトで安心

これらのサービスを購入して被リンクを付けてしまうと、あなたのサイトは終わります。

絶対に被リンクの購入はしないでください。

 

SEO外部対策のまとめ

SEO外部対策の条件は、「優良なサイトの質の高い記事での紹介・引用」に尽きます。

そして、私の経験では、外部対策は内部対策をキチンとしてからでないとやらないほうが良いです。

なぜなら、コンテンツの質や内部リンクが悪いと、あとで被リンクが無意味になってしまう可能性が高いからです。

ブログを書いていくと、間違いに気づき「コンテンツの削除、統合」「カテゴリーの変更によるURLの変更」という問題に必ず当たりますので先に被リンクを付けてしまうと後で困ることになります。

内部対策→外部対策の順番でおこなっていきましょう。

 

SEO対策の関連記事

SEO対策を網羅した実践型の方法まとめ
SEO対策とは?【最新】初心者向けGoogleへの基本対策の方法

  最新のSEO対策の初心者向けの基本をまとめました。 正直、SEO対策って調べていても、どの記事も初心者には専門用語満載で分かりにくいですよね。 私も非常に苦労しましたので、このまとめでは ...

続きを見る

このブログで使用しているワードプレスのテーマ


  • この記事を書いた人

稲川 勤

自身の整体院が月商250万をあげた集客、販促のノウハウを教える専門家。WEB集客・メルマガ販促などの知識を発信しています。

-seo外部対策

© 2020 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5