SEOは自分でやれる無料の広告のこと|他の広告との違いとは?

2020年3月9日

SEOは自分でやれる無料の広告

 

SEOをまだ勉強している段階の人や、これから実践していく人にとっては、SEOを覚えれば、まるで魔法のようにどんどんと自社のWEBサイトのアクセス数が増えていき、集客が止まらないというような過剰な期待を抱いている人も多いのですが、残念なことに「簡単」ではありません。

 

SEO対策をしてすぐに検索で上位に上がることもありませんし、集客が急に増えるなどといったこともありません。

SEOは各キーワードに対して、1ページ目(10サイト)に入るための熾烈な競争であることを理解し、その競争に勝つためにはズルをしない地道なコンテンツ作成をしていくことだと考えてください。

 

しかし、これができればとても良いことが将来起きることも事実です。

SEOは自分でできる無料の広告のことであり、この記事ではWEBサイトで使える他の広告との違いも解説していきます。

このブログで使用しているワードプレスのテーマ

SEOを自分でやることのメリット

過去のgoogleの検索エンジンのアルゴリズムでは、SEO専門の業者に依頼すれば、検索エンジン上で容易に上げていくことができる時代がありました。

そして、現在までアルゴリズムはどんどんと改定されてきた結果、「自分で」やる以外にSEOで効果を上げることは難しい時代になってきたのです。

 

しかし、この「自分でSEOをやること」が求められる時代になったということは、個人が大手に勝てる時代になってきたのだとも言えますね。

 

WEBサイトはどこまで言っても「広告」なのですが、広告の選択肢はSEOだけではありません。

他にもWEBサイトを広告として使う方法はあるのですが、自分でやるSEOはなんと言っても「無料」で広告として効果を上げられることが最大のメリットであることです。

 

あなたの業態やターゲットとなるユーザーの意図に合わせて手法の選択肢を決めれば良いのですが、やはり「無料」というのは大きなメリットですよね。

 

SEOを自分でやることの問題点

しかし、「無料」という最大のメリットのある「自分でやるSEO」ですが、問題点もあります。

それは次のものです。

 

自分でやるSEOの問題点

SEO対策についての勉強に時間がかかる

SEOの知識を得るための情報が氾濫していて見極めるのに時間がかかる

現在のSEO対策には時間がかかる

現在のSEO対策には労力がかかる

 

これらの問題点があります。

そして、とりわけ最大の問題点として、

 

継続できずに挫折する人が9割

 

という厳しい現実も起こっているのです。

 

自分でやるSEOと他の広告との違い

自分でやるSEOとは、数ある広告の選択肢の1つと書きましたが、他の広告手法との違いを紹介していきましょう。

 

リスティング広告

リスティング広告とは、クリックされるごとに課金される広告のことです。

検索クエリ(ユーザーが検索する際の語句=キーワード)に対して、有料で出す広告として即効性がありますね。

 

まず「自分でやるSEO」との違いは、お金さえ払えばその検索クエリにおいて今すぐにでも「検索1位」に表示させることができることが挙げられます。

この記事では詳しくは書きませんが、検索されるクエリには「ユーザーの意図」が表されており、簡単に言うと次の2つです。

 

検索クエリの意図

情報収集

購入や行動

 

そしてビジネスをするのであれば必ず理解しておきたいのは「ユーザーの4つの段階」です。

 

ユーザーの4つの段階

今すぐユーザー→1%

お悩みユーザー→9.5%

そのうちユーザー→9.5%

まだまだユーザー→80%

 

例えば、上記の検索クエリの中で「購入や行動」を表している場合、「今すぐユーザー」だと言えますので、商品の紹介をしたほうが良いのですが、逆にそのユーザーが「まだまだユーザー」であった場合、商品の紹介をしたら「ウザい」となってしまうのですね。

 

ビジネスが上達してくると、ここをうまくここを使い分けできるようになります。

 

情報収集をしているユーザーに対して「自分でやるSEO」で長期的なスパンでユーザーを集める。

購入や行動をしようとしているユーザーに対してはリスティング広告で即効性を持って販売する。

 

というようにもできます。

 

しかし、リスティング広告はあなたが思っているよりもずっと高額な資金が必要になってくることも現実です。

この高額な資金を持てないからこそ、自分でSEOを実践していくことが必要なのだと言えますね。

 

SNSでのシェア

WEBサイトのコンテンツを作成するたびに、SNSでシェアをすることは有効です。

しかし、ここも考え方を間違えるとうまくいきません。

 

SNSでは、検索クエリなどが無く、閲覧する人はあなたのコンテンツに興味がある人の割合は検索エンジンで検索された場合とは違い、非常に少ないのです。

 

ですので、広告と言えるかどうかは微妙なところだと言えますが、ある一定の条件においては効果を発揮するかもしれません。

それは、「メルマガのリストを取る」というものです。

 

こちらは毎日のSNSであなたのWEBサイトをシェアする、もしくはSNS広告を出すことで取ることが出来るでしょう。

しかし、これも検索エンジンの場合と違い、興味のない人に対して多数の広告が流れるわけですので、相当なボリュームの広告やシェアをしていかなければいけません。

 

メリットとしては、あなたのWEBサイトに「興味のある人」も「興味のない人」も両方のアクセスを集めることが出来る点です。

WEBサイトに大量のアクセスが流れてくれば流れてくるほど、あなたのサイトのドメインパワーが上がるとも言われていますので、その意味では効果的と言えるでしょう。

 

SEOを自分でおこない成果を出すための課題

お分かりいただいてきたかと思いますが、SEOを自分で行うことには当然メリットもデメリットもあるのですが、正しく行えた場合のメリットは計り知れないものがあります。

 

SEOを自分で行って成果を出していくための課題は次の2つしかありません。

 

SEOを自分で行い成果を出すための課題

  1. 勉強→インプット
  2. 実践→アウトプット
  3. さらに勉強→改善
  4. 繰り返し→継続

 

もちろん最も重要な課題は赤字の「継続」です。

そもそも、どの世界においても「人が普通にやれるぐらいの努力」では競争に勝てないのは明白です。

 

  • 人がとても網羅性の高いコンテンツを作っていたとしたら、あなたはそれを上回る網羅性のコンテンツを作る必要があります。
  • 人が100記事置いていたら、あなたは200記事おく必要があります。

 

つまりSEOとは、その検索クエリでのランキング(人気投票)ですので、SEOを自分でやることは人気を得るためにユーザーのために努力することに他なりません。

この努力が継続して行えない人は、やはり人気を得ることが出来ないのです。

 

SEOは自分でやれるのまとめ

SEOは自分でやれる無料の広告です。

では、「自分でやる」とは何か?

それはユーザーのために努力を継続し続けることだと言えるでしょう。

SEO対策の関連記事

SEO対策を網羅した実践型の方法まとめ
2021年最新のSEO対策とは?初心者向けGoogleへの基本対策の方法

  最新のSEO対策の初心者向けの基本をまとめました。 正直、SEO対策って調べていても、どの記事も初心者には専門用語満載で分かりにくいですよね。 私も非常に苦労しましたので、このまとめでは ...

続きを見る

このブログで使用しているワードプレスのテーマ 

  • この記事を書いた人

稲川 勤

自身の整体院が月商250万をあげた集客、販促のノウハウを教える専門家。WEB集客・メルマガ販促などの知識を発信しています。

-seo対策の初歩

© 2021 WEB集客大学 Powered by AFFINGER5